美しさも儚さも

2/15にひとめぼれして買ったカーネーション

1ヶ月以上経った今でも私の部屋の片隅で美しく咲き乱れている

 

お花屋のお姉さんに

「どれくらい持ちますかねえ?」と尋ねたら

「3〜4日がピークですね。」と返答があった。

 

 

途中でEM菌のお水を少し加えたからかな〜

とか色々予測していたけれど

その答えは自分の中でハッキリしてきて

そのカーネーションがとっても可愛くて美しすぎて

時には「可愛いねえ〜キレイだねえ〜」

なんて声をかけていたり

花びらをやさしく撫でたりしていたこともあった。

つまり

私は彼女(カーネーション)に一目惚れしてお家に持ち帰り

日々愛でた(笑)

 

人も「素敵だね」「キレイだね」

なんて声をかけられたらイヤな気持ちはしないし

自身を意識すると思う

人によっては、さらにキラキラと自信を持てるようになったり・・・

その現象と同じ。

 

 

そんなカーネーションは今日もすごくあらわな状態で開花していて

とっても美しい。

先の方が少しだけ茶色になりはじめたのに気づいたけれど

この枯れてゆく様さえも

儚くて憂いをおびているようで

美しさを感じずにはいられない。

 

 

人は老いることに抵抗を感じて

時間を経て老いることへ恐怖や

その為、アンチエイジングなんて言葉が流行っていたりするけれど

アンチまでしなくてもいいんじゃないかなって感じてる。

 

 

それぞれ積み重ねた分の経験やその厚みや深さは

顔相や身体、言語や行動となって

全て表れてるのだと思っています。

 

 

裕福者

やっぱり

どれだけ目の前の事象に真剣に取り組めるかどうかだよなあ

力を抜いて余裕感をもてるからこそ

スムーズに運ばれていく良き流れもあるけれど

 

夢中になれるものに

愛と情熱を注いで取り組むこと

これってお金になるならないとか

そんなの関係なく

すんごい心に貯まってく財産だと思う

 

 

最近は以前に増して

ヨガレッスン後やダンスのクリエーション後の

心と体ぜんぶが至福でたっぷり満たされているのを感じます。

大げさかもしれないけど、

心底「生きててよかったぁ〜〜〜!!!!」

って感じます。

もうこれって究極の幸せで

極楽極楽様様です。

言うことはありません。

身体を存分に使って、さらに感じられる生き物に生まれてこれてよかったです。

そこで出会った人や、物や、空気、

そして自分とゆう一番身近な生き物

すべてが宝物です。

自分だけじゃこの財産は抱えきれない程なので

これからどんどんその至福を放出していきたいと思います。

のでよろしくお願いします^^

 


(そんなhappyをさらに引き立ててくれるNORIKOさんのご衣装でお別れ!)

極楽と幸せ

 

わたしにとって極楽と幸せは

めっちゃ身近にある。

だからどこか遠くにいかなくても(っていいつつ全国津々浦々生活やけど)

高価なものを買わなくても

エステやサロン通いしなくても

 

常に極楽と幸せをここ(全身)で

毎瞬かんじられる

感じやすいのかも。

それが感じられたら

もう完了しちゃって

満たされ感はんぱなくって

他になんにも必要なくなる。

「今」

「今」

「今」

に集中することで本当にそうなるんだ。

 

有難いことに

些細なことでも存分に至福感を感じられる性質で

心が最高に満たされる瞬間が日々の中に多々ある。

 
この間友人と収入の話になり

「それだけで生活していけるの?」

とわたしの生活状況について質問をうけた。

 

「うん。できてる!しかもめっちゃ心地よく!」

 

って答えた。

 

才能感じる

感服の毎日です。

 

図書館にいく度に

いーっぱいの何万もの本で溢れていて

その様を見ながら

「才能の宝庫やな〜〜〜すごいなあ〜〜〜」

っていつも思う。

「書く」とゆう才能に恵まれた人たちの傑作集図書館。

 

最近通うようになった絵画の展覧会

観賞する度に

「うわぁあ〜〜〜なんあじゃこりゃ〜!才能よりどりみどり、すんごいなああ人間!!!!」

って感じる。

「描く」とゆう才能と使命を全うしている若者たちの作品溢れた展示会。

 

 

「描く」

「書く」

「作る」

どれも素晴らしい人間の織りなす芸術で

どれを人生で全うするかは人それぞれ。

素質に合ったものを自然と行っているのだと思うけれど

一部の地域でこんなに感動を与えてもらえるんだから

これが世界中のアートを生で見れる!ことになったのなら

もう今の状況からは想像を絶するほどの感動体験をすることになるんだろうなぁ。

とふと感じます。

 

アートに限らず

珈琲いれるのがめちゃめちゃ上手い

映画の批評が的確で好評がある

お部屋の片付けや収納の事ならパーフェクトよ!

瞑想なら何十時間も座禅を組めます

料理が大得意で和洋折衷なんでもいけるの!

 

とかとか

人にはそれぞれに特技とかあると思う。

 

それらが明確で

表現できたり継続できること

すごいなああ〜って心底思います。

 

私は芸大に通っていたけれど

美術学科に通っていたらどんなことが学べていたのだろう

どんな技術を身に付けて自分のスタイルにしていたんだろう

なんて感じるこの頃。

きっと今は「描く」ってゆうことに興味津々だからやね。

 

とにもかくにも在るだけで素晴らしい芸術品の人間とゆう生き物。

この命あるうちに

そんな人たちが生み出した素敵な作品にもっと触れてみたいな。

 

心をのぞく

 

今日は朝ダンスの練習をした天神山文化プラザで

第12回 岡山県新進美術家育成「I氏賞」選考作品展とゆうのがあったので

帰りに観賞してきました。

展示会なんていくのが何年ぶりだろうとゆうくらい直接アートに触れていないわたし・・・

記憶に残ってるのが17才の時に行ったイギリスのルーブル美術館だよ・・・

記憶が抜けすぎてるのもありそうやけど

 

 

感想は、

すてき。

作家の意思がすてき!

作品もすてき!!!

 

 

 

そして気づいたんだけど

映画や絵画や音楽などを観賞などして

そこで感じた微細な感覚を言葉にする作業

これが好きだとゆうことに気づいた

好きとゆうか得意?とゆうのかな・・・(上手下手は別として)

今日も観賞しながら言葉や想いがあふれてきて

配布されたアンケート用紙に

ひたすら感じた事をズラズラとつづっていた(裏面までビッシリと。笑)

 

心を動かす作品たち

心が見える作品たち

とても素晴らしい感受性をお持ちなんだろうな〜

と作家さんへの敬意が芽生えました。

 

 

わたしも

今までの自分の生きてきて感じたことたち

どういった形かで表す事ができたらいいな。

 

どんな手段になるだろう。

絵かな、インスタレーションかな、踊りかな、音楽かな・・・・

まだ分からないけれど

そういう意欲が沸いてる時って私の中では奇跡だと思うから

ワクワク沸き上がらせたいです

 

 

いい日だったー

明日もたのしみ♡

苦手なことを捨てた

 

苦手なこと

全部やーーーーめたっ!!!!!!

 

症状がはっきりと出ているのに

この世に飛び出してから

「忍耐」や「我慢」

なんてものを覚えてしまったから

脳みそと身体が超鈍感になっていました。

 

元々鈍感人間だっていうのに

それを年十年も泣きながら苦しみながら続けていた

 

避けたら

逃げたら

捨てたら

それだけなのに。

 

本当に悩んでいたなぁ

苦しんでいたなぁ

苦しんで悩んでこそ意味がある!

なんて言葉も耳にした時期もあったけれど

そんな時間はもったいなかったなぁ

超もったいなかったです。

と感じます。

 

 

気づかないものです。

今はすっからからんと

風通しが良いです(よすぎて寒い!!)

 

 

おやすみなさい☆

岡山の人

 

●好きな事に明確で貪欲
●意見をしっかり相手に伝えられる
●親切心が備わっている
●人助け精神(心の面で)がある
●やわらかい雰囲気を纏っている
●きつくない人当たり、言葉、でも芯がある
上記を話す機会になると
「え〜〜そうでもないよ〜〜〜」
 が返ってくる率100%やけど
もちろんいっろーんな人がいるし
それぞれが様々な環境で育ってきてる
のは重々承知。
これらは自分が関わってきた人たちでの印象にすぎない。
わたしは幸運かも
そんな人ばかりに出会っている。
岡山県人バンザイ!

言葉のリアル

 

体験したモノコトがすべて

体験したから共感することができて

体験したから伝える事項がリアルになる

 

 

知識だけの伝達の言葉はやはり重みやリアリティにかける

体験をした身体で起きた事を言葉にすると

少しつまずいた口調だとしても

とてもリアルで

相手も同じような状況を経験しているとなおさら

深く共感し合える。

理解へと繋がる。

 

 

言葉にすることは

自分自身への確信にもなるし、

意識を明確にさせる手段。

いろいろな気づきをくれる。

 

人に伝えるでも、文章をかくでも、どちらでもいい。と思う。

アウトプットはとてもたのしい。

 

 

 

気づきは風のようにフワッとその場を去ってしまうけれど

その気づきこそ、とても素敵な感覚で

「今」の自分を象徴するものだと感じる。

そうゆう瞬間が日々の中で多々あって

なんだか「感じる」ことと「それを変換する」ことが同時にできると

すごーくポジティブな記録をしているようで

とても楽しい。

 

もっと言葉で表現できるようになりたい。

 

 

感じるだけのかけがえのないもの

 

こんな寒い冬の日々でも

こもれびに助けられ

こもれびに顔と心を温められ

こもれびに感動し

 

ああ。。。幸せ。生きててよかった。。。
この幸せ逃したくない。離れないで。今よ続け!!永遠に。。。。!!!!

 

とヨガマットの上でゴロンとしながら感じる

 

 

感動して涙さえ流れる(どれだけ幸せ感度が低いんだっっ!!)

 

 

もし生まれ変わるとしたら

人体研究家か太陽研究家になりたい・・・

 

 

最近光が愛おしい

なぜかクリスマスから新たに始めたチャクラワークでも

木のイメージを持ちながらする瞑想があり、

その際、わたしから生える枝の周りには

葉っぱではなくたくさんの光が灯っていた。

「光」は今年のキーワードなのかもしれない。

 

 

まつげにかかる日の光があたたかくて

わたしの視界を幻想的に潤わせてくれる・・・

全身をまんべんなく幸せで満たしてくれる瞬間

 

 

こもれびの密かな幸せを味わえる人と一緒になりたい・・・・

 

 

「全部する」の覚悟

 

2018年は、

今までのヨーガティーチャーをはじめ

 

ダンサーになり、

司会者になり、

絵描きになり、

シンガーにもなり、

モデルにもなれました。

 

 

普通だったら懸念しそうな

「やりたいって思うこと、ぜんぶする」

ってゆうわたしの欲望に覚悟をしたら、

ぜんぶが叶った年でした。

 

同時に当初は「やりたいって思うこと、ぜんぶする」

はわたしのコンプレックスでもありました。

 

いろんなことに興味がある

は、

ひとつのことに特化していない

 

散乱していて、どれも中途半端

と勝手に自分の状態に×を付けていた。

 

 

当時にわたしには、「これ」とひとつに絞れて仕事をしていない状況に、

どこかコンプレックスをもっていたように思います。

ちなみに「覚悟」というのをもう少し噛み砕くと

「やりたい」という本当の気持ちに気づき、

まずはその気持ちを

「うんうん。そうか、そんな気持ちがあったんだね。いいじゃんいいじゃん。」

と自分で自分の話を聞いて上げるところからでした。

 

 

「モデルになりたい」

だなんて、その前に自分のカラダのマイナスポイントを次々あげて

「今できていない」理由にしてしまう方多数やと思います

でも、わたしはしたかったんです。

だからその気持ちを明らかにして、素直に向き合いました。

 

 

そうしたら

ファッションショーのモデルのお誘いがきたり

アートモデルとしての仕事も舞い込んできました

その2つとも、すんごーーーーーーーーーーーーーーーーーい楽しかった!!!

最高だった!!!!!!

 

 

覚悟。

そんな難しいことじゃないと思います。

心地よい場所で深呼吸して

穏やかな気持ちで「自分」と向き合うんです。

それにNOを出さないこと

ただ

「おお〜」

これを続けていくと

じぶんの本当の気持ちを探つてく作業もどんどん面白くなってくる

 

え〜こんな想いがあったの〜?!

え〜実はこれが好きだったの〜?!

え〜自分で自分の心せまくしてるやーん!!

・・・・・・

いやぁ〜〜〜しあわせしあわせ〜〜〜💝

 

 

っていろんなことが。

すると、それらの感情は最終的には感謝とゆうものに変わるんだけれど

見つめるっておもしろい

寄り添うってすごい安心感

 

2019年の状況の加速を感じています。

意思を明確に、大切に過ごそう。