★パリでバスキング【感じる、想う、色々】

 

パリで2回目のパフォーマンス。

 

 

すごく反応が良くて、
トータル40分くらいのパフォーマンスを
ある人はビルの最上階から
ある人はお散歩の途中で
ある人は最初から最後までを
色々な人が観てくれた。

 

パフォーマンスが終わると
「君の動きはこれだねBUTOH(舞踏)!」
と舞踏の記事を見せてきてくれたり、

「田中泯って知ってる?それを憶い出したよ。」
って言われたり、

「草間弥生(なぜだ。笑)だね。これはコンテンポラリーアートなの?」
と興味を持ってくれたり、

 

色々な国の人たちが声をかけてきてくれる。

 

 

アフリカ系の人は
その場で拍手してピュ〜〜っと口笛を鳴らし
声援をくれる人が多くて

 

フランス系の人は
「うんうん。とても良かった。感動したよ。」
としみじみ伝えてくれる年配者多し。

 

中華系インド系の人は
ファッショナブルな若者がやってきて
「これはどういう意味だったの?なんで泣いていたの?」
と意図を問う質問をする人が結構いた。

 

コンテンポラリーアートに興味のある
若い女性からも結構多く声をかけられた。

あっあとカメラマンも面白がって撮ってた。

 

 

わたしが行うパフォーマンス

それらが果たして踊りとよべるのか
奇抜な変態のストレス発散なのか
演劇的なものに見えるのか

実際のところ
自分でも何なのか分からない。

 

それでも
私の命燃焼中の身体を観て
面白がってくれたり
自分の何かとリンクさせて涙してくれたり
深く考えて解釈に努めてくれたり
そうやって

心で「何か」を感じてくれていること

 

その様子を直で味わえることが
とっても嬉しい。

 

「観てくれる人がいる」

これって本当に有難いことだよなあ

って思う。

 

それだけで十分に
満足を感じられます。

 

ありがとう。

 

今日もありがとう!!!!

 
本当にそう感じる瞬間と
思い出と
過去と
その瞬間と
たった今

です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です