パターンを外す

家具デザイナーの方から、作業机のデザイン画が送られてきた。

テーブルの形は面白いくらいの曲線で、表面はどうやら平ではないらしい。

そこに私は絵を描くことになっている。

じゃあどうやって作業するんだよ〜って感じかもしれないけれど

一般に「当たり前」と思われている事柄のフレームをとりはずし、

「こういうものを創りたい」

「こんな形がカッコいい」

に焦点をあてていくと、本当にクリエイティブでユニークな作品に繋がる。

そこには笑顔が溢れる。

利便性は二の次。今のわたしにはそんな状態が続いています。

「パターンを外す」

なんだかんだで、たまに頭にふと浮かぶキーワードみたい。

誰かとの共同製作は、本当にたのしく愉快です。