中毒症状のように

 

中毒症状のように、

わたしは今踊りをしたくてたまらない。

このカラダで表現をしたくって、たまらない。

自己満足で外に飛び出してただやる。のではなく、

誰かが側にいて、その人も表現をしている。

誰かというのは人に限ったことじゃない。

山だって同調してくれるし、川も呼吸する。

相互作用でどんどん広がっていく宇宙の輪っかみたいなのが

常に膨大していく感じ。

 

気が変わりやすい性質だから

この気持ちはこの気持ちで明日は分からない。

でも大切にしたい、大事な気持ち。

 

本音

 

わたし人のマネをするのが苦手。

カウントや音に合わせて同じ向きに手を出し、ポーズをとり、振りをしっかりと緻密に揃えたりするの、超苦手。

小さい頃したダンスと言えば全部そうやった。

そしてダンスというものは、年を重ねるごとにクオリティを要される場面が増え、さらに振りは緻密になり、多人数でやるものにいたっては同じ角度に身体を揃えたり、同じタイミングで動きをきめたり、視点が厳しくなってくる。

それらを乗り越え覚えられれば、後に楽しさ、やり甲斐、達成感で溢れるのだろうけど、

それになるまでの作業は、わたしはあんまり好きじゃない。

だって「時間」を迫られるから。

「この時間までに覚えましょう」があると、急いで覚えなきゃと焦ってしまう。

さらにそれらを多数で行うとなると、緊張感が増し、どうやらそうゆう空気が苦手のようだ。

 

 

一方で、ダンスはわたしを自由にしてくれた。

28才で本格的におどりに関わる環境に身を入れてみた。

いつもヨーガでゆるめていたわたしの身体が、その時ばかりは日々「ダンサー」として実践の吸収と排出を繰り返す。

それを続けたら生理が止まり、歯も抜けて、虫歯11本になり、体重減少であばら骨は出てくるし、すんごく可哀想な状態になった。

だけれど、そこで舞踏にも出会ったし、憧れだったコンテンポラリーダンスもすることができた。

ここで体感したすべての出来事は今のわたしに確実に繋がっている。

 

 

ライバルとか、いない。

こうなれたらいいなぁ、も特にない。

なぜなら踊ることはわたしにとって排出作業だから、

わたしのカラダから出たものを変えることも、磨くことも、必要がない。

そのまんま。

あえて言うなら、それ以前の問題だ。

自分がどうゆう気持ちで日々暮らしているかとか、どんなことで感動しているかとか、

そんなのが、排出作業のとき=踊り 全部でるのだと思ってる。

ユーモアとロマンと孤独大事。

 

こんな感じでしているわたしの動きや観念。

もしそれをおどりと呼んでもOKならば、

わたしは踊りが大好きで、切っても離せない存在なのだと思う。

そしてわたしはとても快適でわたしらしいと思えるわたしのダンスと出会えてすごく幸せ。

ダンスは、「わたしはわたしでいい」ってことを教えてくれた。

わたしはわたしでいたいから、これからも踊りをしていくんだと思う。

誰かへのごめんなさいとか、
誰かへの祈りとか、
好きな人への告白とか、
悲しい想いの浄化とか、
なんだか分からないことを明確にすることとか、
届けたい想いとか、
心からありがとうっていう気持ちとか、
どうにもならないけどどうにかしたいこととか、
不条理に感じた出来事への気持ちの行き場とか、

そうゆうのが、ぜんぶまるごとわたしの踊りなんだと思います。

 

 

 

今やるべきこと

 

今月入りそうだったヨガイベントの仕事が2つ同時になくなった。

計画を立てている時点諸事情によりできなくなった。

残念ではあるけれど、仕方ないのでとっても前向き。

だからわたしは思ったのです。

 

君は今月パフォーマーとして徹しなさい

 

きっと神からのお告げだ。

そう思わずにはいられないのです。

もちろんわたしの収入源となっているヨガレッスンができないとなると

生活費は0円。

出費もそこまではないけれど、どこかへ行く交通費がピョンピヨンととんでいきます。

飛行機、電車、車、いろんなものに乗るから、結構お金はかかる。

でもね、お金が必要になったとき、雇用労働の対価で収入を得ようという考えはもうわたしは選択肢から除外しています。

それはお金がお金として生きていないからです。(あくまで私の場合!)

もっとわたし自身がエネルギー満タンで、わたしくらしく居れた時に

それを見て喜んで、面白がったり、笑顔になれたり、心がほっこりなれたり、身体楽やな〜って感じたり、

そんな時に得られたお金がわたしには必要だし、よろこび。

そしてお金自身も生きてる証拠。

そんな状態のお金が風穴全開のわたしのところへ流れてきたら、それぞれ命を全うしているもの同士、ものすごいケミストリーがおこると思うのです。

ウキウキするしね!

そんな栄養をもりもりで、この地球で笑顔でいたい。

それが本望です。

なかったら生み出す!

田畑を耕し、米をつくり、電気、HAPPYな未来もクリエイション

だから決めたの。

わたしは今月パフォーマーに徹します!!!

だって、身体を動かすことが大好きだから。やるしかなくて。

音に身をゆだねるとしあわせで溶け込んで、気持ちよいから。。。

一番近日のスケジュールです!

*****

日にち:4/15(日)
じかん:1⃣11時くらい2⃣14時くらい
ばしょ:石川県金沢駅前

よかったら目撃してね!

ありがとう😊


 

おしだゆき

 

ダンスパフォーマンス[Love and Intestine] in 岡山

お久しぶりです。
年末年始は帰省せずに岡山にいました。
ダンスのワークショップを受ける為です。
イスマエラさんのことは知らなかったけれど、当時内臓LOVEだったわたしの心をチラシの文章がズキュンとひと突き。

_____全ての出来事は腸から発生する。腸すなわち地球であり、腸すなわち宇宙である。腸はいかなる食物も必要としていない。必要としているのは愛、それだけだ。ありったけの愛を腸に込めろ。それさえあれば生きていける、他には何も要らない。
ただそれだけの動機で参加をして、結果ここ一ヶ月ヨガもダンスもその他スポーツもしていなかったわたしの身体と腸は喜んでいました。
ただ身体がビックリしたのか数日後39℃超えの発熱。
運良くカラダの不要物も汗と苦しみ一緒に飛び出していって、腸の中はスッキリ。
辛かったけれど、今は楽ちんです。

技術ありきの素晴らしき踊りは、美しさ、可憐さ、儚さ、いっぱいに表現できる要素があると思う。
わたしは踊ることにずっとコンプレックスに感じていた。
でも「苦手」にしてしまっていたのはわたし自身だった。
もうわたしが存在すれば、そこにちゃんといることができたら、それは踊りになるんだ。わたしは、今までわたしが見てきた景色、環境、経験でできている。言ってみたらもう何万年も前からわたしはわたしとして存在していたのだから、ちゃんと委ねてみたらいいのだと思った。
何をしなくても、もうカラダ一つで全て完了している。素晴らしき芸術作品と思う。
言い訳しないで理由なんて付けようとしないで、ただそこに居たいと思った。
不細工でもダサくてももうぜーーーんぶがわたしです!

だから下記です!!!!!

*****************

ダンスパフォーマンス[Love and Intestine] in 岡山

日時/2017.1.20[sat] 19:00開演(20分前開場)
場所/アートスペース ホワイトキャンバス
(〒700-0822 岡山県岡山市北区表町1-6-38 2F)

【内容】全ての出来事は腸から発生する。腸すなわち地球であり、腸すなわち宇宙である。腸はいかなる食物も必要としていない。必要としているのは愛、それだけだ。ありったけの愛を腸に込めろ。それさえあれば生きていける、他には何も要らない。

【出腸者】
イスマエラ
生部 喜子
おしだゆき
小山 麻衣子
高橋 和美
戸田たかこ
田路 寿乃

鑑賞料/1,000円
※定員になり次第販売を締め切らせて頂きます。

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
パフォーマンス ご参加・鑑賞ご予約・お問い合わせ/matsunaga_201307@yahoo.co.jp(松永)
※ご予約の際には、お名前・電話番号・Eメールアドレスの明記をお願い致します。

主催/イスマエラ
* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
イスマエラ
http://ismaera.tumblr.com/

2012年からフランスに移住、ヨーロッパで活動を始める。キャロリン・カールソン、ダヴィッド・ザンブラノ、フランチェスコ・スカベッタ等のダンサーを経て、現在では自身のプロジェクトを全世界で行っている。ソロやワークショップを始め、毎回訪れた国や街の現地の人々とパフォーマンスを創り、その場とその瞬間を民族・言葉を超えて共有している。地球上の全ての国・全ての都市でこのパフォーマンスを創り上げる事を企んでいる。
実はJuste DeboutのExperimentalカテゴリーにおいて4度ファイナリストとなっている。
* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

踊ることが好きで、踊ることが生業

 

わたしは踊るのが大好き!

踊ることは、私の場合は身体をすみずみまで探っていく果てしない作業のような気がする。

そしてこの肉体だけではなく、そこから先の感覚(ここでは第三次元と呼んでみます)までも意識ができる、まさに魂の旅。

第三次元へ意識が移っていくと、より肉体は繊細に、そして空間の中を遊びたくなってくる。仲良くなりたい!みたいな。

目にはみえないけど、そこにある空気を蹴飛ばしたくなったり、優しく触れてみたくなったり、かき混ぜてみたくなったり・・・

 

もし一般的に賞讃される「ダンス」

美しい曲線や技術でみるものを魅了するバレエや

イケイケ最前線のヒップホップなど

 

それらと比べてみたら、

わたしがするダンスは「下手」に部類されるかもしれない。(自分では「変態コンニャクダンス」)

よく、「お腹周りがクネクネしてて芯がない」と指摘を受けるし。

 

でも、ダンスは技術だけではないことが大人になって、本格的にダンスをはじめて気づくことが出来た。

「わたしはわたしのままで、わたしのダンスをしたらいいんだ」

もうダンスとそうじゃないもの、の境界線すら分からなくなっているけれど

 

それでも、間違いないことは

「わたしはわたしの踊りを魂の赴くままに全身で全うしている」

だから、そんなわたしの「ダンス」を見て、

面白いな〜とか、笑顔がこぼれたりとか、もっと見たい!

と思ってくれる人がいたら、

わたしはダンスを生業として生きたい。(2日前に決めました)

だって、わたしが音と一緒になるとき、わたしはわたしのようでわたしじゃなくなる。

わたしが空間と交わう時、最高のエクスタシーを感じる。

いつの日かポロッと、セッションしてくれる人、表れないかな。笑

 

音を操っている人たちとともに、よりクリエイティブな世界を創造していきたい。

 

わたしはダンスを生業として生きていく。

と決めたのです。

Physical dance workshop / 京都

乗り物全般が苦手なのに、遠くへ行きたがる。
その先に魅力的な目的があるから、会いたい人がいたり、見てみたい景色があったり、
そういう気持は、乗り物酔いという最大の苦手分野をこして、
最高の経験としてわたしに染み込んでゆく。

ずーーーっと受けたかった東野祥子さんのフィジカルダンスワークショップに京都まで行ってきました。(もちろん電車内では気持悪くて涙を流しながら。笑)
2時間の中で、ありとあらゆる部分を動かし、意識を向ける。
コアも鍛えるし、身体のクセや使いやすいポイントを知る。
体現しようとする、やろうとする。仕組みを知ろうとする。
今回受けてみて、身体を操れるようになりたい。掌握させたい。体現し続けられる自分でいたい。そう思いました。
身体を四方に自由に動かすけど、ちゃんと軸がある感覚
細部にわたって、自由ということを良いことに、ほったらかしにするクセも直したいし、身体かしこくさせたい!
うんうんうんうん。色んな想いが溢れてくるね。

また受けたい、って思うから、今年は京都に行く機会が増えそうです。
不器用な身体なことは重々承知。
でも、私の身体、もーっと色んなところへ連れて行ってあげたいし
感覚を味あせてあげたい
だから、もう私は私でこの身体だから、またヨウコ先生のワークショップに通い続けたいと思いました。

いつまでも、踊り続けよう。

ユートピア・キャンペーン

 

人生の中で一番頭と足の位置が逆になった

届きそうと思っても届かないものとか、

決定したほうがいいかもしれない事実

懸命に縁取ろうと線を辿っても、残るのは残像のような空虚感

 

 

身体中のながーい旅が、一度おわりを迎えました。

イザイホー

現代の表現と昔の表現について加藤種男さんからお話をきいた。

その中の一つに、「何のために踊るのか」というテーマがあり、現代では神様の存在が薄れているという話の中で、数年前まで残っていた、沖縄の久高島での儀式「イザイホー」について教えてくれた。

 

大好きな沖縄。そこからの興味で、イザイホーというお祭りについて調べてみると、こんなページに出会いました。

http://www5c.biglobe.ne.jp/~izanami/kaminohado/002uchima.html

 シャーマンの存在はよく耳にしていたけど、こんなお祭りがあったなんて知らなかった。

 ヨガでもバクティヨガといって神様に捧げるヨガの種類があるけれど、

イザイホーは、すごく純粋で、清くて、良いものだと思った。

多分、現代の人にこんなお話をしても何のこっちゃと言われてしまうかもしれないけど、私にとってはこの地球で生きていく上でとても大切な感覚だと思います。

今は物に溢れていて、それが当たり前の状態になっていて。目の前にあるものの意味や歴史を知らない。完全に鈍っているのだと思う。でも必要なものが目の前にあって、それが大好きで、感謝できていたら、もう十分だと思う。

 どうなってしまったんだ?と思うけれど、私もここに生きている限り、なんらかの害を与えているし、知らないことがいっぱいだし、それはそれはどうのこうの言える立場では決してありません。

今日加藤さんからの言葉で一番胸に響いたのは、

「人間だけの都合で、地球を滅ぼしていいのか」

今までの時代は、自然とともに過ごしてきて、直で暖かみや時には恐怖を感じてきたから、自然と感謝したり、それをひとつの儀式としたり、ちゃんと自分がなす行為のひとつひとつを考えて行動してきた。だから大きな智恵がある。

私もそんな人になりたい。

せっかくこの地球に生まれてきたんだから。