★”あの”中田と象に乗った話

 

みなさん

 

突然ですがどんな風に働いてる?
どんな形態をとってる?

 

パートタイマー?

フリーランス?

専業主婦?

サラリーマン?

 

 

いろんな働き方の形があると思うけれど
どんなところにいても
「心地よくいられる」
って重要だとわたしは思ってる。

 

わたしの場合は心地よくいられるにプラスして
「縛りなく自分であってOKな形態」
を最優先してる。

 

そうしたら虹色フリーダムな人生になってた。

 

 

どこにいてても
気軽に、気兼ねなく、気持ちよく、
何よりも自分らしく、

 

それでいて
それが仕事になっちゃうんならgoodだよね

 

 

気軽に、気兼ねなく、気持ちよく、

 

 

気づいたけど
全部の言葉に「気」が付いてる。

 

働くのって
どんな形態で働くかよりも
その時自分がどんな「気持ち」「気分」でいられるかが大切なんだ。きっと

 

 

 

(極端に話それますが)

わたし先月ゾウに乗ったの。

 

意外にもゾウに乗るのは初体験だったんだけど
これまた最高で
色々学んだよ!!!!!

 

 

象使いの彼は
「オレ ノ ナマエ ワ 中田」

 

 

どうみてもタイ人なんだけど
「オレ ノ ナマエ ワ 中田」って言い張る。

 

 

ずっとサングラスかけてたから
サッカー選手の中田を意識してるんだと思う。
それだけで面白かった。

 

 

でもさらに
通りすがり別の他の象使い(同僚)に会う度に

 

「あれ見て〜!おっきいち◯こ〜!」
「アイツの名前はアホォ〜」
「コイツの名前はバカァ〜」
「ほら見てう◯こ〜」

 

 

思いっきりふざけてる!!!!😂😂😂

 

 

「ち◯こ」「アホバカ」「う◯こ」
の3拍子って
まるで小学生低学年レベルの会話。

 

5割セクハラに近い言葉を吐いてるけど(笑)
カラッとしててそんな気は全くしなかったので問題無し。

 

あとは
過ぎ去りつつあるお笑いのネタオンパレード。

 

 

とりあえずわたしたちは大爆笑。
中田が発する言葉は本当に上記の言葉だけ。

 

 

最後にネックレスを売りさばいて
約20分程の象乗り時間終了。

 

 

彼はそんな調子で
きっと毎日毎日これを繰り返してる。

 

わたしは思う

これが完全なるノンストレスな仕事だ

 

やりたいようにやる
言いたいことを言う

 

それが彼にとっての最大のサービスだということ
そこに詰まりやなーーーんにもない。

 

つまりとってもシンプル。

 

こんなに下品に楽しくゲラゲラ笑いいっぱいに働いていいんだ(もちろん時と場合によるけどね)

 

 

勝手に背筋ぴーんとなっていたり
そんな緊張感を持つよりも

 

ゆるゆるでもいいんや〜
いやむしろその方が意外と効率よくいったり。

 

 

どんな仕事にも
恋愛や家庭やその他色んな場面でも
意外と重要なことだったりするかもしれないよ

 

 

だからね
もし今仕事や人間関係で悩んでいる人がいたら
ほんの少しだけ中田を思い出してほしい

 

 

 

どんな自分でもいいんだよ
こんなゆるゆるでも
人を笑顔にさせて幸せめちゃ与えてくれるよ

 

 

まだまだ自分の思考にフレームついてたな〜
と感心した
中田と象に乗車したお話でした!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です