★私は今

 

インドネシアのジャワ島で

平和な日々を過ごしています。

 

 

今回も縁があったのは
アートスペースだったよ

 

無限にひろがる愛あるガーデン
心になじむ至る所にひろがるアートワークたち
アーティストの感性をより豊かにする建物
すべてがオーナー夫婦の手づくり

 

 

最高の理想郷

 

 

 

インドネシア?

めちゃめちゃ暑い?

 

一般のイメージ通りの環境もあれば
その逆も然り

 

今は
ぬるかったり
時に冷たくも感じる風を

 

死ぬ程幸せに浴びています。

 

 

 

愛してる人たち

いつもありがとう。

 

愛してるよ。

 

 

今過ごしてる

わたしがいる環境すべてを

愛してる。

 

 

やっぱり

 

「新しい」はいつでも
わたしに生きることを教えてくれる

 

 

いつでも気軽に飛んでいけるし
いつでも気軽に
ほんとうの「わたし」を憶い出せる

 

 

わたしを生きることで受ける恩恵が
こんなにも穏やかで刺激的で
愛に包まれてるなんて

 

 

本当にしあわせでたのしいです

 

★YOGAは心をのぞくこと

 

毎朝のプラクティス時間は
贅沢に1時間〜2時間とってる。

 

目が覚めて
歯を磨き
手櫛で寝癖を直して
今日どれくらい髪の毛伸びたかな
って伸びてるはずのない襟足チェック

 

そこから
自然に身体はマットの上に移動してて
ダウンドッグをはじめる

 

寝ている間に縮まっていた
脚裏全体に意識を向け

 

グーっとかかとをマットに降ろして
じんわりと押し込んでいく

 

同時に腰が落ちないように
上に、上に、引き上げる

 

うーーんと上半身も心地よい伸びを感じる

 

手のひらも
関節のシワを伸ばしきるように
マットをグゥーーーっと押し込む

 

 

 

呼吸を入れる
できるだけ深いものを
できるだけスムーズに

 

お腹や肺に
ゆったりと息が入り込んでいく感覚を味わう

 

それらを続けていくと
深い空気で満たされていくのは
お腹や肺だけでないことを知る

 

 

 

全身に行き渡る
呼吸と言う名のエネルギー

 

指の先まで流れていく

 

細胞ひとつひとつに

 

心地よい刺激を与えていく

 

 

全身を巡る
この力強いプラーナは
私が今生きていることを実感させてくれる。

 

 

 

 

至福で満たされている
こころとカラダ

 

それを感じてるということは
世界が幸せで満たされているということだと
気づきを与えてくれる

 

全ては
肉体に潜む
偉大な美しい世界

 

この探究は
世界全体の構築を見ているようで
死んでも飽きなく続いていく

 

 

 

生きるのは

 

 

 

 

たった今だよ

 

タイのパンガン島で最高に素晴らしいヨギーと出会い
彼のクラスを通して体感した身体感覚
心の動きなどをブログを三本建てにしました。
よかったらどうぞご覧下さい☆

▼パンガン島でのヨガ記録▼
★パンガン島で最高の出会い【Jonnyのヨガ①】
★お尻を開けば心も開く【Jonnyのヨガ②】
★行動から見える心や人格【Jonnyのヨガ③】

★バイバイチェンマイ


日本を離れてから
3ヶ月が経ちました。

 

岡山で得た約30万円
そのうち20万円を銀行口座に入れて
日本を離れました。

 

「え?そんな少額で??」
と感じた方もいるかもしれませんが

 

そんなわたしは
まだ旅を続けています。

 

 

続けられています。
(本当に巡り会ってくれた方々有難うございます)

 

 

この期間
飛行機にのること7回

 

行っていたのはアジア圏だけでなく
ヨーッロッパにも顔出ししました。

 

物価の差は歴然でしたが
わたしはラッキーガールなので

 

 

どうにか生き延びています。

 

 

生き延びられています。
(本当に巡り会ってくれた方々有難うございます)

 

 

 

 

今回の旅は
アジア圏外にも渡った為

他国への移動は
ほぼ飛行機を利用していました。

 

これからまた
サムイ島、パンガン島という
タイのパラダイスへ行くのですが

 

途中のバンコクまで
寝台列車で行くことにしました。

 

 

20代半ばまでは
「安いから」
の理由で実家帰省や
その他どこか離れた他県にいくとき
夜行バスを優先して選んできました。

 

「安いから」
その理由のみです。

 

けれど実際は
重度の車酔い持ちの私にとって
(吐く・号泣・自律神経崩壊・閉所恐怖症)

長時間の移動は非常に過酷

 

そんなとき
「本当はどうしたい?」

 

の自問自答で

 

 

「本当は新幹線で早めに到着したい」

 

 

この本音を汲み取り
それ以来遠くへの移動の多くは
新幹線を利用していました。

 

しばらく遠ざかっていた
夜行長時間列車。

 

が、なぜ今回寝台列車を選んだのか

 

それは

「寝台列車」という言葉に
ロマンを感じてしまったから

 

 

それだけ。

 

飛行機では感じられない
黄昏れってやつをしたかったのかな。

 

さだまさしの歌、
「それぞれの旅」
これ知ってますか?

 

「動き始めた列車の窓に
二人の顔が写って揺れる
喜びと悲しみのレールを
誰もがこうして乗り継ぎ
それぞれに それぞれの旅を
生きている」

 

こうゆう
どこかノスタルジックな世界観
そんなのに触れてみたかったのかな・・

 

とりあえず
この直感と久々に表れた好奇心

 

この2つを抱えて
今日!
寝台列車でチェンマイを出発します。

 

 

最後に最近エンドレスループの
さだまさしさんの曲を贈ります。

 

「愛について」

 

 

最高。

行ってきます☺

 

★エネルギー満ちる身体感覚は何をしても最高

 

生きているだけで幸せなのに

息をしているだけで幸せなのに

 

その幸せを感じきっていると
よく悟りの世界で言われている
【無】の状態になんてならなくって

 

 

エネルギーや活力が溢れて出して
体中がふわーーーっと熱くなる。

 

 

その状態であると
ひとつの線でさえも息をしているように
たくましく見違えるものになってしまう。

 

 

そこに上手い下手などの区別はない
大事なことは
エネルギーを帯びてるか否か
ということ

 

 

人の心を動かすものって
作品や料理や授業とかとかとか
世の中に溢れる物質的なものの
その裏側にあるドラマとか想いの密度が
エネルギーの大きさに比例して

目には見えないけれど
そのエネルギーを感じられた瞬間
外見的なクオリティを超えた
「心が動く」をするんじゃないかな
身内じゃなくてもこれは可能

 

 

わたしは今回絵を描いていて感じたけど
好きなことができるってもちろん良いことで

 

だけど、さらに私にとっては
何よりも環境が大事。

 

それによって大分熱量が変わってくる。

 

 

エネルギーが満ちてくる環境に身を置いたり
そうなる行為が自分にとっては何なのか

 

それらを把握してみるのって
生活する上で
とても大切な要素だとおもうなー

 

 

 

 

わたしは頭の中が意外と動いてばかりだから
お寺にいって
大仏の前に座って瞑想してるだけで
だいぶすっきりして心地よくいられる

 

ちょっとサイケデリックだったけど(笑)
一昨日行ったチェンマイのお寺です。

 

 

 

おはよう☀☀☀
今日もご多幸感じられる1日を!

★素直体質

 

 

花は咲く

 

うつくしい!

 

美しい!!!

 

 

ただそれだけ🌻

 

それだけで美しい。
それだけが美しい。

 

 

太陽がでれば
歓んで上を向くし

 

日が沈んでから
元気になる花もある。

 

 

素直でよろしい。

 

 

人間は
本当の気持ちはそっちじゃないのに
反対のコトを言ってみたり

する。

 

それはそれで
人間という性質として面白いけれど

 

素敵なものや人や景色をみて
素直に

「すてきね!!」

と言える人は
明快で美しいと感じる。

 

 

おはよう☀
今日とゆう1日に
何の予定もないけれどワクワクしてる。