★今この手に握りしめるもの

 

今日パンガン島を離れて

明日からパリに行く!

 

ヨーロッパに行くのは17才のときに行ったイギリス以来だから

実に15年ぶり。

アジアでゆった〜りしていた次がなぜここパリか。

所持金現在2万円のわたしが(帰国できるお金ない・・)

わざわざ十何万円の航空券を購入して

重度の乗り物酔いで毎回号泣&頭痛に吐き気でぐったり

そんな私がなぜパリに向かうのか。

 

 

わたしっていう人間をいつまでも探究してみたいから!!

この人生をかけて

この身体があるうちに

 

 

今自分がしていることは

「パフォーマンス」と一応の呼び方をしているけれど

そうやって人前で踊るようになったのなんて

まだ去年からだよ。

 

それまでは踊ることがとってもコンプレックスだったし

技術不良のとってもヘタクソだと思っていたよ。

 

 

でも自分を大切にしていったら(ここはいつかシェアします!)

やっぱりわたしは踊ることが大好きだった!!

 

 

気持ちのよい環境で、

気持ちのよい音楽と一緒に、

あるがままに今だけを感じながら

「踊り」をする。

 

 

上手いとか、下手とか、

そんな区別や基準のない世界で

わたしの身体とそれに纏う空気は踊ってるよ。

 

 

人前でパフォーマンスをするようになったのは

去年であったノリコさんの個展でのパフォーマンスしてからかもしれない。


(今この写真しかなかった!)

 

 

 

 

今わたしには何の持ち物もない。

しがらみも蟠りも

英語がわからないからその不安がちょびっと残るだけ・・

 

 

でもその先に広がる素晴らしさを

わたしはもう知っている。

 

 

今わたしの手に握りしめているのは

のりこさんが今年プレゼントしてくれた宝物だけ。

←この頭に付けているやつ

 

もう結べるほどの髪の長さではなくなっちゃったけど

でもいろんなところに絡み付けられる!!!!

 

 

 

わたしを生きる為の準備。

 

 

こうブログを書いている間も

こんなこと考えている間も

全てが本番。

 

 

いいんさ。

評価とか結果とか

そんなもの気にして柔軟に生きれません。

早く気づいたもん勝ち(本当のところ勝ち負けもない世界だけどね)

 

 

 

とゆうことで

明日さようならパンガン島。

すごくお世話になりました。

 

 

必要な恐れと勇気と愛を抱えて

新たに旅立ちます!!!

 

 

★認めてしまえ!!!

認めてしまおう。

わたしってやつはとっても神経質だということを。
極端に潔癖な時があるのにそうじゃないように見せていることを。
人に気を遣って
なかなか本当の気持ちを出さず遠慮をすることを。
何か言ったあとは後になって
相手に誤解を招いてしまっていないかな?
不快な気持ちにさせてしまったかな?
なんてものすごくクヨクヨ引きずってしまう
そしてそのまま鬱っぽくなることを。
それらは弱さでも異常なことでもなく
ただわたしだとゆうことだ。
誰もが持っている様々な性質の中で
自分の歩んできた環境やもともとの性格で
ただそこが顕著に表れているだけのこと
そんな自分に気づいて
認めてしまうことは
自分であって
自分じゃないようで
少しだけモヤっと違和感がある
でも
目を瞑って
「ちがうちがう、私っていう人物はこんなんじゃない」
って無視をするよりよっぽど
真実をカモフラージュせずに向き合うことは
それがどんな自分でもいい感じ。
だから全部を見つめて
認めてしまうことにした。
恥じらいもしがらみもなく
すごく明快で気持ちいいよ。
 

★恐れはつきもの

恐れはつきもの。
でも粗末にしないで
認識して感じてみる。
すると流れる流れる
太っとい涙がボロっと
わたしの真ん丸い目からこぼれ落ちた。
旅立ちの前は
いつも恐れがやってくる
不安が来る
ワクワクや希望の気持ちよりも
断然「不安」が勝つ。
それでもそこに行くのは
わたしを最大限にわたしにさせるため
だから
必要な感情感覚なのだ。
粗末にしないでただ静かに感じて
そっと目の前に広げた海に流すだけ。
そしてまた一歩歩んでいきます。
4日後からパリです。

★やっっっっっっっと(再開再開📖)

 

旅の最中は普段よりさまざまなことが起きるわけです。

感じやすいというか、キャッチしやすいのかな。

せっかく再開したブログも

充電器負傷事態で停止が続き・・・

タイのAmazonでなんとか購入!!!!

 

とゆうことでブログ再開します☺

最後の記事から一ヶ月。

もういっろーーーんな感情を駆け巡ってきました。

書きたいことだらけのこの気持ちが持続する限り

その土地土地で感じてきたことを

書いていきたいと思います。

一応日付重視で公開しています。

 

いつでも後乗り遅取りなわたしですが

よろしくお願いします!

(写真はちょうど1年前の点灯式の入場ダンスでひざまづいてるの図)

★行動から見える心や人格【Jonnyのヨガ③】

 

私は2日に一回のペースで
近所にあるAnanda Yoga Centerに通って
アライメントヨガクラスを受けている。

 

担当してるJonnyのクラスでは
毎回レッスンのテーマが決まっていて
びっしりとノートにその日にやることが丁寧に書かれてる。
(私はいつも一番前のセンターで受けるのでチラ見した。笑)

 

さらに
ノートが風でめくれないように
自前の石(重り)を用意していて

 

Jonnyがその石でノート抑える所作が
なんて丁寧なのだろうと
感心してしまうほど品がある。

 

 

世の中には様々な職種があるけれど
人前に立つ仕事になると
少なからず”見られる”のが前提になるから
その上で意識することが結構あるように感じる。

 

例えばヨガの先生だったら
ヨガクラスをする際の格好や
ティンシャやその他ヨガグッズの置く場所だったり
誘導の際に使う言葉や
マットの配置やサウンドや何から何まで
色々気を配る点がある。

 

けれど
そういった意識的に行うものとは反対に

その人自身を表すものって
無意識にする所作や行動の中から
出てくるように感じた。

 

 

あなたは普段どのような言葉を使っていますか?

あなたはどんな行動癖がありますか?

無意識についてる思考癖などありますか?

 

なんて
ヨガレッスンからでも
日常にリンクして考えられる事柄が沢山ある。

 

 

ちなみにわたしの場合は
話す時に前置きが長くなっちゃうとか(笑)
言ったことすぐ忘れるとか(涙)
方向音痴で道に迷うと先が考えられず帰宅できなくなって自滅の方向へ進み全てがどうでもよくなるとか(爆)

 

時に情けなくなるような
自分の持ち合わせてる性質がいろいろあるよ。

 

 

Jonnyのマメな男っぷりが滲み出る
ヨガノートから感じた
今日のクラスでした◎

 

 

 

タイのパンガン島で最高に素晴らしいヨギーと出会い
彼のクラスを通して体感した身体感覚
心の動きなどをブログを三本建てにしました。
どうぞご覧下さい☆

▼パンガン島でのヨガ記録▼
★YOGAは心をのぞくこと【Jonnyのヨガ序章】
★パンガン島で最高の出会い【Jonnyのヨガ①】
★お尻を開けば心も開く【Jonnyのヨガ②】

★お尻を開けば心も開く【Jonnyのヨガ②】

 

今日も受けに行った
Jonnyの朝のヨガクラス。

 

今日の内容はヒップオープナーで
いつも通りJonnyはめちゃ丁寧に
アーサナの解説をしてくれた。

 

よく
「胸を開くと心が晴れやかになる」
というけれど

 

ヒップを開いても十分に心がひらく!!!
↑これ自分の中でかなり良い発見

 

 

ヒップオープナーのアサナを行う前にした
股関節へのアプローチの数々も効果的で
アーサナの完成度を高めてくれた。

 

どのアサナもそうだけど
最終ポーズに繋がる前段階のカラダへの意識って
とても重要。

 

Jonnyのレッスンを受けて改めて実感できました。

 

 

実は毎回Jonnyが伝えてくれる言葉
私はほぼ分かっていない。

 

Possibility Benefit
くらいしか聞き取れなくて(大丈夫か私の英語力!!!)

 

だから初めは
誘導の言葉を「理解しよう」
と頭の中を忙しくさせていた

 

けれど途中でもう一人の私が
「考えなくていいよ。感じるだけ。」
と指令が出てきて

 

そこから私は
ほぼ聞き取れないJonnyからの言葉に
感じることを徹底してみた。

 

もちろんレッスン中は
少し周りをうかがいながらにはなったけれど
それでいいのだと思った。

 

感じることに重きをおいて受けた
朝のJonnyアライメントクラスは

ほのかにすがすがしく
私に良き心を与えてくれたように思う。

 

 

私たちって
感じること
どれくらい出来てるかな?

カラダの声を
どれくらい聞けているかな?

脳の動きを完全停止させることは
無理に等しいけれど

でも本当に”感じる”をできたら
“感じる”に目を向けられたら

本当の自分の気持ちに出会うことができたり
より純粋な状態の自分に還れて

少し手放す物も多くて
怖いが出てくる人もいるかもしれないけれど

 

それはそれは
ウキウキで
本当の自分にとって
最高のプレゼントで
最高の行為だと思ったよ

 

言葉を理解できたら
尚よいものだけど

わたしは当分ここで
「感じる」
をたっぷりとしながら
ヨガレッスンを受けたいと思います。

 

とにもかくにも
今日ヒップオープナーで解放された
股関節や子宮周りの快適さがたまらない☆

 

 

素晴らしい朝の時間を
どうもありがとう☆

タイのパンガン島で最高に素晴らしいヨギーと出会い
彼のクラスを通して体感した身体感覚
心の動きなどをブログを三本建てにしました。
どうぞご覧下さい☆

▼パンガン島でのヨガ記録▼
★YOGAは心をのぞくこと【Jonnyのヨガ序章】
★パンガン島で最高の出会い【Jonnyのヨガ①】
★行動から見える心や人格【Jonnyのヨガ③】

★私が日々していること

 

今暮らしているパンガン島では

わたしはほぼ毎日絵の具をもって

壁とか紙とか木とかに塗装してる。

今まで絵を描く上での必須アイテムは鉛筆と綿棒だったので

すごく久々で新鮮!

初めてスプレーで塗装をしたりもして

とても便利だし面白いと思った。

 

ゴージャスに大胆に筆を滑らせていると

たまに失敗しちゃったり下手っぴだな〜

と思う結果になったりする時もあるけど

恐れずに筆を進めてみること

その先に未知だと思っていた新しい世界が待っていたりする。

だから冒険しているみたいで愉しい。

 

きっとこういった作業で感じてることって

人生にも置き換えられることなんだと思う。

 

 

今回の絵描きの作業は

 

下書きとかはしないでまずどんな雰囲気のものにしようかな〜

って軽くビジュアライズしてから取り組む。

 

集中してる時間を過ごしていると

本当にあっという間に時間がたっていて

朝からの作業は夕方になり

やっとお腹が空いてご飯を食べたり。

 

 

こんな毎日を

こんな大自然に囲まれた中で

心地よい風を感じて、

かわいい猫たちの姿を見ながら、

のんびりゆったりできるなんて

本当に「しあわせ」しかない。

それ以外の言葉がない。

しあわせすぎてしあわせです。

 

 

わたしは丁寧にじっくり絵を描くことが好きだから

こんな日々に出会わせてくれて

誰か何か知らないなにか様に

どうもありがとうございます。

と心からお礼を言いたい。

 

明日も描き続けるよ。

 

 

 

★パンガン島で最高の出会い【Jonnyのヨガ①】

 

パンガン島での生活でも
私にとってヨーガは必須でした。
当たり前のように側にあるもの

 

数日間は
毎朝ロッジでしていた一人でのヨガだったけれど

 

近くにヨガセンターがあることを知り
レッスンを受けにいくことに

 

 

右上に表されている
「Morning Aliment Vinyasa Flow Class」

 

施設内のデトックスコースを受けてる人から
「担当してる先生がとてもいいよ」と噂は聞いていたけれど

本当に非常にいいクラスだった♡

 

 

先生の名はJonny(ジョニー)

 

 

呼吸に合わせたフローの中で
アライメントを丁寧に説明してくれて

 

後半ではさらに深いピークポーズを
とても分かり易く解説してくれる

 

さらには
そのアサナをする心構えも伝えてくれて
それが全く嫌みなく身体に染み込んでゆく
スーーーッと心に入り込んでくJonnyの言葉

 

自分1人のプラクティスの中で得る
体感や気づきもあるけれど

 

レッスンに参加して
Jonnyから受けるアドバイスを実践していくことで

 

体中の世界観が大きく広がっていくのを感じた

 

 

Jonnyはそんな感覚を私に与えてくれた
パンガン島で出会えた素晴らしいヨガの先生

 

 

この動画で話しているのがJonnyです
スタジオの雰囲気もよく分かるね。

 

 

タイのパンガン島で最高に素晴らしいヨギーと出会い
彼のクラスを通して体感した身体感覚
心の動きなどをブログを三本建てにしました。
どうぞご覧下さい☆

▼パンガン島でのヨガ記録▼
★YOGAは心をのぞくこと【Jonnyのヨガ序章】
★お尻を開けば心も開く【Jonnyのヨガ②】
★行動から見える心や人格【Jonnyのヨガ③】