床を磨く少年から学ぶこと

 

今わたしが住んでいるアパートは家族経営なんだけど

毎朝早朝から従業員のひとたちがやってきて

掃除やら洗濯やらいろいろと作業する。

オートロックの家だけど、警備もしてくれていて、

私は帰宅が遅く夜22時過ぎ頃帰っても

いつもアパート入り口の椅子に青年が腰掛けていて

多分朝までそこにいてる。

(よく居眠りしてるけど)

(最初は若すぎて遊び疲れた住人かと思ったけど)

 

お掃除は基本パートのおばさんがやってきて全てのフロアしている。

その中で時々若い男の子が掃除をしてるときもあって

つい先日気づいたんだけれど

彼は4階まである全てのフロアを

バケツと雑巾のみで手で拭いていた。

 

 

こうゆうのとか

こうゆうの!!!!!

 

全く使っていない!!!!!

 

もちろんタイには掃除用具が日本と同じくらい何でも揃っているし

そこのアパートにも掃除用具は充実している。

けれど彼は床を手で雑巾を使い拭く。拭く。拭く。

このアパートも1フロア8個くらい部屋があるから

狭いわけじゃない。。。

 

 

なんて健気なんだろう、と

当たり前のように掃除をこなすその少年の姿に

一瞬で心奪われてしまって

こうしてブログをしたためた次第です。

 

効率の良さを最優先して

様々な便利グッズが繁栄していく現代を生きる中で

なんだかこうしてオール手作業で掃除をしている姿って

なかなか見ることがない。

自分の家くらいのスペースなら雑巾がけする気力も体力も全然あるけど

今回については掃除範囲の規模が違う。

 

少年のオール手作業掃除から学んだことは

手作業で手間ヒマ時間をかけてキレイにいく作業って

たぶんその作業をしていく中で

自分なりの美学やこだわりがでてくると思う

いろんな気づき、発見。

それらは別に誰に公表することなく

ただただ彼の中でのモチベーションになる。

より「微細」なものへ意識が運べるようになると

そこでの小さな発見って、

「粗大」な事柄に多く目を向けている日常ではなかなか気づけない大切なことが見えてくるような気がする。

ぐっと自分自身の心のうるおい度・充実度があがるような大切なこと。

それはまさに微細な部分へ意識を運ぶことで感じられる。

 

 

気が散ってしまったり

イラっとしてしまったり

焦りがでてきたときには

「あ、今外に気が向いてしまっているな」って確認し

是非目を瞑って大きく深呼吸を1度でも2度でもしてみてほしい

体中にひろがる微細な感覚へ意識を運べたとき

少しホッと落ち着けて

何かに大切なことに気づけるから。

 

ゲストハウス暁屋オープン

 

親友サンタ君が山口県萩にゲストハウスオープンしました!

【古民家ゲストハウス 暁屋(あかつきや)】

写真をいくつかもらったんだけど

どれもこれもいい景色でみとれちゃう・・・

ゲストハウスも築年数がかなり長くて、内装外観ともにとても風情があり落ち着く・・・

GWは忙しくなりそやけど、ぜひご予約してみてください!!

「ゆきちゃんのお友達です」って言ったらいいことあるかも♡笑

わたしはお祝いで看板を描きました!!!

 

以下長文になりますがサンタさんとの思い出を・・・(笑)

 

わたしは25才のとき生まれて初めてヒッチハイクをしました。(伊勢〜熊本)
その途中で降り立ったのが姫路でした。
それから数年後姫路に住む流れになるのですが
その姫路で出逢った友人5人目くらいがサンタさんです。
当時のわたしは日々ヨガの仕事をしながらも、一方で同じくらい畑作業に力を入れていました。没頭してた。
車で40分くらいの少し遠いところに畑をお借りしていたのですが
仕事終わりに作業しにいったり、休みの日は早朝から行ったり、
時間があれば畑!畑!!畑!!!
太陽満天のもと、大自然の中育ってくれる野菜たちがどれも可愛くてたまらなかった。
またただひたすらに続けてる中で人生を学べる場でもあった。
生命力溢れるその場所で、土のにおいや作物が育つ過程を実感できるのは本当に有難いこと。


その土地を貸してくれたおじさんと2人の時もあれば、一人でやることも多かった畑作業。
時より姫路でできた友人たちが手伝ってくれたりして
本当に幸せで楽しい時間だった!
その畑には思い出がいっぱい。
そこに一番顔を出してくれてたのがサンタさん。
のりのりで行きの車でJPOPかけて熱唱しながら向かう車内は最高!
畑では果樹もしていたので、木登りして遊んだり、
土の上では瞑想しまくったり、畑作業以外にも思い出いっぱい。

一度の興味本位で畑に来てくれる人もいれば
サンタさんは姫路から実家の岐阜に引っ越した後でも畑をしていたみたいだから
きっと性に合っていたんだな〜と思う。
とにもかくにも自然が大好きな彼!

  

 

そんな彼がさらに自然多き山口県の萩という地域ではじめたゲストハウス暁屋!

のーんびり優しい面持ちのサンタさんの人間味が溢れ出てる素敵な宿なんやろな〜と思っています^^

わたしも帰国したら行く予定!!!


https://www.booking.com/hotel/jp/akatsukiya.ja.html

 

素敵な景色とともに上記にリンク貼っておきます!

ぜひぜひ寛ぎにいってらっしゃいませ^^

田んぼフェス

八方美米さん主催の田んぼフェスが姫路の井上茶寮でありました。

わたしは出店参加のSeanCurryのお手伝いで参戦。

行きの車内でかかるEBISBEATSとスチャダラパーのトラックにのせてなぜかオリジナルラップで盛り上がりながら会場へ向かうわたしたち。

フェスって色んな形があると思うけれど、主催者の理念が主軸になり、それをどんな表現で伝えていくかで独自の色味がでてくるように思う。(田んぼフェスははお座敷ラップ、DJ、出店、トーク、書道、ライブペイント等)

そして自然と同じ波動を持った人たちが、県や国を越えてそこに集結する。

田んぼフェスはとてもカッコよくて健全なフェスやった!

 

あと、トークでは種子法についてや商いについてお話されていました。

特に種子法について話題に出るとわたしはいつも涙ぐんでしまうのだけれど、

現状にただ悲しむだけではなく、

「じゃあどうしたらいい?」を考えて、

「わたしはこうしていこう」と実行する。

行動こそ全て。

すごく学びがあったよ。

 

どうもありがとう。

(ライブ書道とショーンカリーの南アジアプレートと桃ちゃんとラモスさんとわたし)

 

 

 

 

ENJOY DRAWING

おはよう。

モンゴルの音楽ホーミーが流れる中ブログを書いています。

今は兵庫県は姫路に来ています。(わたし1日一県移動してるようだ)

なんで来たかというと、私が「住居」という概念に血迷っていたときに居候させてもらっていた宿にいく為!

そこのオーナー洋さんはわたしの描く絵を気に入ってくれて、宿のいろんな場所に描かせてくれました。

数年経った今その絵たちを見直すと、そりゃあもう点でバラバラ、統一感なし、素人感まるだし。

だけど、そんな絵たちがわたしはとっても大好きなのです。

旅人との会話から絵が生まれることもあるよ。

 

気持ちよい(時にブリブリのゴリゴリ)音楽のグルーブに全身を委ねながら、

筆を木壁に滑らせていく心地よさ。

わたしはただの居候だったけれど、そんな中で宿に訪れるいろんな旅人に出会いました。

今でも繋がってる人もいる。

ああ幸せやったな〜

 

そんなこんなで今日はのんびり神社にいって、男山に登って、筋トレして、今ここ。

こんな幸せでいいんかな〜って思うくらい、草木と触れ合って、もりもりご飯食べて、よく寝すぎて、笑って生きてる。

どんな現状も愛おしくてたまらない。

大好きな人やものがいっぱいだよ。

 

日日是好日。

=================

兵庫県姫路「縁楽堂(えんがくどう)」

 

 

∞チネイザン∞

11/4は淡路島へ。

目的はチネイザンやヒーリングマッサージをしているKirana∞さんに施術を受けにいくため。

数日前にピーンとわたしのセンサーが動いて、満月の日に施術決定!


(サロン前にある素敵看板♩)

 

 

すごく、すんごーーーく良かった。

氣の整えられた、セラピストのなおみさんのいい波動が充満されてるお部屋。

そこでカウンセリングから始まり、至福の施術時間が始まりました。

指が、ぐぅーーーっと内蔵に触れているような、奥に入り込んでいる感じがとっても心地よかった。

たまに、いたーーーーい?!と感じる時も会ったけど、それが負担ではない。ネガティブでない。

痛み=気づき

であることに気づく。

「身体と心は繋がっている」

今回の施術を受けて、よく耳にするこの言葉がとってもしっくりきた。

当たり前の話だけど、内蔵が働いて私たちの身体が機能してる。

そしてその身体は、約60兆個の細胞でできていて、さらにその細胞は数千兆個の素粒子でできているから、かなり複雑な組み重なりで私たちの身体は成り立っている。

そんな繊細な部分へアプローチしていくお仕事なんて、絶対注意力抜群な人でないとできない!神から定められた人のみが行える領域だわ!!・・・って内心思う。

チネイザンって施術中は身体へアプローチしているはずなのに、面白い程に心が反応していることがわかる。

例えば、過去のトラウマを思い出したり、分けも分からず涙がツーーっと流れてきたり。

なおみさんの身体への優しいアプローチが、私たちの深層に潜んでいる想いや感情をやわらかく引き出してくれる。

それは時にしんどい時もあるけれど、結果自分自身を本当に「大切」にできるとっても大事な行為なんだ。

チネイザンは医学とかそういう言葉を飛び越えたところにある神聖なものだと思う。

贔屓しているわけじゃなく、本当にそう思ったのだ。

 

約1時間半の施術が終了し、20分ほど台の上でお休み。

その時間に、ずーっと晴れていたはずなのにザーーーーーーっと雨が降ってきた。(後、快晴になる)

とても不思議な雨だった。

多分、私の中に知らずに溜まってた不要なものたち、感情が、雨と一緒に浄化されていったのだと思う。

.
.
.
.

その後は幸せなご飯をいただき、伊弉神宮へ。

さらになおみさんが道の駅や巷で噂のありがとう農法をしているホピビレッジにも連れて行ってくれた。

万々歳の淡路島チネイザンの旅。

すんごーく充実していたなあ。

その日の晩、私は発熱。

兵庫を旅立つ前に、最終のデトックス期間がはじまったようだ。

.

チネイザン、また次回受けるのが楽しみです。

どんなわたしと出会えるかな。

なおみさん、愛いっぱいの施術を、どうもありがとうございました∞


(セラピストのなおみさんのお美しい笑顔でお別れ)

 

====================
▶心と体のトータルトリートメント
Kirana∞

http://ameblo.jp/kirana703/
Email:703yoga@gmail.com
Facebook Kita Naomi

 

 

 

 

 

 

 

ハレハレヨガ

 

最近のヨガクラスには

「前から来てみたいと思っていました!」

で来てくれる方が何人かいて、

なんだか新鮮でとっても嬉しい!

ゆきこさんもその一人。

先月から参加してくれて彼女が来ると朗らかなヨガクラスになる。

毎年開催しているヨガムドラというイベントに、今年家族で参加してきてくれたのがゆきこさんとの出会い。

 

すごく身体が柔軟で柔和な雰囲気。

彼女の性格がそのまま表れてるんだろうな〜とつくづく思う。

 

この瞬間、あの瞬間、に感じる身体の伸びや滞り、

常に変化していく身体、そこから広がる宇宙観。

それらは神秘的で、驚きと歓びでいっぱい。

身体と向き合う時間は、いつだって充実していて気づきに溢れている。

指導者という立場でも、学びは尽きないのです。

 

 

ゆきこさんもヨガの先生。
ブログ、見てみてね!
=================

姫路の小さなヨガ教室 I 心と体に優しい時間*hare hare yoga

 

ricomicoのとぎちゃん

 

今日のレッスンに編み物作家のとぎちゃんが来てくれた!

前回からだいぶ期間が空いての参加だったけれど、再会に心弾ませながらのヨガレッスン。

とぎちゃんの身体、前に触れた感覚とだいぶ変わっていた。

レッスン後は2人でピクニック気分で弁当持参のランチタイム。

そこで今日のヨガレッスンのこと、生業のこと、本当に好きなものについて等々、いろーんなお話をした。

とぎちゃんのブログに今日の記録が!▶▶ココロを整える時間

「好きな人から習うって大事。」

という言葉にキュン!

 


(とぎちゃんの作品を試着していてキュンキュン&ウットリしているわたし)

 

 

とぎちゃんと会っていない期間、いろんな葛藤や迷い(時にもちろん歓びも!)を抱いていたみたい。

うんうんうん。

同じフリーランスという立場として、互いに自分の「好き」を生業にしている。

好き故に、ものすんごーーーく熱中して、その世界に没頭する。

それ自体はとっても素敵なことだけど、すこーし思考がずれていくと、

あれれれれれ???わたし本当に「好き」でこの活動しているんだっけ?

なんて疑問を抱いてしまうような、ネガティブな思考に陥ってしまったりすることもある。(人もいる。)

特にものつくり作家さんは作業をするとき完全に一人きりの世界になるから・・・

そりゃあ気が遠のいたり、あれ?これでいいんだっけ?とデフレスパイラルに陥るときもあるよね。

だって、オーダー品だけを作るのにも相当な体力を使う。気持ちも込もるし。

さらに常に新しいものを創作しているわけだから、もちろん試行錯誤するし、作品のことを考えている中で、思考が今の取り組み方への疑問に移ったりと、頭の中は意外と騒がしくなったりする。

だから、そんな時はきっと自分軸に戻してあげる方法を知っていたらいいよね☆

今回わたしのヨガ教室が、少しでもとぎちゃんのデトックスサプリメントになれたことに最高の歓びを感じる!

こうやって、ヨガを通してなんだかhappy〜とか、きもちいーいとか、そんな気持ちでココロが充満してゆく。

そういう瞬間を味わい尽くすと、ホヤホヤの自分に還っていけるような気がする。そうなると本心や本音を再確認できる!と思うんです。

とゆうことで、とぎちゃ〜ん!

今日は素敵な時間をどうもありがとう。

 

 

とぎちゃんの素敵作品がいーっぱい載ってるホームページ!
ぜひみてみてね!
=================

ricomicoホームページ

じじかふぇ卒業式

今日は私が勝手に決めた卒業式。

 

大好きなカフェの店主サツキさんと、よくそこでお茶をする愛さんに「ありがとう」を伝えたかったから、ただそれだけの気持ちで今日のランチはじじかふぇに行こ〜っておととい決めた。

扉を開けたら、愛さんがお花を持って立っていた。

いつもよりもなんだかキレイな表情をしていて、煌めいているように見えた。

「なんでもない日だけど、自分の為にお花を買ったんだ」

って、花束を持ちながらニコニコしてた。とっても可愛い。

いつものランチを頼んで、いつもの席に座って、いつもの心地よい空気に触れる。

いつものことをしているのに、今日は私が「卒業式」と決めたからなのか、秋の空気になりはじめたからなのか、

そこにあるテーブルや、イス、壁の色とか、物が鮮明に見えた。

 

 

開会式では、二人への感謝の手紙(じじかふぇでの出会いから〜今に至るまで)を読み上げて、その後プレゼントの贈呈。

2人がとっても喜んでくれて、私も嬉しかった。

嬉しすぎて、プレゼントしたドリームキャッチャーをどんな想いを込めて作ったか事細かに説明しちゃった。

誰かのことを想って作ったり選ぶプレゼントって、すごくエネルギー値が高くていい波動が流れていると思う。

鮮度が命!と思っているから、早めに渡したのは大正解。

その瞬間の想いを届けるには、時間が経ったものよりも、より純度の高さが持続している状態を感じてもらうのが1番だと思ったから。(食べ物と似てるね)

 

 

私が兵庫を発つのはまだ先だけど、早めに贈った感謝の気持ち。

「ありがとう」「ごめんね」

という言葉を受けて、詫びる心の美しさや、感謝というステキなエネルギーを感じた1日やった。

 

出会ってくれて、ありがとう。