♩ フォーリン

土のなか ねむる音色 かぎつけた
しめった手のひらで抱き寄せる
スキマからもれていく水みたいなの
染み込んでなくなった

ほろほろ 落ち葉 ぼくの 言の葉
どれも同じくらい とおとい いのち

ああ どれだけを感じはじめてる
受け身なのか求めたいのか 微粒の振動 つつまれる
その手につかんだら やさしいおはなししよう

擬態になりがち 取ってつけてる
508歩あるいた先にあった 豊かなせかい 色いっぱい世界
君にはみせない 本当の胸のここらへん
し あ わ せ  そのホコロビだけ拾っとく

どうにもうまくいかないことばかり
イマドキ ありがと 感情左右されよう
おやすみ おやすみ
今からはじまってく

ほろほろ 落ち葉 ぼくの 言の葉
どれも同じくらい とおとい いのち

キスをしたら のめり込んで
ぐいっと一回転 まるごと飲み込む
吐き出せば生まれるし 生まれれば雨が降る
とことん奥の そのまた奥の おくまで