認識

 

出逢いと別れの中で

物体がないことでのもの悲しさを感じる事もある

けれど

”存在してる”

という事実が

悲しみの後に大きな喜びに変わるのを知ってる

 

 

それらは

”わたし”という大いなる尊い存在を認識していくうちに

ひしひしと実感できる

 

 

目まぐるしく出逢いがあって

目まぐるしく別れとゆうものもある

見えるようで見えない空気の中に

かけがえのないものが微動してる

 

 

 

この週末はそれらをいっぱいキャッチした

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です