右や左について

 

身体の右半身に起こる現象と、左半身に起こる現象

今までいろーんな違いがあった

 

最近気づいたことは

右から流れる涙は至福の涙。

左から流れる涙は痛みや辛さの涙。

 

瞑想中にこの上ない幸福感であふれるとき

ツターと涙が右目から流れて頬を伝う。

電車やバス等の乗り物酔いで苦しんでいる最中は

左目から涙がこぼれ落ちる。

 

不思議。

 

 

なにか意味があるのだろうか。

生物学的な観点からの見解があるなら面白いな〜

しかも自分が感じていることも対局な状態だからなおさら

 

涙が頬を伝っていく感覚って

ほんとうに繊細で細くてやさしい。

 

内に入ったり外に出したり。

 

いろんなところで私たちの身体はバランスを取っている。

 

グラグラでフラフラでもいいけれど

ちょうどの真ん中。

中庸がとれたときって

一瞬で目の前にひろーーーーい湖が広がっていくような

思考や感覚が消えて

自分の重力もきえて

すべてが平等になっていて調和なんだと思う

 

 

 

右左

上下

前後

 

真ん中にもどろうとする行為は

意識しなくても自然にしているみたい

人間とゆうものにあっぱれ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です