YOGA

 

やっぱりヨガができる環境にいること

幸せすぎる

 

 

信じたものを

ただ続けていくこと

簡単なようで

そうじゃないときもある

 

 

 

自分で選択した環境で

場や関係、心や身体を整えていく

 

 

 

それは身体も一緒

授かったこの肉体で

周りに左右されながら影響を受けながらも

「これ」と思った方向に

進んでいく

 

 

その道がきっとヨーガ。

その探究心がヨーガ

その心がヨーガ

ポーズの過程もヨーガ

迷って抜け出そうとしている状態もヨーガ

 

 

感情とゆうオリジナルサインを持ち得ながら

この世界を味わう

楽しく彩って呼吸を続けていきたい

 

苦手なことを捨てた

 

 

去年末に愛車を手放した。

今の交通手段は徒歩か主に自転車に乗って移動する。

ギアがないので坂道は少し踏ん張りが必要だけど、

冬なのでとばすと顔面が凍るように冷たいけれど、

わたしはこの手段が一番合ってる。

 

 

車を手放した理由は

●車の維持費を賄えないため

●駐車代など考慮すると車を持つ必要性が低い

って答えることが多かったけれど

 

もっと自分の本心を探ると違う理由があがった。

 

 

わたしは極度の方向音痴だ。

曲がり角や看板をしっかりと頭に記憶したつもりでも、

帰り道を間違えてしまう。

信じられないかもしれないが

20分でいける道のりを2時間かかって到着したということもあった。

だいたいこの辺だろう・・・

となんとなーくの感覚で進んでしまえばもうオシマイ。

予想は大ハズレして途方に暮れる。

 

さらに極度の乗り物酔い。(自転車以外の全ての乗り物に酔う)

これは生まれた頃から今に至るまで一度も解消したことがない問題。

色んなことを試してきたがいっこうに治らない。

だから「酔わない」という通常感覚がまず分からない。

車にのれば一分で酔いモードになる。

「気持ちの問題だよ〜」と言われた事、何度もある。

ありとあらゆる車酔い解消方法を試してきたけれど、

治る事はまるでなかった。

だから、道に長時間迷うことで酔っている時間も増し

ものすんごーーーーく車内で気持ちが悪くなり

グラグラで頭痛になったり気持ち悪くなったりいろんな症状がでる。

高校大学は往復4時間の道のりを計7年間通学していた。

毎回気持ち悪くなり途中でおりたり、号泣は当たり前。

今思えば、軽いパニック障害だったようにも感じる。

 

道に迷いまくっている自分は

涙とため息がでるほどに

情けなく感じる。

これ、どんなに気をつけてみても駄目なの。

ナビがあったら、、、とかの問題ではないんです。

だってナビがあっても迷うんです。

思考回路のネジがピョンっとひとつはずれているみたい。

 

 

そーんな苦手なのに、

気持ち悪くなる事が「当たり前」と最近まで過ごしてた。

だけど去年末に手放した愛車。

便利ということで当たり前のように使用していた愛車。

手放す事でそのストレスからいっきに解放された。

今は、スーーーっと気持ちがいい。

 

 

 

苦手な事を辞めた。

すると知らなかった世界を体感できるし、そこで心が豊かになった。

これは今回書いた車の手放しに限らずです。

 

イヤやな〜と感じる作業は辞めたらいい。

苦手やなぁ〜という相手とは付き合わなければいい。

無理をしていない??

気分が悪くない?

自分に聞いてあげたらいい。

 

 

全部選択しているのは自分。

他人に理由なんてない。

その気持ちになる状況を選択しているのも自分。

こんなシンプルなことなのに、人間は

いろんな理由をつけて「不安定」を「安定」のように装っている。

自ら苦しい状況にしている。

 

毎日のルーティンになっているから

感覚が麻痺しているのだ。

 

 

常に心地よい環境

これを実践できたらいいね。

 

 

少しどころじゃない恐怖がともなうこともあるだろう

でもそれを抜けた先には、

本当の意味でふかーーーーく、ながーい呼吸(ヨガと一緒だね)で

深い至福で満たされるのだと思う。

 

 

まずは私自身が何十年も気づかなかった。

苦しくて辛くて号泣することが当たり前になっていた車酔いというストレス。

なーんて自分の苦しめていたんだろう。

 

 

逃げるのは悪い事じゃないよ

 

 

そんな辛さでさえ今は

人体実験やな〜楽しいな〜なんて思えるようになったけど。

 

ひろーい海のように壮大な静けさと穏やかさは

本当に気持ちがいいよ。

これだけで最高のプレゼントを受け取れたね。

 

 

長く気づきずらかったことへの自身の記録として
ブログに残してみました。

全国のお母さん

 

MOTHER EARTH

 

地球は偉大なる母だ。

 

その上で

人間界にもわたしのお母さんがいっぱいにいる。

主な地域は兵庫県揖保郡、姫路、岡山にも・・・

生みの親は地元神奈川だけれど

本当にありがたい。

 

全国にいるお母さんは

わたしのことを想い野菜を分け分けしてくれたり、

各地ヨーガやパフォーマンスで行き渡れば、

寝床を提供してくれる。

しかもあったかいご飯つき。

先月チャクラワークで揖保郡に行ったときなんて

近所の方にわたしの食生活情報をきいて

すんごい考えてとても豪華な晩ご飯を作ってくれた。

(すごく考えてくれたのはわたしがビーガンだと思っていたから。本当はビーガンではなく肉が食べられないだけ。)

翌朝には村の別の近所の方からお誘いいただき

自分のお茶室へと招いていただいた。

急すぎるわたしの「今から少し会えますか?」に

家の仕事があったのにも関わらず

わざわざお着物に着替えてくださり

お茶室に招いてくれた。

最後にわたしがお庭のつばきに感動していたら

お花も分け分けしてくれて・・・

 

そのつばきはとっても可愛らしくて

荷物いっぱいやったけれど

全然手間なんかじゃなく、

帰路、わたしの隣りでやさしく咲いてた。

 

 

「お母さん」ってゆうだけで、もう母性が備わっているのだろうな。

だからこんなトンチンカンな娘をみてたら

危なっかしくって、大丈夫なの?!みたいな点がありすぎて

母性が働かざるをえなくなってしまうのかも・・・

なんて自分予測。

 

 

みんな年上の方だけれど

みーんなそれぞれにそれぞれの歴史を歩んできて

生そして今を生きてる。

 

本人にとっても少しの親切は、

わたしにとって胸がいっぱいになる感動で

この世で笑顔交わせる瞬間があることを

とーっても幸せに思うのです

 

 

なんて恵まれているのでしょう。

わたしはきっと得な人間です。

 

 

お母さんのようなあったかさをくれる全国のわたしのお母さん!!!(勝手にそう呼ぶ!!!)

本当にわたしはあなたたちの愛により生存していけてる次第です。

どうもありがとうございます。

 

 

敬意と感謝をこめて。

 

 

岡山の人

 

●好きな事に明確で貪欲
●意見をしっかり相手に伝えられる
●親切心が備わっている
●人助け精神(心の面で)がある
●やわらかい雰囲気を纏っている
●きつくない人当たり、言葉、でも芯がある
上記を話す機会になると
「え〜〜そうでもないよ〜〜〜」
 が返ってくる率100%やけど
もちろんいっろーんな人がいるし
それぞれが様々な環境で育ってきてる
のは重々承知。
これらは自分が関わってきた人たちでの印象にすぎない。
わたしは幸運かも
そんな人ばかりに出会っている。
岡山県人バンザイ!

言葉のリアル

 

体験したモノコトがすべて

体験したから共感することができて

体験したから伝える事項がリアルになる

 

 

知識だけの伝達の言葉はやはり重みやリアリティにかける

体験をした身体で起きた事を言葉にすると

少しつまずいた口調だとしても

とてもリアルで

相手も同じような状況を経験しているとなおさら

深く共感し合える。

理解へと繋がる。

 

 

言葉にすることは

自分自身への確信にもなるし、

意識を明確にさせる手段。

いろいろな気づきをくれる。

 

人に伝えるでも、文章をかくでも、どちらでもいい。と思う。

アウトプットはとてもたのしい。

 

 

 

気づきは風のようにフワッとその場を去ってしまうけれど

その気づきこそ、とても素敵な感覚で

「今」の自分を象徴するものだと感じる。

そうゆう瞬間が日々の中で多々あって

なんだか「感じる」ことと「それを変換する」ことが同時にできると

すごーくポジティブな記録をしているようで

とても楽しい。

 

もっと言葉で表現できるようになりたい。

 

 

感じるだけのかけがえのないもの

 

こんな寒い冬の日々でも

こもれびに助けられ

こもれびに顔と心を温められ

こもれびに感動し

 

ああ。。。幸せ。生きててよかった。。。
この幸せ逃したくない。離れないで。今よ続け!!永遠に。。。。!!!!

 

とヨガマットの上でゴロンとしながら感じる

 

 

感動して涙さえ流れる(どれだけ幸せ感度が低いんだっっ!!)

 

 

もし生まれ変わるとしたら

人体研究家か太陽研究家になりたい・・・

 

 

最近光が愛おしい

なぜかクリスマスから新たに始めたチャクラワークでも

木のイメージを持ちながらする瞑想があり、

その際、わたしから生える枝の周りには

葉っぱではなくたくさんの光が灯っていた。

「光」は今年のキーワードなのかもしれない。

 

 

まつげにかかる日の光があたたかくて

わたしの視界を幻想的に潤わせてくれる・・・

全身をまんべんなく幸せで満たしてくれる瞬間

 

 

こもれびの密かな幸せを味わえる人と一緒になりたい・・・・

 

 

「全部する」の覚悟

 

2018年は、

今までのヨーガティーチャーをはじめ

 

ダンサーになり、

司会者になり、

絵描きになり、

シンガーにもなり、

モデルにもなれました。

 

 

普通だったら懸念しそうな

「やりたいって思うこと、ぜんぶする」

ってゆうわたしの欲望に覚悟をしたら、

ぜんぶが叶った年でした。

 

同時に当初は「やりたいって思うこと、ぜんぶする」

はわたしのコンプレックスでもありました。

 

いろんなことに興味がある

は、

ひとつのことに特化していない

 

散乱していて、どれも中途半端

と勝手に自分の状態に×を付けていた。

 

 

当時にわたしには、「これ」とひとつに絞れて仕事をしていない状況に、

どこかコンプレックスをもっていたように思います。

ちなみに「覚悟」というのをもう少し噛み砕くと

「やりたい」という本当の気持ちに気づき、

まずはその気持ちを

「うんうん。そうか、そんな気持ちがあったんだね。いいじゃんいいじゃん。」

と自分で自分の話を聞いて上げるところからでした。

 

 

「モデルになりたい」

だなんて、その前に自分のカラダのマイナスポイントを次々あげて

「今できていない」理由にしてしまう方多数やと思います

でも、わたしはしたかったんです。

だからその気持ちを明らかにして、素直に向き合いました。

 

 

そうしたら

ファッションショーのモデルのお誘いがきたり

アートモデルとしての仕事も舞い込んできました

その2つとも、すんごーーーーーーーーーーーーーーーーーい楽しかった!!!

最高だった!!!!!!

 

 

覚悟。

そんな難しいことじゃないと思います。

心地よい場所で深呼吸して

穏やかな気持ちで「自分」と向き合うんです。

それにNOを出さないこと

ただ

「おお〜」

これを続けていくと

じぶんの本当の気持ちを探つてく作業もどんどん面白くなってくる

 

え〜こんな想いがあったの〜?!

え〜実はこれが好きだったの〜?!

え〜自分で自分の心せまくしてるやーん!!

・・・・・・

いやぁ〜〜〜しあわせしあわせ〜〜〜💝

 

 

っていろんなことが。

すると、それらの感情は最終的には感謝とゆうものに変わるんだけれど

見つめるっておもしろい

寄り添うってすごい安心感

 

2019年の状況の加速を感じています。

意思を明確に、大切に過ごそう。

 

 

 

 

 

愛する行為

自分のカラダを(もっと)愛したかったのかもしれません。
それはこの肉体のすみずみを全うすること、
まんべんなく意識をすること。
ただでさえ心臓や脳みそ腎臓肝臓胃脾臓胃腸とかとかが
この肉体に詰め込まれていて
なんて宝物がつまってるんだ〜〜!!!
とひしひしと感動する瞬間が何度もあります。
まるで自分のカラダは宝箱みたいだ!
かわいいな。大切やな。
って本当に感じる。
どの状態でも心臓が動いてて血流が全身に流れていること自体がドラマチックだけど
やっぱり自身の可能性(どんな身体でいられるのか)は知っておきたいな〜って感じています。
そしてそれには意識を研ぎすます「時間」が必要だし
じっくりと「感じる」ことをしていく必要もある。
未知な状態にふみいれる勇気も必要だし
何にしろ「感じる」センサーは純度高いものにしていきたい
年末12/31ですが
わたしの精神は納まることを知らず
「納め」なんて巷であふれる言葉も似合わないくらい
ひらびやかに踊り倒しました。
一般社会では「〜納め』になる日から
わたしは完全に「はじまり」を感じました
人間じゃなくなってみたい!
昨日感じたことだよ。
未知の世界の冒険は
ワクワクの方向に光とともに
進んでいくのです
今ここにいるのは
やーっぱり意味があったんだなー
境目なく年が明けましたが
今年もよろしくお願いします。