今年最後の夢叶う

 

3年くらい前からひっそりと夜な夜な絵を描いていた。

当時大好きだった人に見てもらいたくて

ただただひたすらに描いていた絵。

見てもらいたいとゆうよりは

「上手だね。すごいね。」

って褒められたかったんだと思う。

作品はもちろん、

わたしのこと、見てもらいたかったんだと思う!

 

どこに習いにいったわけでもなく

誰かに教わった訳でもない

一人で地道に練習を続けてたわけでもないし

 

 

でも、真っ白の紙に線をひいたり、模様を描いたりしていって

少しぼかしてみたり、筆圧濃く描いてみたり

それがなんとなーく「絵」になってるのが嬉しくて

のめり込んでひとつの絵を描いてた

 

早く彼に見てもらいたいもんだから、

はじめは
「新月に描き始めて満月に描き終える」

とゆう目標をかかげてがんばって手を動かしてた(もちろん途中で終了。笑)

 

 

あ〜・・・

ながーーーーい間、わたしいっぱいのコンプレックス(とゆうか弱気な心?!)を抱えていたね。

コンプレックスとゆうより言い訳だね。

本当はしたいのに、今できていない現実に対しての言い訳。

 

上で書いた

どこに習いにいったわけでもなく

誰かに教わった訳でもない

一人で地道に練習を続けてたわけでもない

 

「絵を上手に描いてみたい」は私の純粋な願望だったのに

そのピュアな輝きに満ちた想いを打ち消す心の真実逃避の3点セット。

 

 

何がキッカケかは忘れてしまったけれど

自分の本当の気持ちに気づくだけじゃなくって、

それを見つめて認めてあげること

そして

「できるよ。やってみなよ。」って

まるで親友のように、自分自身に声をかけてあげること。

わたしはそれができるようになった。

そうしたら、

周りにいる人が、わたしの描いたものに着目してくれて

気に入ってくれたり、どこが好きか伝えてくれたり、(携帯のトップ画像にしてくれてたときはひそかに歓びいっぱいでした。。)

わたしはわたしが生み出したものに自信が持てるようになりました。

自分を信じる。
自分を信じてみる。
自分を信じきる。
自分を信じちゃう。

本当に大切なことかもしれない。

 

 

自分の中だけで完結していた「絵を描く」とゆう行為は

いつのまにか

「興味をもってくれるより多くの人に届けてみたい」

とゆう新しい希望を生み出しました。

 

希望は光です。

光のようにただアカるくやさしいです。

 

 

今回ネットショップを開設してみて

そこからの購入通知が最高に嬉しい!

そして発送作業。

これをしている時も本当に幸せ。

極上のしあわせを今、今、今!噛み締めています。

まだ数人の方からの購入ですが

購入通知が来る度にひとりでキャピキャピしちゃう。

 

本当にありがとう。

 

 

シェアとかも嬉しいけれど

購入してほしい

な。

ってゆうのが本音の音!


https://oshidayuki.thebase.in/

 

わたしのコドモのような存在の作品たちを

どうぞよろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です