再認識

 

チャクラワークは改めてわたしに叡智を与えてくれる。

気づかせてくれる。

私自身に忠実に生きさせてくれる。

出逢えてよかったなぁ。

 

先月チャクラフェスを終え、岡山を出発してからずーっと抱えていたチャクラワークの教科書をパラパラとめくっていた。

そして再会したこのコトバ。

 

どうしても、ヨーガを教えていたり、ボディワーク、ヒーリングをしていると「わたしがこの人を癒すのだ、癒したい」という気持ちが強く出てくる。しかしこれはエゴとも言える。私たちの出来る事は、ただ、やり方を教えて(手技を教行い)、ただガイダンスをして、その人たちに寄り添って、愛を持って見守る事しか出来ない。その人が必要な経験をご自身で起こして、自分で気づいて、癒されていくのだ。私たちが彼らを癒しているのではない、ということを覚えておいて欲しい。

 

うんうんうん。ごもっともでご納得。

ヨーガレッスンの際、生徒さんからさらに深い事実を求めているような面持ちで、精神面の質問を受ける時がある。(占い師に質問している様な感じ)

「今の私はどんな風に見えますか?」
「何か感じる事はありますか?」

そんな時相手をどんな風に感じたとしても、それは私自身が感じてるんだよ、と伝えてあげることがベストだね。

きっと相手は、自分自身が感じてる事をさらに明確に自分に納得させたいのだ。

ジャッジせず(相手じゃなくわたしが感じてることだけだから)

コントロールしない(必要な経験は必然とやってくるもの)

 

 

「愛情を持って見守る」

ほんまこれに尽きるな〜と思う。

レッスンでの在り方は、ある意味フラットでいることが重要なのかも。

きっと世界中にはいろんなインストラクターがいるから、

熱が入ったり指導の仕方は人それぞれで、それも個性でOK

わたしは、呼吸がさらに深まれるような安心感を持てるそんなガイダンスができていればいいなと思う。

それだけでいいな。

 

今日は初めてヨガをする方がレッスンを受けに来てくれた。

私がジプシー生活みたいだから、ヨガ初体験の方と接することが本当に多い。

次の予約も入れてくれた。うれしい。

生徒さんと笑顔を交わす瞬間はいつでも幸せ満天だ。

やっぱり、わたしは人が好きで、そのツールがチャクラワークやヨガであることがとびきり幸せに感じてる。

 

関東、地元でのご縁に大感謝の1日でした。

 

誰かの幸せが

わたしの心を愉快にスキップさせて

気分が高揚するもんだかから

わたしは今絵を描いています。

 

誰かといると

そんな歓びは踊りや動きになりますが

一人で噛み締める時は絵になることが多いみたい。

 

時間はかかるんだけれど

でも朝起きた時に、昨晩かいていた絵と対面する瞬間が大好き。

好きな人に会うみたいに

見た瞬間はほれぼれするし

胸が フワァァァぁぁ ってなる

 

その作品を仕上げて

その ファァァ ってゆう至福の気持ちを

必要としている人に届けてみたい

 

チャクラフェス🌈RAINBOW VILLAGE🌈

 

滋賀県のマイアミオートキャンプ場にて開催したチャクラフェス〜RAINBOW VILLAGE〜が無事終幕。

 

台風警報真っ直中の中、企画してくれたチャクラフェス実行委員会とスタッフのみなみなさま、本当にお疲れさまでした!

イベントを進行するのには難航な状況だったかもしれない。
けれど、悪天候とよぶのは何かが違う!
雨や嵐によって、来場者やスタッフ出演者、そこにいたみんなの距離がグッと縮まったような気がする。
だから今回はなるべくしてこういう状況となり
それぞれに課題、回想、新たな想い、達成感の味わいをより大きく抱かせてくれたのだと思う。

悪天候じゃなく良天候!

https://www.facebook.com/media/set/…
主催者のすぅちゃんが当日の様子をアルバムにしてくれました。
確実に味わった至福の感動体験は写真にもよく表れてる!
でも全ては体感でしかない。
わたしも今年もチャクラフェスに関わる事ができてとってもよかった!
わたしにも大きなはなまるをあげたい!
もうコトバはいらないね!
最高の楽園Rainbow Villageで体験した気づきや誕生は
みんなのこれからにさらに光を灯して、あたたかい気持ちとなり寄り添ってくれるのだろうな。

 

9/29.30愛と平和の波に居心地よく溺れさせてもらいました。
過ごした空間・人・音すべてにありがとう∞

レタリングされた景色がドラマみたい

 

ここ5日間での行動範囲がおもしろかった。

岡山

兵庫(姫路)

滋賀(野洲)

石川(加賀)

京都

東京(新宿)

神奈川
滋賀後は宿がなかったけれど、

ご縁の縁の縁にありのままに心を委ねたら

山越え谷こえ

たどり着いたのは湯の郷、加賀。

温泉につかる

平日台風接近中の温泉内にはわたしただ一人。

「ふぅ〜」とか「はぁぁぁぁ」とか「さいこ〜〜〜」とか

幸福を感じながら湯の中にいた。

 

滋賀のイベントでは、

台風接近中で足ビチョビチョでひえっひえになり

女性性を失いかけそうで心中ギクっとしたけれど

そんなわたしをフォローするように

湯の郷へのお導きコースという出来事

最高だ。

 

 

ガラスから内側にもれた赤と青と白の光がとってもキレイで

こうやって記憶に残る思い出が増えていくんだと思った。

 

湯気があがって

わたしの体温もあがる

ふわふわ〜と流れる空だけの感覚は

もう幻想なのか現実なのか分からないよ。

Isa guitarra

 

isa guitarraの曲をきいて夜を過ごしました。

LIVEって投げ銭でやる形式が結構あるけれど

投げ銭なんてもったいない

投げ札だよ

こんなに音で人を酔わせて

こんなにいい気持ちにしてくれる

もう永遠に踊って浸っていたくなる

ずっと泳いでいたい

 

そんな夜

positive mental attitude

 

ピリオドうつのが人生のクセで少し好きみたい。

そこでの恐怖とか不安がいっさいない。

むしろ0になることがワクワクするし、

創造的になって ふっわーーってなる

 

すきな感覚があって、

それを探ったり、感じたりすることがすき。

 

 

また明日旅立つよ

発芽時期

 

今年に入って今まで以上に自分の本心と向き合い、

畑に自然のタイミングで種がまかれていきました。

その瞬間はどれも煌めいていて

大地にも太陽にも恵まれていたように思います。

抜群のタイミングです。

 

そこから必要なタイミングで発芽がはじまり、

花を満天に咲かす為の

さらに本心の核にせまる作業に移っているように感じています。

 

酷暑や極寒に耐える辛い状態もありましたし
そこから抜け出し
創作意欲が沸き上がるのを強く感じる場面もありました。

 

そんな日々過ごす中で
様々な感情に忠実に寄り添いながら
今も瞬間を生きている次第です。

そこに意識を集中してしまう為
報告?告知?のような後処理的なことができていなくて
発信したまんま

だから、これから数日間のブログでは
関わり、声をかけてくれた人たちと想像してきたものの
その報告を少しずつしていきたいと思います。

早すぎるかもしれないけれど

2018年なんじゃこりゃ〜っていう流れで
いろんなことがわきあこっていたよな〜〜
発芽がいろんな場所でおこなわれていて
そのエネルギーをわたしも存分に感じていたせいか
反応が強かったり弱かったりいろいろで(当たり前のことなんだけど)
間引きが必要な時期にしてあげられなくって窮屈を感じてたり

 

でも、それでも

ぜーんぶわたしなんです。

スピード

 

とことんどんくさいわたしは

1時間先のことでさえ計画を立てるのが大の苦手で

その計画性のなさにより

無駄にガソリンを大消費してしまったり

本当は必要の無い場面でお金を消費させてしまったりする

 

道に迷いに迷って結局目的の場所にたどり着けなく

トボトボ帰宅することもしばしば(常に車酔い)

これ小学生のすることみたい

 

これらは一般的にいうと「損をした状態」らしく

色んなことがすごくすごく遠回りです。

 

周りの反応から、私って損しているかな?と

そう自身の心に確かめてもみるけれど

自分自身ではあんまり感じない

損得で行動していないってこと

 

「そうするしかなかった」

この鈍った脳みそが下した決断が

一般では「超もったいないよ〜」といわれるのですが

わたしは

自分がしたこの決断や、状態を、

思いきり楽しみ、満喫ができ、たまに悔やんでいることでさえ、

愛しいな、 と感じる

 

情けないな〜なんて感じる時もあるけれど、

それでも事実を受け入れられてることに安堵の気持ちが芽生える。

もっと賢い生き方があるのだろうけれど、

苦しみが生まれてるわけじゃない。

 

そんな自分と付き合いながらやわらかい生活が今年から続いていて

そんな日々に関わりをもつ人たちに

余計愛しさを感じたりしてる。

至福の涙があふれることしばしば

なんてのんびり生きているんだろう〜

 

 

 

そんなことを今朝おもった。

欲望の塊

 

普通にヨーガの会社で雇われて働いて

その給与でオーガニックの野菜を買ったり

大好きな旅に出て行ったらいい

そして居心地よいアパートでも古民家でも借りて

好きな人と暮らしたらいい  はず

 

なのになのにわたしは

“なにか”

をしようとしていて

それで沢山ビジュアライズしてみたり

それと今との少しのギャップに

 

少し詰まっているような

そんな今

 

理想の状態があって

それを現実にしようと精神でしすぎて

こんがらがってる?

 

それでも

「それ」の状態に近づこうとしているのは

この世に生まれた宿命で

きっと自分の中で譲れない何かがあるわけで

 

こんなこと書くと

”手放したら開け放たれるよ”

”うまく物事が運ぶよ”

なんて言われてしまいそうやけど

 

でも、大事に歩んでいきたい、信じていきたい

信念があるから

それとうまく向き合って前進できるように

自分の本音を大切にしていきたいです

その上で社会にいても

るんるん〜とスキップしたり、ゆっくり気持ちよく歩いてもOK

そんな状態が望ましい

 

ふと気がついたけど

wantばかりのわたし

一番の欲望の塊は

まぎれもなく自分自身だった

 

もう少しだけ

風通しよく。

わたしの風穴をひろげておこう。

 

日々変容する

環境や人に

愛を込めて。

 

気象変化とともに

 

一番ゴチャゴチャしてるのは

わたしのこの頭の中だ。

 

ゴチャゴチャしていて

さらに後にクヨクヨするむかーしからのクセが

再来してきちゃった

 

クヨクヨは

うまく言葉が伝えきれなくて

誤解されてしまっていそう

ものごとを勝手に先読みして

他人に翻弄されてる自分

とかとか

ウダウダ悩む

頭の中がごっちゃごちゃごちゃごちゃ

 

 

そんなののループ

気づけば涙が目に溜まっていて

ふとした瞬間

ぽろっと溢れる

 

 

ぽろぽろぽろぽろぽろ

してる

 

ちいさいころに

戻ったみたい