ユライ〜いのちのしま

 

何年も前から聴き倒してる・・・

わたしの大好きな音・スピリット。

全身に伝わってくるYuraiのスピリット。

震える・尊いと思う・愛を唄う

 

色あせない神秘性。

また最近聞き惚れています。

 

ゲストハウス暁屋オープン

 

親友サンタ君が山口県萩にゲストハウスオープンしました!

【古民家ゲストハウス 暁屋(あかつきや)】

写真をいくつかもらったんだけど

どれもこれもいい景色でみとれちゃう・・・

ゲストハウスも築年数がかなり長くて、内装外観ともにとても風情があり落ち着く・・・

GWは忙しくなりそやけど、ぜひご予約してみてください!!

「ゆきちゃんのお友達です」って言ったらいいことあるかも♡笑

わたしはお祝いで看板を描きました!!!

 

以下長文になりますがサンタさんとの思い出を・・・(笑)

 

わたしは25才のとき生まれて初めてヒッチハイクをしました。(伊勢〜熊本)
その途中で降り立ったのが姫路でした。
それから数年後姫路に住む流れになるのですが
その姫路で出逢った友人5人目くらいがサンタさんです。
当時のわたしは日々ヨガの仕事をしながらも、一方で同じくらい畑作業に力を入れていました。没頭してた。
車で40分くらいの少し遠いところに畑をお借りしていたのですが
仕事終わりに作業しにいったり、休みの日は早朝から行ったり、
時間があれば畑!畑!!畑!!!
太陽満天のもと、大自然の中育ってくれる野菜たちがどれも可愛くてたまらなかった。
またただひたすらに続けてる中で人生を学べる場でもあった。
生命力溢れるその場所で、土のにおいや作物が育つ過程を実感できるのは本当に有難いこと。


その土地を貸してくれたおじさんと2人の時もあれば、一人でやることも多かった畑作業。
時より姫路でできた友人たちが手伝ってくれたりして
本当に幸せで楽しい時間だった!
その畑には思い出がいっぱい。
そこに一番顔を出してくれてたのがサンタさん。
のりのりで行きの車でJPOPかけて熱唱しながら向かう車内は最高!
畑では果樹もしていたので、木登りして遊んだり、
土の上では瞑想しまくったり、畑作業以外にも思い出いっぱい。

一度の興味本位で畑に来てくれる人もいれば
サンタさんは姫路から実家の岐阜に引っ越した後でも畑をしていたみたいだから
きっと性に合っていたんだな〜と思う。
とにもかくにも自然が大好きな彼!

  

 

そんな彼がさらに自然多き山口県の萩という地域ではじめたゲストハウス暁屋!

のーんびり優しいサンタさんの人間味が溢れ出てる素敵な宿なんやろな〜と思っています^^

わたしも帰国したら行く予定!!!


https://www.booking.com/hotel/jp/akatsukiya.ja.html

 

素敵な景色とともに上記にリンク貼っておきます!

ぜひぜひ寛ぎにいってらっしゃいませ^^

一生

 

一生自分を探ってる

一生かけて生きることや世界中のことを

身体のすみずみやまだ知り得ない奥の奥の方とか

探れていない事のほうが無限にあるけれど

それはこれからとこれまでの経験によって

深まりをましていく。

 

自己の探究により

自分が思っている以上に大いなるものだと気づいて

その意識ごと

還元していける細胞になりたい

 

HENNA

 

4月上旬に滞在してたみつやまの里でのヘナ染め。

みつやまの里の夫婦は月1ペースで出張ヘナしてもらっているらしく

それに便乗して私もヘナ!!

一部ドレッド気味になってる根本ゴワゴワのわたしの髪の毛にはベストタイミング。

なぜドレッド気味なのかというと

1年前インドネシアのラスタマンに付けてもらったエクステがまだ健在だから。

ボンドも使っていなく、編むのみで付けてもらったんだけど

1年以上経っても取れずしぶとく私の髪にへばりついているエクステ。

ラスタマンのパワーすごな!!

最高!!!!

 

 

普段はシャンプーやコンディショナー使わず

アレッポの石けんで髪を洗浄しているので

たった一度のヘナで髪がサラサラのツヤツヤ!!!

 

ヘナ100%に加えてハーブも配合されているというもんだからウハウハで塗布してもらいました。

純粋なヘナは白髪やカラー染めした箇所がオレンジ色になるけれど

使用した木木と(mokumokuto)のカラーは7種類のハーブの力で

いくつかカラーリングができるのです。

 

使用したヘナのリンクを貼っておきます^^

「mokumokuto」のこだわり

私はやっぱりロングヘアが好きやな〜

現在尾てい骨あたりまで髪があるけれど

ある程度の長さで伸びが滞る事が判明。

できるなら床につくぐらいまで伸びてみたいな。

 

オイリュトミー

 

身体感覚の細やかな実感や捉え方の再発見。

それができることで

この地球の状態に気づき

自身の身体感覚を満ち満ちみなぎらせることができる。

 

新たな感覚をつかむ

というよりは

本当の「わたし」というものを思い出す

この言葉の方が相応しいかもしれない。

 

今日は初めてオイリュトミーの練習会に参加した。

もう7年くらい前に耳にしてた言葉だったけど

流れに流れて今日初めて体験したオイリュトミー。

 

 

 

そしてオイリュトミーを深めていく事で

世界捉え直し作業がはじまる。

すると自分がはまっていた型や思い込みに気づき

もっと自由に、なりたいように生きていけることを自覚する。

本来の役目にも気づいて

その道を全うしていくキッカケとなる。

 

すきまをいっぱいにして

風通し良く生きていこう。

改めてそう感じた1日でした。

 

言葉の美しさや身体の尊さ

ああ〜すんごい感覚に触れられたよ〜

すごーいなあ

やさしくなれるし、視野が広がるよ〜

生きた呼吸をいっぱいに

この世界で続けていきます。

大都会で生きてるよ

 

帰郷しました!

 

中央線〜京王線、乗り継ぎ間の

新宿駅構内の人類もりもりな感じ。

みなが生き急ぐゴチャゴチャした雑踏感。

見る度に新しくなるピカピカ光る看板たち。

逆にテナント募集になってしまったお店とか・・

 

あ〜〜〜〜懐かしい。

全部が懐かしいです。

 

往復4時間かけて通学してた道のり

高校と大学合わせた計7年間通っていたなんて

本当に今じゃ考えられません。

でもたしかに私はここで青春時代を過ごした。

 

 

急いでる中で人とぶつかれば「チッ・・」と舌打ちしてた時もある(笑)

始発電車の席取り争いは当たり前

渋谷から帰る時の潰されながら乗るぎゅうぎゅうの電車内(足は地についてないよ。骨盤が挟まれて浮いてる状態。)

痴漢にもあいましたし(高校はセーラー服)

痴漢を追放もしました(自分やるなっって今でも思う)

 

私は今関東にいます。

 

ほんの数カ月

ここで暮らします。

 

偉人だけでなく誰しも人生に歴史あり

 

ふと、2011年3月11日のことを思い出した。

もう8年も前のことになるんだね。

 

 

あの時から

自分自身に対してや

今ある地球のことについて

その頃の経験とともに

意識が確実に変わっていたよ。

 

 

肌に触れるものや

体内に取り入れるもの

自分が過ごす環境

呼吸をつづける場所

 

 

全部わたしが選択できることを知ったよ

わたしが決めていい とゆうことに気づけたよ

 

 

初めて運ばれた救急車の中

初めて目の当たりにした流血事件

初めての村大騒動夜逃げ

 

(笑)

 

自分にとって印象強い出来事は

何年、何十年経っても鮮明に覚えている。

今は(笑)にできるけど

当時は全てに必死で真剣で戸惑って

それはそれはもう1日1日がドラマのような出来事が起こり続けていました。

 

 

 

それがあったからこそ

今のわたしがいて

意思を持っているわたしが存在している。

 

 

何にでも寛容できる私がいる

生きている事にめいいっぱい喜びを感じられるわたしがいる

死を日々意識している私もいる

 

 

日日を過ごす事が

本当にかけがえのない瞬間だと実感できる

人との出逢いに心から祝福できる

目の前にいる人に愛をそそげる

 

 

今の自分が大好きです。

痛みも悲しみも安らかにわたしにこびりついていて

その全てが誇りに思える

 

 

愛するってとってもたのしいよ。

美しさも儚さも

2/15にひとめぼれして買ったカーネーション

1ヶ月以上経った今でも私の部屋の片隅で美しく咲き乱れている

 

お花屋のお姉さんに

「どれくらい持ちますかねえ?」と尋ねたら

「3〜4日がピークですね。」と返答があった。

 

 

途中でEM菌のお水を少し加えたからかな〜

とか色々予測していたけれど

その答えは自分の中でハッキリしてきて

そのカーネーションがとっても可愛くて美しすぎて

時には「可愛いねえ〜キレイだねえ〜」

なんて声をかけていたり

花びらをやさしく撫でたりしていたこともあった。

つまり

私は彼女(カーネーション)に一目惚れしてお家に持ち帰り

日々愛でた(笑)

 

人も「素敵だね」「キレイだね」

なんて声をかけられたらイヤな気持ちはしないし

自身を意識すると思う

人によっては、さらにキラキラと自信を持てるようになったり・・・

その現象と同じ。

 

 

そんなカーネーションは今日もすごくあらわな状態で開花していて

とっても美しい。

先の方が少しだけ茶色になりはじめたのに気づいたけれど

この枯れてゆく様さえも

儚くて憂いをおびているようで

美しさを感じずにはいられない。

 

 

人は老いることに抵抗を感じて

時間を経て老いることへ恐怖や

その為、アンチエイジングなんて言葉が流行っていたりするけれど

アンチまでしなくてもいいんじゃないかなって感じてる。

 

 

それぞれ積み重ねた分の経験やその厚みや深さは

顔相や身体、言語や行動となって

全て表れてるのだと思っています。

 

 

自覚の意味

 

自覚

自信

自由

 

 

今年初めにふと降りてきた言葉たち。

 

 

お母さんの産道を通って

私たちがこの世に誕生した瞬間に

「わたし」と世界が隔たりを認識してしまった

 

 

たったひとつだった「わたし」は

他人やその他の物質的な物と区別が生まれ

この社会で当たり前に行われてる分別や区別により

優劣などの比較が生まれ

苦しみや困難というものが始まった

 

 

すると

必要以上に無理をしたり

権利を競う争いがはじまったり

様々な場面で無茶をするようになり

自滅という七転八倒の心身。

他人にさえも嫉妬妬み劣等感争奪欲を覚える事も然り。

 

 

そんなこと

誰がのぞんだ世界だろう?

本当に

今の状態を生きたいの?

 

 

そんなとき

本来の「わたし」を思い出すんだ

そうすることで体験する世界は

充実感あふれ

生きた心地で充満する

ピュアで素直に鼓動する世界は

完全なものだと認知できる

 

 

 

ふてくされないで

社会やメディアのよしとしている常識にとらわれないで

自分の目で判断していこう。

隣りや会社や家族や上司や偉人の言葉じゃない

私の感じたものを

私の言葉で紡いで

表現していこう

 

 

 

そんな時代へ変化してきていると感じてる

 

 

自覚って言葉を検索したら

やはり!

いいことが書いてあった。

 

 

 

あせらないで

背伸びしないで

思い出す作業を

とことんしていったらいい

手段はとことん素直に

ひらいて ひらいて

たっぷり呼吸を感じて

生きること。

 

わたしはひとつなのだから。

認識

 

出逢いと別れの中で

物体がないことでのもの悲しさを感じる事もある

けれど

”存在してる”

という事実が

悲しみの後に大きな喜びに変わるのを知ってる

 

 

それらは

”わたし”という大いなる尊い存在を認識していくうちに

ひしひしと実感できる

 

 

目まぐるしく出逢いがあって

目まぐるしく別れとゆうものもある

見えるようで見えない空気の中に

かけがえのないものが微動してる

 

 

 

この週末はそれらをいっぱいキャッチした