★喉を震わす私の至福

 

肌寒い時期になると
ヨガクラス終盤にするシャヴァアーサナ時に
ブランケットをかける

 

生徒さんが自分自身でかけるときもあれば
私自身がかけにいくときもある

 

 

より丁寧に
肌に優しく触れていくように

違和感のないように

シワが出来ていないか確認して

顎や顔に触れてる部分がないかとか

 

先生であるわたしは
慎重にそれらをする

 

 

私自身も先生にしてもらったことがあるけれど

 

その包見込まれてる感って
本当に心地がよくって
とってもやわらかくって
マットの上に全身が溶け込んでいくような感じ

 

そのあたたかさとともに
自分の身体が溶けていく感じ

 

 

こんな
「包み込まれてる感じ」
は誰にでも経験したことがあると思う

 

 

人に抱きしめられてる時や
お母さんにだっこしてもらってるとき

 

巻き戻りすぎれば
母さんのお腹にいるときなんて
まさにその感覚を感じまくってるよね

 

胎盤という毛布にやさしく包まれてたとき

 

 

だから誰でもこの感覚は

 

生きてると
どこかのタイミングで憶い出せるはず。

 

何かにまぎれちゃって忘れてるだけでね。

 

 

ただ上記にあげた例は
物質的なもので分かり易いと思うんだけど

 

今回はこれよ!!!

 

音でも包み込まれてるのって味わえるの。

私は彼女の歌声を聴くとね

声でヨガをしてる って感じる

 

 

言葉ひとつひとつが全て優しさが広がって
その余韻でさえ空気がキラキラとあったかい
じっくり自分をみつめてる声色

 

やわらかい
やわらかい
何かに包み込まれてる安心感

 

「愛してるよ」
って自分に言いたくなる(笑)

 

言ってる。

 

 

みなさんには
そんな瞬間最近ありますか?

 

★YOGAは心をのぞくこと

 

毎朝のプラクティス時間は
贅沢に1時間〜2時間とってる。

 

目が覚めて
歯を磨き
手櫛で寝癖を直して
今日どれくらい髪の毛伸びたかな
って伸びてるはずのない襟足チェック

 

そこから
自然に身体はマットの上に移動してて
ダウンドッグをはじめる

 

寝ている間に縮まっていた
脚裏全体に意識を向け

 

グーっとかかとをマットに降ろして
じんわりと押し込んでいく

 

同時に腰が落ちないように
上に、上に、引き上げる

 

うーーんと上半身も心地よい伸びを感じる

 

手のひらも
関節のシワを伸ばしきるように
マットをグゥーーーっと押し込む

 

 

 

呼吸を入れる
できるだけ深いものを
できるだけスムーズに

 

お腹や肺に
ゆったりと息が入り込んでいく感覚を味わう

 

それらを続けていくと
深い空気で満たされていくのは
お腹や肺だけでないことを知る

 

 

 

全身に行き渡る
呼吸と言う名のエネルギー

 

指の先まで流れていく

 

細胞ひとつひとつに

 

心地よい刺激を与えていく

 

 

全身を巡る
この力強いプラーナは
私が今生きていることを実感させてくれる。

 

 

 

 

至福で満たされている
こころとカラダ

 

それを感じてるということは
世界が幸せで満たされているということだと
気づきを与えてくれる

 

全ては
肉体に潜む
偉大な美しい世界

 

この探究は
世界全体の構築を見ているようで
死んでも飽きなく続いていく

 

 

 

生きるのは

 

 

 

 

たった今だよ

 

タイのパンガン島で最高に素晴らしいヨギーと出会い
彼のクラスを通して体感した身体感覚
心の動きなどをブログを三本建てにしました。
よかったらどうぞご覧下さい☆

▼パンガン島でのヨガ記録▼
★パンガン島で最高の出会い【Jonnyのヨガ①】
★お尻を開けば心も開く【Jonnyのヨガ②】
★行動から見える心や人格【Jonnyのヨガ③】

★行動から見える心や人格【Jonnyのヨガ③】

 

私は2日に一回のペースで
近所にあるAnanda Yoga Centerに通って
アライメントヨガクラスを受けている。

 

担当してるJonnyのクラスでは
毎回レッスンのテーマが決まっていて
びっしりとノートにその日にやることが丁寧に書かれてる。
(私はいつも一番前のセンターで受けるのでチラ見した。笑)

 

さらに
ノートが風でめくれないように
自前の石(重り)を用意していて

 

Jonnyがその石でノート抑える所作が
なんて丁寧なのだろうと
感心してしまうほど品がある。

 

 

世の中には様々な職種があるけれど
人前に立つ仕事になると
少なからず”見られる”のが前提になるから
その上で意識することが結構あるように感じる。

 

例えばヨガの先生だったら
ヨガクラスをする際の格好や
ティンシャやその他ヨガグッズの置く場所だったり
誘導の際に使う言葉や
マットの配置やサウンドや何から何まで
色々気を配る点がある。

 

けれど
そういった意識的に行うものとは反対に

その人自身を表すものって
無意識にする所作や行動の中から
出てくるように感じた。

 

 

あなたは普段どのような言葉を使っていますか?

あなたはどんな行動癖がありますか?

無意識についてる思考癖などありますか?

 

なんて
ヨガレッスンからでも
日常にリンクして考えられる事柄が沢山ある。

 

 

ちなみにわたしの場合は
話す時に前置きが長くなっちゃうとか(笑)
言ったことすぐ忘れるとか(涙)
方向音痴で道に迷うと先が考えられず帰宅できなくなって自滅の方向へ進み全てがどうでもよくなるとか(爆)

 

時に情けなくなるような
自分の持ち合わせてる性質がいろいろあるよ。

 

 

Jonnyのマメな男っぷりが滲み出る
ヨガノートから感じた
今日のクラスでした◎

 

 

 

タイのパンガン島で最高に素晴らしいヨギーと出会い
彼のクラスを通して体感した身体感覚
心の動きなどをブログを三本建てにしました。
どうぞご覧下さい☆

▼パンガン島でのヨガ記録▼
★YOGAは心をのぞくこと【Jonnyのヨガ序章】
★パンガン島で最高の出会い【Jonnyのヨガ①】
★お尻を開けば心も開く【Jonnyのヨガ②】

★お尻を開けば心も開く【Jonnyのヨガ②】

 

今日も受けに行った
Jonnyの朝のヨガクラス。

 

今日の内容はヒップオープナーで
いつも通りJonnyはめちゃ丁寧に
アーサナの解説をしてくれた。

 

よく
「胸を開くと心が晴れやかになる」
というけれど

 

ヒップを開いても十分に心がひらく!!!
↑これ自分の中でかなり良い発見

 

 

ヒップオープナーのアサナを行う前にした
股関節へのアプローチの数々も効果的で
アーサナの完成度を高めてくれた。

 

どのアサナもそうだけど
最終ポーズに繋がる前段階のカラダへの意識って
とても重要。

 

Jonnyのレッスンを受けて改めて実感できました。

 

 

実は毎回Jonnyが伝えてくれる言葉
私はほぼ分かっていない。

 

Possibility Benefit
くらいしか聞き取れなくて(大丈夫か私の英語力!!!)

 

だから初めは
誘導の言葉を「理解しよう」
と頭の中を忙しくさせていた

 

けれど途中でもう一人の私が
「考えなくていいよ。感じるだけ。」
と指令が出てきて

 

そこから私は
ほぼ聞き取れないJonnyからの言葉に
感じることを徹底してみた。

 

もちろんレッスン中は
少し周りをうかがいながらにはなったけれど
それでいいのだと思った。

 

感じることに重きをおいて受けた
朝のJonnyアライメントクラスは

ほのかにすがすがしく
私に良き心を与えてくれたように思う。

 

 

私たちって
感じること
どれくらい出来てるかな?

カラダの声を
どれくらい聞けているかな?

脳の動きを完全停止させることは
無理に等しいけれど

でも本当に”感じる”をできたら
“感じる”に目を向けられたら

本当の自分の気持ちに出会うことができたり
より純粋な状態の自分に還れて

少し手放す物も多くて
怖いが出てくる人もいるかもしれないけれど

 

それはそれは
ウキウキで
本当の自分にとって
最高のプレゼントで
最高の行為だと思ったよ

 

言葉を理解できたら
尚よいものだけど

わたしは当分ここで
「感じる」
をたっぷりとしながら
ヨガレッスンを受けたいと思います。

 

とにもかくにも
今日ヒップオープナーで解放された
股関節や子宮周りの快適さがたまらない☆

 

 

素晴らしい朝の時間を
どうもありがとう☆

タイのパンガン島で最高に素晴らしいヨギーと出会い
彼のクラスを通して体感した身体感覚
心の動きなどをブログを三本建てにしました。
どうぞご覧下さい☆

▼パンガン島でのヨガ記録▼
★YOGAは心をのぞくこと【Jonnyのヨガ序章】
★パンガン島で最高の出会い【Jonnyのヨガ①】
★行動から見える心や人格【Jonnyのヨガ③】

★パンガン島で最高の出会い【Jonnyのヨガ①】

 

パンガン島での生活でも
私にとってヨーガは必須でした。
当たり前のように側にあるもの

 

数日間は
毎朝ロッジでしていた一人でのヨガだったけれど

 

近くにヨガセンターがあることを知り
レッスンを受けにいくことに

 

 

右上に表されている
「Morning Aliment Vinyasa Flow Class」

 

施設内のデトックスコースを受けてる人から
「担当してる先生がとてもいいよ」と噂は聞いていたけれど

本当に非常にいいクラスだった♡

 

 

先生の名はJonny(ジョニー)

 

 

呼吸に合わせたフローの中で
アライメントを丁寧に説明してくれて

 

後半ではさらに深いピークポーズを
とても分かり易く解説してくれる

 

さらには
そのアサナをする心構えも伝えてくれて
それが全く嫌みなく身体に染み込んでゆく
スーーーッと心に入り込んでくJonnyの言葉

 

自分1人のプラクティスの中で得る
体感や気づきもあるけれど

 

レッスンに参加して
Jonnyから受けるアドバイスを実践していくことで

 

体中の世界観が大きく広がっていくのを感じた

 

 

Jonnyはそんな感覚を私に与えてくれた
パンガン島で出会えた素晴らしいヨガの先生

 

 

この動画で話しているのがJonnyです
スタジオの雰囲気もよく分かるね。

 

 

タイのパンガン島で最高に素晴らしいヨギーと出会い
彼のクラスを通して体感した身体感覚
心の動きなどをブログを三本建てにしました。
どうぞご覧下さい☆

▼パンガン島でのヨガ記録▼
★YOGAは心をのぞくこと【Jonnyのヨガ序章】
★お尻を開けば心も開く【Jonnyのヨガ②】
★行動から見える心や人格【Jonnyのヨガ③】

 

★ベトナムでヨガ(必然の出会い!)

 

ベトナム到着後土砂降りずぶぬれお疲れモードの初日でしたが

ナイトマーケットからの帰宅後

部屋に戻るとシャワールームからでてきたのが

ちょうど私の下のベッドに滞在していたHaiだった。

彼女は全米ヨガアライアンス取得に向けてトレーニング中で

そのホステルからスタジオに数週間行き来しているんだそう。

思わず

「わたしもヨガが大好きなの。あなたの学んでいるヨガはどんなのなの?」

と嬉しくって言葉が溢れた。

彼女は英語はほぼ分からなくって、わたしたちはgoogleトランスレートに頼りまくりで会話をしていたけれど

Haiは本当に親切で優しかった。

 

彼女のトレーニングの課題は毎朝4時に起きて瞑想。

そして先生のクラス受講のため6時に宿を出発して

ヨガスタジオへ向かう。

夜はベッドにこもってテキストで猛勉強。

とても勉強熱心。

 

 

私が日本でヨガの先生をしていると伝えると

現在自分が習っている先生を呼び出してくれて

わざわざ夜部屋に呼んでわたしに紹介してくれた。

 

そして話の流れでハッピーハプニング!

翌日わたしも彼女たちがトレーニングをしているスタジオに同行させてもらえることになった。

 

 

 

翌日

彼女たちはRYT200の資格取得のため熱心の勉強をする傍ら

わたしは窓際でプラクティス

窓から届くぬるい風が最高に気持ちよくって

わたしのとるアーサナを一押し深めてくれるような感覚を覚えながら

心地よくプラクティスを続けた。

 

 

こんな日々がベトナム滞在中の半分以上続いた。

そしてラッキー中のラッキーは続き

講師の先生のクラスをご好意で朝ヨガクラスを受講させてもらえたり。

はじめて行うAcro yoga&Meditationは

少しアクロバティックで

筋力も高めながら

先生はしっかりとアジャストをしてくれて

わたしの少し違和感を感じていた肩甲骨も

的確なアジャストでゴキッゴキッと治してくれた。

シャバアーサナ時でも眉間やおでこをマッサージしてくれて

すごーく心地が良い

 

 

わたし

最高に素敵な時間を過ごしてる。

 

 

先生の名前はWin

ベトナムでは結構有名な先生らしく

国際ヨガデーのベトナム代表で祭壇で話している動画等を見せてもらった。

Winは凛としていてすごく芯をもっている印象だった。

そしてとるアーサナも本人もとても綺麗!

 

とっても充実したベトナムでのヨガ生活。

Hai、Win、そしてトレーニング中のみんなに大感謝だ☆