スピード

 

とことんどんくさいわたしは

1時間先のことでさえ計画を立てるのが大の苦手で

その計画性のなさにより

無駄にガソリンを大消費してしまったり

本当は必要の無い場面でお金を消費させてしまったりする

 

道に迷いに迷って結局目的の場所にたどり着けなく

トボトボ帰宅することもしばしば(常に車酔い)

これ小学生のすることみたい

 

これらは一般的にいうと「損をした状態」らしく

色んなことがすごくすごく遠回りです。

 

周りの反応から、私って損しているかな?と

そう自身の心に確かめてもみるけれど

自分自身ではあんまり感じない

損得で行動していないってこと

 

「そうするしかなかった」

この鈍った脳みそが下した決断が

一般では「超もったいないよ〜」といわれるのですが

わたしは

自分がしたこの決断や、状態を、

思いきり楽しみ、満喫ができ、たまに悔やんでいることでさえ、

愛しいな、 と感じる

 

情けないな〜なんて感じる時もあるけれど、

それでも事実を受け入れられてることに安堵の気持ちが芽生える。

もっと賢い生き方があるのだろうけれど、

苦しみが生まれてるわけじゃない。

 

そんな自分と付き合いながらやわらかい生活が今年から続いていて

そんな日々に関わりをもつ人たちに

余計愛しさを感じたりしてる。

至福の涙があふれることしばしば

なんてのんびり生きているんだろう〜

 

 

 

そんなことを今朝おもった。

欲望の塊

 

普通にヨーガの会社で雇われて働いて

その給与でオーガニックの野菜を買ったり

大好きな旅に出て行ったらいい

そして居心地よいアパートでも古民家でも借りて

好きな人と暮らしたらいい  はず

 

なのになのにわたしは

“なにか”

をしようとしていて

それで沢山ビジュアライズしてみたり

それと今との少しのギャップに

 

少し詰まっているような

そんな今

 

理想の状態があって

それを現実にしようと精神でしすぎて

こんがらがってる?

 

それでも

「それ」の状態に近づこうとしているのは

この世に生まれた宿命で

きっと自分の中で譲れない何かがあるわけで

 

こんなこと書くと

”手放したら開け放たれるよ”

”うまく物事が運ぶよ”

なんて言われてしまいそうやけど

 

でも、大事に歩んでいきたい、信じていきたい

信念があるから

それとうまく向き合って前進できるように

自分の本音を大切にしていきたいです

その上で社会にいても

るんるん〜とスキップしたり、ゆっくり気持ちよく歩いてもOK

そんな状態が望ましい

 

ふと気がついたけど

wantばかりのわたし

一番の欲望の塊は

まぎれもなく自分自身だった

 

もう少しだけ

風通しよく。

わたしの風穴をひろげておこう。

 

日々変容する

環境や人に

愛を込めて。