★好きの育て方

 

少女漫画のサブタイトル、
または恋愛エッセイの
タイトルみたいですが

 

昨日の投稿
http://oshidayuki.com/dialy/2019/10/01/★ラブレター書いた/

これに付随して
「好き」について書いてみた!
(今回は人対象だよ)

 

 

「好き」が芽生えたとき、
その想いとどんな風に
コミュニケーションとっていますか?

 

 

誰かに伝えようとしますか?
絵にしたり曲を作ってみたり
自分なりに表現をしますか?
心の中に閉まって実感して終わりですか?

 

 

昨日の投稿に書いたように
現在は好きをオープンにする
傾向にあるわたし。

 

 

「好き」と感じた瞬間
その想いを相手に伝えたりすることは
純度が高くとっても素敵なことだと思うから。

 

 

これは漁と似ている。

 

釣れた瞬間の魚は
鮮度が高くて
ピチピチ跳ねてイキがいい
(みずみずしく美味しい)

 

けれど、
時間が経つにつれて
鮮度が落ちて元気がなくなってく魚
(美味しさ半減、売れない)

 

人の気持ちも同じかな〜と。

 

 

芽生えたてのホットな気持ち
わたしはとても素敵だと思っていて

産まれたての赤ちゃんと同じくらい
ピュアで神々しくて
世界が変わるくらいのパワーがある

 

だから誰かを好きになったら
その想いも放置しておかない

さらに
意中の相手にいつか伝えたい
とかいう想いがあるなら

すぐに出す。ホットなまま届ける。

 

それが最善で
素晴らしいことだと感じています。

 

すると純度が高い状態で
相手に届けられるから
受け取る本人もうれしいと思うの。(例外は除く)
どこも経由しないで
産地直送!みたいな感じ。

 

よく駆け引きしたり
相手の反応が気になる故
様子うかがいまくったり
悲劇のヒロイン的な状況に
ひたっている人もいるけどね。
本人がそれを望んでしたいなら全然いいと思う!

 

今のわたしは
駆け引きすることは楽しいと思えなくて
面倒くさいと思っちゃう。(年????笑)
学生時代よくできたな〜と思う。

 

気疲れしちゃうし
そんなまま「好き」から離れて
心配事に気持ちが変わっていっちゃうのは
もったいなすぎる!

 

外側に意識向きすぎ!
相手がどう思うかじゃなくて
大事なのは自分が今どう想ってるかでしょ!
全然本質に意識向けられてない

 

その迷いや困難が
余計行き先を曇らせていると思うし
何より時間がもったいない

 

 

【いつからか時間を意識した瞬間
行動が変わったなあ】

 

 

そんなこんなで
想いは直送型のわたしですが

 

数年前そんなことを
ソウルメイトのパン職人
パン君に話したことがあって
そうしたらこう返ってきたよ

 

「でもパンのようにじっくりと発酵させることでうまみが増すものもあるから、ボクは心の中でじっくり温めるのも良いと思うよ」

 

 

 

たしかに!!!!

 

じっくり想いを馳せて
そこで伝えた「好き」にも
とてもロマンがある!!
(北の国からのゴロウさんはきっと発酵型)

 

そして何て隔たっていたんだ
わたしの思考!

 

東北地方と南国地方の人柄に
それぞれの特徴があるように
人によって想いの育て方はそれぞれだよね!

 

 

だから、
愛の深め方は自由だから
それぞれにあった愛の伝え方をしたらいいよね

 

わたしは
少し置くと色々考えちゃうし、
気が変わっちゃいそうだから
そのときその瞬間の想いを、打ち明ける。
ことを徹底してる

 

これは恋愛に限らず
人間関係全てに置いて
言えるんじゃないかな。

 

 

みなさんは直送型?発酵型?
どちら派ですか?

 

 

“★好きの育て方” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です