★”あの”中田と象に乗った話

 

みなさん

 

突然ですがどんな風に働いてる?
どんな形態をとってる?

 

パートタイマー?

フリーランス?

専業主婦?

サラリーマン?

 

 

いろんな働き方の形があると思うけれど
どんなところにいても
「心地よくいられる」
って重要だとわたしは思ってる。

 

わたしの場合は心地よくいられるにプラスして
「縛りなく自分であってOKな形態」
を最優先してる。

 

そうしたら虹色フリーダムな人生になってた。

 

 

どこにいてても
気軽に、気兼ねなく、気持ちよく、
何よりも自分らしく、

 

それでいて
それが仕事になっちゃうんならgoodだよね

 

 

気軽に、気兼ねなく、気持ちよく、

 

 

気づいたけど
全部の言葉に「気」が付いてる。

 

働くのって
どんな形態で働くかよりも
その時自分がどんな「気持ち」「気分」でいられるかが大切なんだ。きっと

 

 

 

(極端に話それますが)

わたし先月ゾウに乗ったの。

 

意外にもゾウに乗るのは初体験だったんだけど
これまた最高で
色々学んだよ!!!!!

 

 

象使いの彼は
「オレ ノ ナマエ ワ 中田」

 

 

どうみてもタイ人なんだけど
「オレ ノ ナマエ ワ 中田」って言い張る。

 

 

ずっとサングラスかけてたから
サッカー選手の中田を意識してるんだと思う。
それだけで面白かった。

 

 

でもさらに
通りすがり別の他の象使い(同僚)に会う度に

 

「あれ見て〜!おっきいち◯こ〜!」
「アイツの名前はアホォ〜」
「コイツの名前はバカァ〜」
「ほら見てう◯こ〜」

 

 

思いっきりふざけてる!!!!😂😂😂

 

 

「ち◯こ」「アホバカ」「う◯こ」
の3拍子って
まるで小学生低学年レベルの会話。

 

5割セクハラに近い言葉を吐いてるけど(笑)
カラッとしててそんな気は全くしなかったので問題無し。

 

あとは
過ぎ去りつつあるお笑いのネタオンパレード。

 

 

とりあえずわたしたちは大爆笑。
中田が発する言葉は本当に上記の言葉だけ。

 

 

最後にネックレスを売りさばいて
約20分程の象乗り時間終了。

 

 

彼はそんな調子で
きっと毎日毎日これを繰り返してる。

 

わたしは思う

これが完全なるノンストレスな仕事だ

 

やりたいようにやる
言いたいことを言う

 

それが彼にとっての最大のサービスだということ
そこに詰まりやなーーーんにもない。

 

つまりとってもシンプル。

 

こんなに下品に楽しくゲラゲラ笑いいっぱいに働いていいんだ(もちろん時と場合によるけどね)

 

 

勝手に背筋ぴーんとなっていたり
そんな緊張感を持つよりも

 

ゆるゆるでもいいんや〜
いやむしろその方が意外と効率よくいったり。

 

 

どんな仕事にも
恋愛や家庭やその他色んな場面でも
意外と重要なことだったりするかもしれないよ

 

 

だからね
もし今仕事や人間関係で悩んでいる人がいたら
ほんの少しだけ中田を思い出してほしい

 

 

 

どんな自分でもいいんだよ
こんなゆるゆるでも
人を笑顔にさせて幸せめちゃ与えてくれるよ

 

 

まだまだ自分の思考にフレームついてたな〜
と感心した
中田と象に乗車したお話でした!

★私は今

 

インドネシアのジャワ島で

平和な日々を過ごしています。

 

 

今回も縁があったのは
アートスペースだったよ

 

無限にひろがる愛あるガーデン
心になじむ至る所にひろがるアートワークたち
アーティストの感性をより豊かにする建物
すべてがオーナー夫婦の手づくり

 

 

最高の理想郷

 

 

 

インドネシア?

めちゃめちゃ暑い?

 

一般のイメージ通りの環境もあれば
その逆も然り

 

今は
ぬるかったり
時に冷たくも感じる風を

 

死ぬ程幸せに浴びています。

 

 

 

愛してる人たち

いつもありがとう。

 

愛してるよ。

 

 

今過ごしてる

わたしがいる環境すべてを

愛してる。

 

 

やっぱり

 

「新しい」はいつでも
わたしに生きることを教えてくれる

 

 

いつでも気軽に飛んでいけるし
いつでも気軽に
ほんとうの「わたし」を憶い出せる

 

 

わたしを生きることで受ける恩恵が
こんなにも穏やかで刺激的で
愛に包まれてるなんて

 

 

本当にしあわせでたのしいです

 

★喉を震わす私の至福

 

肌寒い時期になると
ヨガクラス終盤にするシャヴァアーサナ時に
ブランケットをかける

 

生徒さんが自分自身でかけるときもあれば
私自身がかけにいくときもある

 

 

より丁寧に
肌に優しく触れていくように

違和感のないように

シワが出来ていないか確認して

顎や顔に触れてる部分がないかとか

 

先生であるわたしは
慎重にそれらをする

 

 

私自身も先生にしてもらったことがあるけれど

 

その包見込まれてる感って
本当に心地がよくって
とってもやわらかくって
マットの上に全身が溶け込んでいくような感じ

 

そのあたたかさとともに
自分の身体が溶けていく感じ

 

 

こんな
「包み込まれてる感じ」
は誰にでも経験したことがあると思う

 

 

人に抱きしめられてる時や
お母さんにだっこしてもらってるとき

 

巻き戻りすぎれば
母さんのお腹にいるときなんて
まさにその感覚を感じまくってるよね

 

胎盤という毛布にやさしく包まれてたとき

 

 

だから誰でもこの感覚は

 

生きてると
どこかのタイミングで憶い出せるはず。

 

何かにまぎれちゃって忘れてるだけでね。

 

 

ただ上記にあげた例は
物質的なもので分かり易いと思うんだけど

 

今回はこれよ!!!

 

音でも包み込まれてるのって味わえるの。

私は彼女の歌声を聴くとね

声でヨガをしてる って感じる

 

 

言葉ひとつひとつが全て優しさが広がって
その余韻でさえ空気がキラキラとあったかい
じっくり自分をみつめてる声色

 

やわらかい
やわらかい
何かに包み込まれてる安心感

 

「愛してるよ」
って自分に言いたくなる(笑)

 

言ってる。

 

 

みなさんには
そんな瞬間最近ありますか?