★バイバイチェンマイ


日本を離れてから
3ヶ月が経ちました。

 

岡山で得た約30万円
そのうち20万円を銀行口座に入れて
日本を離れました。

 

「え?そんな少額で??」
と感じた方もいるかもしれませんが

 

そんなわたしは
まだ旅を続けています。

 

 

続けられています。
(本当に巡り会ってくれた方々有難うございます)

 

 

この期間
飛行機にのること7回

 

行っていたのはアジア圏だけでなく
ヨーッロッパにも顔出ししました。

 

物価の差は歴然でしたが
わたしはラッキーガールなので

 

 

どうにか生き延びています。

 

 

生き延びられています。
(本当に巡り会ってくれた方々有難うございます)

 

 

 

 

今回の旅は
アジア圏外にも渡った為

他国への移動は
ほぼ飛行機を利用していました。

 

これからまた
サムイ島、パンガン島という
タイのパラダイスへ行くのですが

 

途中のバンコクまで
寝台列車で行くことにしました。

 

 

20代半ばまでは
「安いから」
の理由で実家帰省や
その他どこか離れた他県にいくとき
夜行バスを優先して選んできました。

 

「安いから」
その理由のみです。

 

けれど実際は
重度の車酔い持ちの私にとって
(吐く・号泣・自律神経崩壊・閉所恐怖症)

長時間の移動は非常に過酷

 

そんなとき
「本当はどうしたい?」

 

の自問自答で

 

 

「本当は新幹線で早めに到着したい」

 

 

この本音を汲み取り
それ以来遠くへの移動の多くは
新幹線を利用していました。

 

しばらく遠ざかっていた
夜行長時間列車。

 

が、なぜ今回寝台列車を選んだのか

 

それは

「寝台列車」という言葉に
ロマンを感じてしまったから

 

 

それだけ。

 

飛行機では感じられない
黄昏れってやつをしたかったのかな。

 

さだまさしの歌、
「それぞれの旅」
これ知ってますか?

 

「動き始めた列車の窓に
二人の顔が写って揺れる
喜びと悲しみのレールを
誰もがこうして乗り継ぎ
それぞれに それぞれの旅を
生きている」

 

こうゆう
どこかノスタルジックな世界観
そんなのに触れてみたかったのかな・・

 

とりあえず
この直感と久々に表れた好奇心

 

この2つを抱えて
今日!
寝台列車でチェンマイを出発します。

 

 

最後に最近エンドレスループの
さだまさしさんの曲を贈ります。

 

「愛について」

 

 

最高。

行ってきます☺

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です