無我宇宙的記録∞2

 

あきこさんが私との会話の中で

私の興味ありそうな本を借りてきてくれた。

魂、身体、スピリット、肉体、0、仏陀、自然界、マインドフルネス・・・

そんな言葉たちがキーワードだったと思う。

それらの本の一部を自由に朗読しながら

身体を動かす作業からはじまった。

 

 

普段私たちはどれくらい身体の内部や外部に意識して過ごしているだろうか。

私はヨガティーチャーをすることもあるのと

身体が大好きってゆうのもあり

とても密に身体と会話してる。

「あれ?どうしたの?元気ないね」

「おお〜〜〜いいね〜流れてるね〜」

とか瞑想後とか本気で自分の内臓とかと掛けあったりもする。

 

今回のクリエイションでは身体の各部位へひとつずつ意識を運びながら

それらを動きにしていく。

肩、脳みそ、腕、胸、腰、おしり、首、手首、爪、足指、心臓、脾臓、子宮、膝などなど

身体の部位なんて限りなく未知な数だけど

自分の身体の中とはいえ

それぞれに質感やリズム、役割や色など違いがある。

それらをより敏感に感じ取り身体を自然に動かす。

空間の中で密に自分の身体の細胞の様子をのぞきながら意識を集中させてじっくりと神経を運ぶ。

その微細な感覚を感じながら

それらが動きとなって表現される。

ダイナミックに表れるときもあれば、超細やかな動きになるときもあるし色々。

全身で空気今ある身体を感じてる時間は快楽そのもの。

終わってから気づくけど、

本当に濃密ないい時間やったな〜と感じます。

 

あっ今日は歌にならない歌もうたいながら(雄叫びや虫の鳴き声みたいなの)動いた。

でも声に支配されすぎると動きが鈍くなることに気づいたから

神経をひとつじゃなく、全体に行き渡らせられるような自分になっていきたいって感じた。

 

 

 

次回はどんな感覚に出会えるだろう。

“無我宇宙的記録∞2” への4件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です