事故

 

今日はじめてバイパスで事故渋滞を経験した。

大型車の転倒。

普段15分くらいで行ける道を、1時間かけて向かうことになった。

結構大きな事故だったようで、後ろから何台も救急車と消防車がかけてきた。

トンネルの中で響き渡る救急車と消防車の音が、なんだか怖かった。

そんなことも忘れ仕事終わり同じ道を通っていくと、

「ウーーーーーーーーー」と消防車の音が聞こえる気がした。

耳をすましてみても、見当たらないし、あれ〜と思っていたら、同時に気づいた。

ただ身体が過去に経験したことを覚えていて、それを感覚として思い出していただけだった。

現実は事故もなければ、消防車も通っていない。

いわゆる幻聴だ。

身体ってすごいな〜

記憶ってすごいな〜

いい記憶ではないけれど、身体の賢さに感心した。