感動のヨガ時間

 

今、岩盤ヨガのクラスを受け持っています。

今までホットヨガクラスなんて受けたことすらなく、基盤が無い状態で今年の7月からイントラをすることになった。

はじめは抵抗があったのが正直なところ。

だって!汗だらだらかくなんて、自然の摂理に逆らいまくりで、体がビックリしちゃうじゃん!!私たちは恒温動物だよ!!その性質保っていこうよ!!そんな違和感ありな人類の進化なんていらないわ!!!

なんて心の中では感じていたから、レッスンも代行としての形をとってた。

が、しかーーーし、そんな私も今では当時の思考はどこにいったのやら。

岩盤のおかげで体の調子が非常に良い!体温があがりhappy続き

岩盤さまさまなのです。





常温ヨガだからできること、反対に岩盤ヨガだから効果的なこと(その逆も然り)が色々とある。

きっとホットヨガを考案した人は、生理学や解剖学的にみて注意事項とかが色々とあるんだろうな。

今の岩盤クラスでは、リフレッシュヨガとハタヴィンヤサを担当している。

昨日のクラスでは、壁を使い、体を一部分ずつ丁寧に意識しながら柔軟性を高めたり、力の方向を確認したり。

ホールドする時間もあるから、少しきついな〜と感じる場面ももしかしたらあったかもしれない。

そうして体をまんべんなく使った分、呼吸をしっかり整えて、お休みする時間を設けている。

上記を体感した上で、実際のアーサナ実践。

わお!!!!!!!

ポーズが深まる深まる!

「肩が軽くなった!」

うんうん、わたしも感じたよ!!!(本人じゃないけど。笑)

みるみるうちに深まっていく生徒さんの詰まりのない気持ち良さそうなポーズ!

最後に肩周りのアジャストをしたときに、「やわらかーい」って口に出しちゃいそうになったくらい、体が柔軟になっていた。

その過程を見れるのが嬉しいし、

何よりも生徒さんの歓び(なのか驚きなのか)の笑顔!!たまらない!!





こうやって、生徒さんとコミュニケートしながら、その日や、また次のレッスンメニューを決めていく。

それがわたしのスタイル。

だから、「岩盤だからここは制限しなきゃ」「このポーズはきついから止めておこう」と予想思考優先型になるのではなく、

必要なのは、今目の前にいる生徒さんが、どう感じているか、何を求めているか、に忠実に寄り添い、それを講師としてサポートしてあげることだと思ってる。

そうすると本当に自身や生徒さんの視野や可能性が格段に広がって、互いにとって大きな歓びになる。

ヨガの時間に毎回学びを頂いています。

本当に感謝と感動のヨガ時間。

真実はいつも目の前にちゃんと表れています☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です