自覚の意味

 

自覚

自信

自由

 

 

今年初めにふと降りてきた言葉たち。

 

 

お母さんの産道を通って

私たちがこの世に誕生した瞬間に

「わたし」と世界が隔たりを認識してしまった

 

 

たったひとつだった「わたし」は

他人やその他の物質的な物と区別が生まれ

この社会で当たり前に行われてる分別や区別により

優劣などの比較が生まれ

苦しみや困難というものが始まった

 

 

すると

必要以上に無理をしたり

権利を競う争いがはじまったり

様々な場面で無茶をするようになり

自滅という七転八倒の心身。

他人にさえも嫉妬妬み劣等感争奪欲を覚える事も然り。

 

 

そんなこと

誰がのぞんだ世界だろう?

本当に

今の状態を生きたいの?

 

 

そんなとき

本来の「わたし」を思い出すんだ

そうすることで体験する世界は

充実感あふれ

生きた心地で充満する

ピュアで素直に鼓動する世界は

完全なものだと認知できる

 

 

 

ふてくされないで

社会やメディアのよしとしている常識にとらわれないで

自分の目で判断していこう。

隣りや会社や家族や上司や偉人の言葉じゃない

私の感じたものを

私の言葉で紡いで

表現していこう

 

 

 

そんな時代へ変化してきていると感じてる

 

 

自覚って言葉を検索したら

やはり!

いいことが書いてあった。

 

 

 

あせらないで

背伸びしないで

思い出す作業を

とことんしていったらいい

手段はとことん素直に

ひらいて ひらいて

たっぷり呼吸を感じて

生きること。

 

わたしはひとつなのだから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です