We love you

『私は育てられてきた、私たちはみな、それぞれの兄弟姉妹だと考えろと。

人種や、信条や、肌の色に関わらず。

ウィー・アー・オール・ムスリム。

私たちはみんなイスラム教徒だ。

私たちがみんなメキシコ人で、カトリックでユダヤ人で白人で黒人で、

あるいはその間のいろんな色なのと同じように。

私たちはみんな神(あるいは自然、または何でもあなたの信じるもの)の子で、

人類の家族の1人である。』

今年インドネシアに滞在していて多くのムスリム教徒と出会った。
その中で与えてもらったものは数多く、人を疑えない私が疑いをもってしまうほど親切心と寛大さで溢れていた。それは今も継続している。
色んなことに対して(食事、送迎、その他気遣い)受け止めきれない程惜しみなく愛を与えてくれた彼らに、
『なぜあなたたちはそんなに親切にしてくれるの?私はとても感動している。』
と尋ねたら、
『ゆき、私たちは皆仲間だ。そしてその前は兄弟だった。私たちは家族だよ。』
当時滞在していた村の界隈でアートディレクターしていたトムがそう答えた。
会って数十分おしゃべりしただけやったけど、彼は私にそう告げた。
彼は翌日に私の夢を叶えてくれたのだが(村中の壁に広がるグラフィティの管理をしていて、私にそのスペースを提供してくれた。脚立やその他備品も村のホームステイに借りにいってくれたり、前に描いた人の古くなったグラフィティを消すのを手伝ってくれたり、暑さに困らないように気遣ってくれたり、それはもう本当に親切にしてもらいました。)
この懐深い優しさは、宗教信仰の要素が強いからなのか、彼のパーソナルな部分でそのような対応をしてくれているのか最初はどっちなんだろうって気になっていたけど、
旅して数カ月経った今は、もうそんなことどうでもよくって。
私はただ、彼の伝えてくれた
『ゆき、私たちは皆仲間だ。そしてその前は兄弟だった。私たちは家族だよ。』
この言葉に感動して、深く彼らを尊敬した。
もうその事実だけでじゅうぶんじゃないか。と感じてる。

今のわたしには、日本に心おける、あったかい場所がある。

血が繋がっていないけれど、家族だ。

今わたしは、その家族とひとつ屋根の下に住んでる。

一緒にごはんを食べて、家事をして、笑い合ってる。

悩みは相談して、それぞれが好きな物づくりをして、生きてる。

今日は辛いことがあって、それはもうグシャグシャになってってゆうそんな状態だったんだけれど、その出来事をわたしのヘタクソな言葉で伝えたら
「We love you」
って返ってきたそのメールで、もう全ては完璧で大安心の中にいることに気づけた。

それだけで十分だった。

もうじゅんぶん。

 

過ごした時間の長さじゃない。

やっぱり深さだと思ってる。

ENJOY DRAWING

おはよう。

モンゴルの音楽ホーミーが流れる中ブログを書いています。

今は兵庫県は姫路に来ています。(わたし1日一県移動してるようだ)

なんで来たかというと、私が「住居」という概念に血迷っていたときに居候させてもらっていた宿にいく為!

そこのオーナー洋さんはわたしの描く絵を気に入ってくれて、宿のいろんな場所に描かせてくれました。

数年経った今その絵たちを見直すと、そりゃあもう点でバラバラ、統一感なし、素人感まるだし。

だけど、そんな絵たちがわたしはとっても大好きなのです。

旅人との会話から絵が生まれることもあるよ。

 

気持ちよい(時にブリブリのゴリゴリ)音楽のグルーブに全身を委ねながら、

筆を木壁に滑らせていく心地よさ。

わたしはただの居候だったけれど、そんな中で宿に訪れるいろんな旅人に出会いました。

今でも繋がってる人もいる。

ああ幸せやったな〜

 

そんなこんなで今日はのんびり神社にいって、男山に登って、筋トレして、今ここ。

こんな幸せでいいんかな〜って思うくらい、草木と触れ合って、もりもりご飯食べて、よく寝すぎて、笑って生きてる。

どんな現状も愛おしくてたまらない。

大好きな人やものがいっぱいだよ。

 

日日是好日。

=================

兵庫県姫路「縁楽堂(えんがくどう)」

 

 

春のミウラパン祭りが終わったよ

やわらか〜く、愛に包まれた時間が流れていきました。

春のパン祭りでは、パンくんによる様々な種類のパンの振る舞いがありました。

それからわたしのパフォーマンスや、Dr.Peacemakerさんや天竺オーケストラのライブ

そこに来ている方々がとてもhappyであたたかい人柄だったように感じます。

みんなの笑顔が印象的でした。

 

写真は他にもいーっぱいあったんだけれど、
なんか好きな写真を載せてみました。
パフォーマンスを通して人とコミュニケートすることがきっと好きなんだな〜
って改めて感じた今回の旅でした。

 

わたしをパフォーマーにしてくれた主催のパンくん、どうもありがとう。

そして福岡に住むみんなをさらに大好きにさせてくれたそこで出会ってくれた人たち、どうもありがとう。

いつも穏やかな刺激をあたえてくれるアーティスト、クリエイターのみんな、どうもありがとう。

 

ヨガインストラクターとして

 

福岡から岡山へ戻ってきました。

4月13日の日記でヨガの仕事が2つ無くなったと書いていたけれど、思わぬところからひょこっとヨガレッスンをすることになりました。

福岡にいた最中に友人がつくってくれたパークヨガ。

大濠公園ってゆう湖が草木に囲まれた魅力的な場所でやったよ。

 

わたし、今住んでいる岡山よりも、他県の方が仕事している(笑)

でも、「仕事」っていう言葉が似合わないくらい、すんごく自身を全うしていて仕事感ゼロ。

だったら今自分のしていることは何て言葉で代用できるだろうか?

それは責任を背負っていないってゆうわけではないよ。

その時間、相手のカラダを預かっているわけだし、色んなところに注意を払いながらヨガクラスを進めている。

 

「自分のカラダ感覚の経験やを伝え、心地の良い空間をつくること」

わたし自身もすんごく気持ちがいい。

カラダの中に直径3.5cmくらいの円柱の軸(つまりはチャクラ)が通っていて、そこにキラキラした粒子が勢い良く流れている感じ。

そして、楽しそうに、しあわせそうに過ごしているみんなの顔も見れて、もう幸せスパイラル。

なんて幸せな仕事をしてるんだ。

わたし自身にも多くの学びがあって、みんなもいい方向へと整えられていく。

 

 

やっぱり、わたしはヨガインストラクターという仕事が大好きだ。

仕えているわけではないから仕事なのかよく分からないけれど

大好きなんだ!!!!

 

HELLO!

こんにちは。

最後の更新から三ヶ月以上が経っていました。

サーバーの未更新&不具合によりホームページが完全停止状態。

そんな停止の期間からようやく抜け出し、わたしは生きています!!!

2月3月はインドネシアへ。

今週末は石川県、来週岐阜県、再来週は福岡へとびます。

こんなに地球を冒険している感じも、きっとこの世での采配なんだろうな〜・・・なんて思いながら我が道を生きています。

ヨガクラスもしていきたいし、パフォーマンスの術ももっと深く学んでいきたい。

どうやらカラダという肉体にいつでも興味津々のようです。

このブログもとっても大好きな空間だから、これからはテンポよく更新していきたい。

世界中で繋がることの出来るこんな便利な方法があって本当にしあわせだな〜

って最近とくに思います。

わたしは、これからもいろーんな景色をみて感動をしたいし、それを地球のみんなと共有していきたい。

愛ある空間にうもれて健やかに呼吸をしていく。

地球にとって大事な物は、わたしにとって大事なもの。

それを確かめるのは、日々の呼吸と、このボディに真実はある!

なぜならわたしが愛そのものだから。

 

ありがとう、思考をこらせる脳みそよ。

ありがとう、たったひとつのお日様よ。

ありがとう、今ここで手をとりあえる仲間たちよ。

みんな大好きだよ!!!

今月も、再来月も、どこかで笑い合おうね♡

【福岡】春のミウラパン祭り

去年ヨガ仲間のAkiちゃんと福岡で行ったキールタンイベント

そこに参加してくれた三浦パン君主催のイベントに呼んでいただきました。

魅力を表す言葉がありすぎて上手く収集がつかないので、以下のキーワードにピンとキちゃった方は、ぜひ遊びに来てくださいね!

パン・シタール・ふんどし・福岡・パン振る舞い・SHANTI・SEN&CO Hostel・タブラ・天竺オーケストラ・Dr.peacemaker・ミウラパン・旅・全粒粉・スペルト小麦・縄文・わっしょい・山口百恵・愛・YOGA・おっくん・ミッチー・おしだゆき・麹・インド音楽

 

全力の体勢で歓迎致します♡

 

福岡も終わりました〈ヨガムドラ〉

あ〜愛しの福岡でもヨガムドラが終了しました。

あきちゃんとアルヴィンさんとのコラボムドラ。

オーガナイザーのあきちゃんは、さすが毎年開催しているだけあって安定安心のヨガクラス。

前半にあきちゃんのアクティブクラス。

後半はわたしのゆるゆるクラスで行いました。

そこにサウンドナビゲーターのアルヴィンさんのナイスサウンド。

もう心も身体もうっとりの絶頂幸せ空間。

あきちゃんのクラスは、プロップスを使用して身体の今どこがどう伸張していて、どう動いているのか、とても分かり易く身体にアプローチしてくれるから、やりがいがあって身体と思考がクリアになっていく。そんなところが魅力的。

アルヴィンさんは、私たちそれぞれの雰囲気やクラスの流れを汲み取る能力が素晴らしくって、もうそれはそれはヨガで体感するであろう感覚に相応しい音を奏でてくれた。

ほんまに尊敬&LOVEのすばらしきお2人です。

 

福岡のみんな、参加者のみなさん、どうもありがとう☆

 

真栄田岬の思い出

 

チャクラワーク最終日の余韻にひたりつつ、この人たちとの別れはなんの惜しみや悲しみもなく、本当に自然にすんなりとだった。
まるで沖縄のカラッとした気候のようにさっぱりしていた。

そのまま5年前ヨーガに出会った時に、少しの間暮らしを一緒にさせてくれた大好きなファミリーのもとへ。

そこはヨガと同時に脳内クレンズというサロンもしていて、その施術中やった。たまたまお客さんに遭遇して、チャクラワークのお話に。
彼の友人もわたしの持っていたchakraworkの教科書を持っていたみたい。
すごい。世界に羽ばたいているchakrawork

その話の流れで、解剖学のキーボー先生から教わったチャクラ手当の施術を彼に行うことになった。

頭頂に丁寧に指をあてて、場所を確かめ、じーーーっと。

施術後、「青空が広がった!」と感動してくれた。

感じ方は人それぞれだけれど、この感覚を共有できたことがとっても嬉しい。

この日の思い出は、大切にしまっておこうと思います。

ヨガを初めてから5年。

赤ちゃんから少女になっていたゆあは、本当に心が澄んでいて、とっても魅力的な女の子になっていた。

ゆりさん、ゆあ、どうもありがとう💓

ずーーーっと大好き〜〜〜。

生きていく術

 

手仕事のぬくもりと信念

いっぱいに感じた

貫こうとする気持ち

ウソなく実践し続ける姿がとっても魅力的

 

 

ここは岡山県和気町

素敵な出会いをしました。