振り返ることなく進んでもう8月

 

です。

 

7月はパフォーマーとして、
ヨーガインストラクターとして、
アートモデルとして、
ダンサーとして、

息をした時間がたくさんあった。
生きてる実感がいっぱいあった。

 

その中でわたしというものは色んな表情をする。
きっとヨーガの時にでる笑顔と
パフォーマーの時にでる笑顔は
全然ちがうように思う。

 

悔しすぎて泣いたときもあった。
不甲斐なさで暗い表情にもなった。

 

ただでさえでかい目を
これでもかというくらい見開いて
わざと鬼神のような顔をしてみたときもあった。

 

さまざまなわたしの職業は
わたしというものを色んな形へと変容させ
より柔軟に素敵な可能性を引き出してくれる。

 

そんな風にさせてくれる周りにいるみんな、
いつもわたしを面白がってくれる人たち、
サポートしてくれる人たち、
新しく顔を合わし出会えた人たち、

そして、

感動を与えてくれた景色、
感動を感じさせてくれるわたしの身体、
感動の場面をクリエイトしてくれた人、

いつでも感謝している。

 

今月はどんな自分をクリエイトしていけるかな。

 

新月前夜

ジャッジしない

感情をホールドしない

すべてよし

目指さない

過去と未来にエネルギーを使わない

いまここで爆発する

中毒症状のように

 

中毒症状のように、

わたしは今踊りをしたくてたまらない。

このカラダで表現をしたくって、たまらない。

自己満足で外に飛び出してただやる。のではなく、

誰かが側にいて、その人も表現をしている。

誰かというのは人に限ったことじゃない。

山だって同調してくれるし、川も呼吸する。

相互作用でどんどん広がっていく宇宙の輪っかみたいなのが

常に膨大していく感じ。

 

気が変わりやすい性質だから

この気持ちはこの気持ちで明日は分からない。

でも大切にしたい、大事な気持ち。

 

本音

 

わたし人のマネをするのが苦手。

カウントや音に合わせて同じ向きに手を出し、ポーズをとり、振りをしっかりと緻密に揃えたりするの、超苦手。

小さい頃したダンスと言えば全部そうやった。

そしてダンスというものは、年を重ねるごとにクオリティを要される場面が増え、さらに振りは緻密になり、多人数でやるものにいたっては同じ角度に身体を揃えたり、同じタイミングで動きをきめたり、視点が厳しくなってくる。

それらを乗り越え覚えられれば、後に楽しさ、やり甲斐、達成感で溢れるのだろうけど、

それになるまでの作業は、わたしはあんまり好きじゃない。

だって「時間」を迫られるから。

「この時間までに覚えましょう」があると、急いで覚えなきゃと焦ってしまう。

さらにそれらを多数で行うとなると、緊張感が増し、どうやらそうゆう空気が苦手のようだ。

 

 

一方で、ダンスはわたしを自由にしてくれた。

28才で本格的におどりに関わる環境に身を入れてみた。

いつもヨーガでゆるめていたわたしの身体が、その時ばかりは日々「ダンサー」として実践の吸収と排出を繰り返す。

それを続けたら生理が止まり、歯も抜けて、虫歯11本になり、体重減少であばら骨は出てくるし、すんごく可哀想な状態になった。

だけれど、そこで舞踏にも出会ったし、憧れだったコンテンポラリーダンスもすることができた。

ここで体感したすべての出来事は今のわたしに確実に繋がっている。

 

 

ライバルとか、いない。

こうなれたらいいなぁ、も特にない。

なぜなら踊ることはわたしにとって排出作業だから、

わたしのカラダから出たものを変えることも、磨くことも、必要がない。

そのまんま。

あえて言うなら、それ以前の問題だ。

自分がどうゆう気持ちで日々暮らしているかとか、どんなことで感動しているかとか、

そんなのが、排出作業のとき=踊り 全部でるのだと思ってる。

ユーモアとロマンと孤独大事。

 

こんな感じでしているわたしの動きや観念。

もしそれをおどりと呼んでもOKならば、

わたしは踊りが大好きで、切っても離せない存在なのだと思う。

そしてわたしはとても快適でわたしらしいと思えるわたしのダンスと出会えてすごく幸せ。

ダンスは、「わたしはわたしでいい」ってことを教えてくれた。

わたしはわたしでいたいから、これからも踊りをしていくんだと思う。

誰かへのごめんなさいとか、
誰かへの祈りとか、
好きな人への告白とか、
悲しい想いの浄化とか、
なんだか分からないことを明確にすることとか、
届けたい想いとか、
心からありがとうっていう気持ちとか、
どうにもならないけどどうにかしたいこととか、
不条理に感じた出来事への気持ちの行き場とか、

そうゆうのが、ぜんぶまるごとわたしの踊りなんだと思います。

 

 

 

We love you

『私は育てられてきた、私たちはみな、それぞれの兄弟姉妹だと考えろと。

人種や、信条や、肌の色に関わらず。

ウィー・アー・オール・ムスリム。

私たちはみんなイスラム教徒だ。

私たちがみんなメキシコ人で、カトリックでユダヤ人で白人で黒人で、

あるいはその間のいろんな色なのと同じように。

私たちはみんな神(あるいは自然、または何でもあなたの信じるもの)の子で、

人類の家族の1人である。』

今年インドネシアに滞在していて多くのムスリム教徒と出会った。
その中で与えてもらったものは数多く、人を疑えない私が疑いをもってしまうほど親切心と寛大さで溢れていた。それは今も継続している。
色んなことに対して(食事、送迎、その他気遣い)受け止めきれない程惜しみなく愛を与えてくれた彼らに、
『なぜあなたたちはそんなに親切にしてくれるの?私はとても感動している。』
と尋ねたら、
『ゆき、私たちは皆仲間だ。そしてその前は兄弟だった。私たちは家族だよ。』
当時滞在していた村の界隈でアートディレクターしていたトムがそう答えた。
会って数十分おしゃべりしただけやったけど、彼は私にそう告げた。
彼は翌日に私の夢を叶えてくれたのだが(村中の壁に広がるグラフィティの管理をしていて、私にそのスペースを提供してくれた。脚立やその他備品も村のホームステイに借りにいってくれたり、前に描いた人の古くなったグラフィティを消すのを手伝ってくれたり、暑さに困らないように気遣ってくれたり、それはもう本当に親切にしてもらいました。)
この懐深い優しさは、宗教信仰の要素が強いからなのか、彼のパーソナルな部分でそのような対応をしてくれているのか最初はどっちなんだろうって気になっていたけど、
旅して数カ月経った今は、もうそんなことどうでもよくって。
私はただ、彼の伝えてくれた
『ゆき、私たちは皆仲間だ。そしてその前は兄弟だった。私たちは家族だよ。』
この言葉に感動して、深く彼らを尊敬した。
もうその事実だけでじゅうぶんじゃないか。と感じてる。

今のわたしには、日本に心おける、あったかい場所がある。

血が繋がっていないけれど、家族だ。

今わたしは、その家族とひとつ屋根の下に住んでる。

一緒にごはんを食べて、家事をして、笑い合ってる。

悩みは相談して、それぞれが好きな物づくりをして、生きてる。

今日は辛いことがあって、それはもうグシャグシャになってってゆうそんな状態だったんだけれど、その出来事をわたしのヘタクソな言葉で伝えたら
「We love you」
って返ってきたそのメールで、もう全ては完璧で大安心の中にいることに気づけた。

それだけで十分だった。

もうじゅんぶん。

 

過ごした時間の長さじゃない。

やっぱり深さだと思ってる。

田んぼは命!6月のおつかれさま

 

6月に裸足で笑って腰まげてやった田植え。

実は今年の田植えは、今まで行った中で一番関われた!

よかった!ありがとう!

だって今までのわたしは「田植え」「稲刈り」この2つしかしたことがなかったから。

なんていいとこ取りをしていたのだろう!!

全行程とまではいかなかったけれど、今年は苗とりとか他の作業もやらせてもらえたから、難しい場面に直面したり、初体験の作業をとても新鮮に感じたり、多くの学びがあった。

こんな風に暮らしていると、生きることへの知恵が生まれる!

生きてる実感を存分に味わえる。

腰を落として、裸足で大地に溶け込んでる。

本当に人生を学ぶ。

だって目の前には自然にまっすぐの命が生きてるから、直にそれを体感できる。

素晴らしい環境で生きてる。

この時期関わってくれた人と自然と環境に心から感謝申し上げます。

 ri

おさんぽ

 

家の周辺には4つくらいのおさんぽコースがある。

田んぼの畦道を多く通れるところや、ながーいトンネルを抜けて高い壁の内側をテンポよく歩けるところ、少し踏ん張りが必要だけど自然生い茂りのところなど色々。

今日は山の方にあがって、森を駆け巡り、丘を越えて、湖畔を眺めてきました。

のぼる最中にはたくさんの木と野草。

途中で「これは染料になるかな〜。トゲトゲしていると色が入りづらいんだよね〜」なんてお話をしながら、午後の自然とのひととき。

ゆったりゆったり歩きます。

途中で見つけたアップルミントが可愛かった。

 

いいかおり。

山が高くて、森林がしげっていて、やわらかく揺れる草木があって、

時にはダニがでたり、動物が飛び出てきたり、大変なこともあるけれど

今日も一日豊かだなあ、って思いました。

 

おわり。

直感を残す・掴む・感じる

 

気づきは一瞬で、
風のようにヒュンっと過ぎ去っていきます。

その瞬間は、
深く感心したり、ひらめきにワクワクしたりする。

でもそれらを何かに残したりしないと、

俊足でサヨウナラ〜

 

私たちの所持しているこの脳みそとゆうものは
溢れんばかりの情報に知らず知らず支配されてしまっていること多数の為
いくら頭で覚えておこう〜とその時は思っていても、
新規と上書き保存の繰り返しでずんずんの満員電車と通勤ラッシュ状態。

(※本当に自分に呼応していることは後にまた追い風にのってひっついてくるだろうけれど!)

 

でもわたしのカラダの願望は、
少しでも「シンプルで風通しよくいたい」
これが本音。

だからわたしはヨーガでそれらを調整しているのだと思う。

 

「思い立ったら吉日」とか「善は急げ」と言うけれど、
本当に一瞬一瞬のトキメキやひらめきって
本人がおもっている以上に、ピュアで素敵で素敵で智慧に満ちている。

 

わたしはよく「マインドフルネス」って言葉をつかう。
けれど自分が常に実践できているのかと問われたら、きっと答えはNO

それでも上記で言ったトキメキやひらめき、
それに気づいてあげて、さらに大事にできたら

 

世界はPEACE

=わたし自身

になるんだね。

 

実感の実感の実感

最近続くヨーガレッスンは、全てアウトドア。

日常にあるヨガレッスン。

その場の空気をつかんで、身体いっぱいに詰め込んで、わたしの声とともに

空間をひろげていく。

空気と空気をつないで、身体の豊かさを取り戻し、意識を高めていく。

そこに存在する肉体たちは、

全てを明け渡し、安心して、そこにいることでもう満ちていることを実感する。

 

私という大いなる存在=Dhamma

マントラとともに

祈る。

祈る。

祈る。

 

 

日常にあるヨーガ。

ひとりで行う時間も、だいすきな人たちと行う時間も、

確実に命をまっとうして生きてる。

そんな感動の日々が

尊く美しくてたまらない。

私の視界は万華鏡のように愉快で魅力的だ。

 

田んぼフェス

八方美米さん主催の田んぼフェスが姫路の井上茶寮でありました。

わたしは出店参加のSeanCurryのお手伝いで参戦。

行きの車内でかかるEBISBEATSとスチャダラパーのトラックにのせてなぜかオリジナルラップで盛り上がりながら会場へ向かうわたしたち。

フェスって色んな形があると思うけれど、主催者の理念が主軸になり、それをどんな表現で伝えていくかで独自の色味がでてくるように思う。(田んぼフェスははお座敷ラップ、DJ、出店、トーク、書道、ライブペイント等)

そして自然と同じ波動を持った人たちが、県や国を越えてそこに集結する。

田んぼフェスはとてもカッコよくて健全なフェスやった!

 

あと、トークでは種子法についてや商いについてお話されていました。

特に種子法について話題に出るとわたしはいつも涙ぐんでしまうのだけれど、

現状にただ悲しむだけではなく、

「じゃあどうしたらいい?」を考えて、

「わたしはこうしていこう」と実行する。

行動こそ全て。

すごく学びがあったよ。

 

どうもありがとう。

(ライブ書道とショーンカリーの南アジアプレートと桃ちゃんとラモスさんとわたし)