きらい

 

男性の腰パン姿がイヤ

 

深夜0時以降の拘束がイヤ

 

攻撃的な態度をとる人がイヤ

 

朝食を食べろと強制されることがイヤ

 

肉を食べろと強要されることがイヤ

 

監視していないかのような態度でいて
実は監視されている状況がイヤ

 

 

 

苦手なものはあるけれど、
嫌いなものに焦点をあてたことが少なかったせいか
すごく考えないとでてこなかった

「きらい」とゆう言葉よりも
「好ましくない」の方が適切な感じ。

同じ意味のようで微妙なちがいだよ。

 

受賞

 

今年9月にウォーキングの指導を依頼され

ポーズや歩き方などなどなど(ほぼわたしオリジナル)を

レッスンした時がありました。

 

数カ月後、連絡があり

その生徒さんがベストドレッサー賞を受賞とのこと!

わたしの指導が効いたというよりも

衣装を選んだ姉の腕がよかったのではないか・・・・?!

と誰もが感じると思います。

 

それでも、とーっても嬉しい出来事。

 

 

賞をとれるって

審査員の印象に残ったということは確かだから

すごく自信になるね。

 

自信っていいね。

下向き加減で、一歩一歩を小さく歩いていた2人が

「やる」という意志を持ってステージにあがる。

動機はどうであれ

”コンテストに出た” ”賞をいただいた”

という現実ができる

体験は宝だ。

 

それに携われたことを誇りに思います^^

よき経験をありがとう。

 

にしても可愛いなぁ。

カラダカンカク

 

空っぽはしあわせ

空っぽになると創造力がわきあがる

空っぽはここちよい

 

 

わたしがそれを感じるときは

ヨーガをしたあとと

身体を掌握したような気分になったとき

 

 

すかっとわたしを包む色が透明になっていく

景色や吸い込む空気でさえ

きらめいて新鮮なものになる

だからあきなく続けてしまう

 

自由におどることと、

ヨーガをすること。

創造を「物」にした時その価値をお金に変換する思考

ファッション雑誌を見ていて

3万円とかそれ以上の金額の洋服たちが載っていると

「高い・・・・買えない・・・・でもとってもカワイイ」

が頭の中に広がっているのが通常だった。

 

けど

自分の丹精込めて描き上げた絵を販売するとなった時

わたしは

「5千円・・・・。いや、1万かな。
ちがう。無理無理。こんな時間をかけて気持ちを込めて描いたものをそんな値段で売れない・・・」

「じゃあ、ざくっと上げて3万?!いーや。それでもこのわたしにとっての傑作を3万だなんて!じゃあ、無限大(∞)とゆうことで88888円にしようかな?! 」

 

 

結局

「売ることができない」

がわたしの初めて自分の作品に値段をつけることになった時の答えだった。(今は違うよ)

 

そう思うと

今までファッション雑誌を見ていて(10代の頃から装苑が好きでした)

高くて手が出ない・・・

と金額だけ目にして判断していた時期があったけれど、

その作品を作り上げるまでに至ったデザインや細やかに思考されたディテール、

そして完成されるまでに縫ったりミシンかけたり補整したりetc

(わたしは専門家じゃないから他にもいっろーーーんな行程があるのだと思います)

そんなこんなな作業内容や時間や信念を持ち洋服を作っていることを考えると

わたしが一概に「高い」と思っていたその洋服たちは

本当は相応な値段だなって思う。

 

「販売する」とゆうことは

いずれ自分の身から離れていくとゆうこと

誰かの手に渡り、その人とともに生活していくことになる。

 

なんでも好きなものであれば、愛着が沸いてくる。

それが我が身から離れていくのは寂しいこと。

自分が想いをこめて作ったものは、言って見れば我が子同然。

じゃあ離れていく事にそ抵抗があったり嫌だと思うなら、

手元から話す必要なんてないし、ずっと側に置いていけばいい。

 

「お金に変換する必要があるのか?!」

究極それに行き着いてしまう。。。

これは作家さんや芸術家?さんで本気で大好きを仕事にしている人だったら頭によぎった事があるかもしれないね。

純粋の純粋に

「多くの人に手に取って現物を感じてもらいたい」があるのなら、

販売なんかせずにあげればいい。

だけど生活をしていく為にお金が必要な場面があって

だから自分の作品をお金と引き換えにする。

そうしてそれを好きな人が手に取り、わたしもお金をもらって、生活が安定したりする。

だからお金をとっていいんだ。

自分の中でOKがでていたらね。

 

それを自分が生み出した作品のお金に換算した場合の価値にしていいんだ。

それでいいんだ。

わたしもしたいことが色々とあって、

それは自給自足の生活では補えない事で

お金とゆうものが必要になるから

わたしの無我夢中になれることや好きと思えることの継続が

いい経済状態を生み

それが未来への肥やしの一部となり

豊かになっていく心とともに制作を続けていきたい。

 

その方がHAPPYだからね。

 

たまに浪費家だったり(ないのに!笑)、お金に無頓着になってしまうこともあり注意されるけれど

今回は

「値段を決める」=「私の価値をつける」

ことのわたしにとってのお金に対しての訓練だったと思う。

 

もうすぐわたしの子どもたちが出来上がってくる。

続々と。

またこちらやSNSでご報告させていただきます☆

 

中心を生きると

 

ヨーガはいつでもわたしを真ん中に戻してくれる。

今を生きることをサポートしてくれる。

ああ〜〜しあわせ!!!

どんな悩みが芽生えても、

ヨーガをする時間だけはそんなものがすっ飛んで薄れていく。

自分のどんよ〜りした世界に固着しすぎていたな

って気づかせてくれる。

 

偏っていた狭い世界の中から

パラダイムシフト

世界はわたしが創っているとゆうことに気づく。

 

気づきは風のように一瞬で過ぎ去ってしまうけど

気づきは偉大だ。

 

だからどんな日々でも

ちゃんと

「がんばったね」「よかったね」

って自分をほめてあげる。

 

だって自分の行いに悪意がなにひとつないんだもん。

わたしは

おっちょこちょいだし、テンポ早かったり遅かったり極端

けど、そんな自分に落ち込まない。

面白がってとことん楽しんでしまえ!

ってくらい余裕をもってわたしを遠くから見つめられるようになったら上等。

 

今いきる日々が心地よいです。

木々の微動もかわいいし、おひさまも温かくてしあわせ。

空だって本当に豊かなんだ。

この幸せは永遠で、それに気づけて

共有できる仲間たちと出会えた事を

永遠に祝福していきたいです。

 

 

 

 

すき

日だまりが好き

太陽が好き

月のあかりが大好き

「2人だけのヒミツ」が好き

自分の意見をしっかりと話せる女性が好き

頼りがいのある人が好き

光を浴びて心がふわぁ〜となっていく感覚が好き

両膝を立てて仰向けになって
深く息を吐いて超リラックスしている状態が好き

自家焙煎した珈琲の味が好き

畑で仰向けになって太陽の光を浴びることが好き

自分の描いた絵を眺めるのが好き

誰かが一生懸命話しているのを「うんうん」って笑って聞いているその空気が好き

自分の肌の透明感が好き

赤ちゃんが無条件に好き

赤と紫が交じったような色に光がところどころ灯っている
永遠の浮遊感を感じられるデコレーションが好き

ピアノの音が入って軽快なんだけど
時々ドラマを感じさせるような音楽が好き

前髪を切られている瞬間が極上に好き

お花を摘んで花束をつくるのが好き

誰かを想って手紙を書くのが好き

誰かの為に絵を描く事が好き

ヨーガの練習を夢中になってしている状況が好き

ヨーガを伝えている時間が大好き

マントラを平和な心で唱えられているという事実がいつでも歓び

ゴリラの出で立ちが好き

早朝の自分のマインドが好き

大好きな人と手を繋いでる瞬間がたまらなく好き

相性のいい音にであって自然と身体が動くのが好き

フォークとナイフを使って食事をするのが好き

地球儀を見て距離感を確かめるのが好き

過去の思い出が好き

自分のペースで歩いたり走ったりすることが好き

水色が多い空が好き

午後3時くらいの雰囲気が好き

カンパーニュをオリーブオイルと塩で食べることが好き

頬を樹木の幹にあてて冷たさを感じる事が好き

 

大好きな人たちと笑って過ごす時間が愛おしい

赤ん坊に触れておしゃべりしている時間が愛おしい

この身に起こる事全てが幸せのかたまり

愛おしい、尊い、

って感じるすべてのことは無条件に感じる「好き」からできてると思う

いつでも新鮮な愛おしさを感じたいから

わたしは旅をしているのかもしれない

 

好きであふれてる。

不定期なリズム

 

生理前は、

強くなったり、弱くなったりする。

重たくなったり、眠たくなったり、階段上がるのがきつかったり、

少し乱暴なじぶんになっちゃったり、

思考が⇩の方向になっちゃったり、

それらのバイオリズムは全然わかりにくく

人間のわたしは把握しづらかったりする

心地よいリズム感ではない

 

 

けど、

わたしは根源の部分に還っていける方法を知った

それはとても簡単なこと

すると、

いろんな事柄を愛しいと思えた

そんな心があることを幸せに思った

同時に

女性であることも嬉しく感じた

そんな今日だった

 

弱い!!!!

 

視力の弱いわたしは!!!!
(何かの気配とかが感じやすくて楽しいよ♡)
聴力も弱!!!!!!
(これは仕事中に障害がでるほどである。
だから必然的に自分のできること、自分にしか出来ない事が限られる♡)

 

脳力もたまーに思考の回線経路が人の半分くらいしかないのではないかと疑っちゃうくらい!!!!
(理解力に乏しいから自分にとって重要だと思うものへのセンサーが強くなり、それだけに忠実になろうとするエネルギーが働くようになった)
弱いを理解すると、その反対があることにも気づく!

弱いを理解すると、世界がとっても楽しい!!

 

弱いってゆう字は「己」+「羽」でできていると気づいた!

 

「己」に「羽」が生えてるなんて

もう浮くしかないよね!!!!!!

羽ばたくしかないよね!!!!!!♡♡♡

とことん浮いて、お空の上の上のさらにうえ〜に浮かべちゃったら

いろんな物事、現象が、小さく儚くつぶつぶの砂みたいな欠片で

ついに、わたしはわたしでなくなる・・・・

が、そのまんま物理的に体感できちゃうのだろうな

ガンジス川を渡るか否か・・・みたいな。

 

そんな感じでおやすみなさい^^

デートの約束

 

基本自由人だけど、

自分でつくるタスクはワックワク♬しかなくて

タスクとよべないって思った

そんな感じで生きていると

声をかけてもらえる仕事やその他の予定もワックワク♬なものが多くて

とてもたのしくアイディアが浮かんだり、スゥーーーっと風通りよく企画を進めることができる。

つくる予定は自分自身がいい波動をまとっているときの自然派生なので

あとから見直しても、ニコニコできるバロメーター。

すべての予定がデートの約束みたい♡

 

そこでお金をしっかりと貰っているし、

私自身がきもちよ〜く、しあわせ〜に仕事をするから

相手もいい気持ちになるのだ。

わたしもその声を直接きけるし、さらに気持ちいいと幸せ〜の相乗効果。

 

常に自分にウソのない状態でいると

ピュア&ピュアな状態だから、いやなものはイヤ。

できないものはできない。

 

だから「できることしかできない」ことを大切に生きていると

それに必要な人だけしか集まってこないのです。

デートの約束をしたようなワクワク感は

いくつになってもわたしは好き。

生きていれば、生きているほど

 

生きていれば生きているほどに

気づきや発見や歓びがあって

なーんて楽しいんだろう。

 

今は、気づきが頭の中でコトバになってゆくんだけれど

頭に並んだコトバたちは、自分の呼吸と一緒になって

ふわ〜っと向こう側へ、たんぽぽの綿毛のように

飛んでいってしまう感じ。

それがわたしにとっての「気づき」

 

だから、それをつなぎ止めるのに頭の中は精一杯で

いっぱいそれらのコトバを繰り返して忘れないようにしてる

ノートに書いてみるか

早く実行したくなる!

ただ、アイディアや気づきが山ほどわんさかで
(体中は歓びで動き出したい衝動でいーっぱい)

私の方法で形にしたがる

 

いろんなカウントダウンがあるけれど

(カウントダウンと思っている事でさえ、わたしが決定づけている枠組みなんよな〜きっと)

でもそれは窮屈ではなく、必要でいて良き次のステップへ進む為のもの。

 

自分自身は

いつでもパラダイムシフト

”わたし”に没頭できるから、

だからもう目の前のことに夢中になるしかないんよ

ははは〜〜〜

こんな生き方を決めたのもわたし。

今いる場所を今月で去ると決めたのもわたし。

明日が最高の日になると決めるのもわたし。

誰を愛して誰とともに時間を過ごし何者になるのか

全て”わたし”が決めていいのです

 

 

わたしは、わたしを心から愛してるよ♡♡♡

 

∞空港から愛を込めて∞