カラダカンカク

 

空っぽはしあわせ

空っぽになると創造力がわきあがる

空っぽはここちよい

 

 

わたしがそれを感じるときは

ヨーガをしたあとと

身体を掌握したような気分になったとき

 

 

すかっとわたしを包む色が透明になっていく

景色や吸い込む空気でさえ

きらめいて新鮮なものになる

だからあきなく続けてしまう

 

自由におどることと、

ヨーガをすること。

中心を生きると

 

ヨーガはいつでもわたしを真ん中に戻してくれる。

今を生きることをサポートしてくれる。

ああ〜〜しあわせ!!!

どんな悩みが芽生えても、

ヨーガをする時間だけはそんなものがすっ飛んで薄れていく。

自分のどんよ〜りした世界に固着しすぎていたな

って気づかせてくれる。

 

偏っていた狭い世界の中から

パラダイムシフト

世界はわたしが創っているとゆうことに気づく。

 

気づきは風のように一瞬で過ぎ去ってしまうけど

気づきは偉大だ。

 

だからどんな日々でも

ちゃんと

「がんばったね」「よかったね」

って自分をほめてあげる。

 

だって自分の行いに悪意がなにひとつないんだもん。

わたしは

おっちょこちょいだし、テンポ早かったり遅かったり極端

けど、そんな自分に落ち込まない。

面白がってとことん楽しんでしまえ!

ってくらい余裕をもってわたしを遠くから見つめられるようになったら上等。

 

今いきる日々が心地よいです。

木々の微動もかわいいし、おひさまも温かくてしあわせ。

空だって本当に豊かなんだ。

この幸せは永遠で、それに気づけて

共有できる仲間たちと出会えた事を

永遠に祝福していきたいです。

 

 

 

 

オリジナルヨガレッスン

おはようございます!

10月いっぱいの関東生活。
カスタムメイドヨガレッスンに没頭しました。
一対一でするヨガレッスンのことです。
有難い事に自宅を少し片付ければ、
少人数でヨーガレッスンができる環境ができます。

私は、人数がいてそれぞれがヨガ没頭している姿も好きだけれど
(その空気を皆で味わう形だから、意識は各々のカラダに向いている状態だけど、自然と一体感でいい波動に包まれてる✨これ大好き・・・特に瞑想時間とか)
今回は、一対一で行うレッスンに有意義な心のゆとりを感じていました。

「カスタムメイドヨガレッスン」と呼んでいます。

意味はそのまんまなのですが、
私がしているのは、生徒さんの不調や気になるところ、その日の体調、気分などをお話して、
それに合わせて相応しいポーズを練習したり、
そのポーズに必要な筋肉を意識的に使う練習をしてみたり・・・
生徒さんが自分のカラダに真剣に向き合える環境を、
レッスンを通じてカスタムしていきます。
必要な場合は呼吸を一緒に整えて、
ポジティブに今に集中できる状態に導いていきます。
(とにもかくにも固まりきんきんの人にはまず緩めるワークをする)

一緒にやるってすごいです。

生徒さんからは
自分のカラダを近くでサポートしてくれている安心感、
丁寧に身体を動かし自分のカラダと向き合っている姿、
私はこれらを一番近くで感じてきました。

生徒さんの状態を一番近くで感じられるこの仕事は、
本当に財産だと思っています。
それにより、誘導している私自身も心から信頼をして
相手と一緒に貴重な時間を過ごせます。
本当にすべてが原動力です。

その時間に緊張は一切入りません。
あってもすぐに解けていきます。

 

 

今回していたカスタムメイドレッスン、
決して広くはない部屋の中で
様々な奇跡が生まれていたように思います。

プライベートレッスンという言葉はよく聞くし、
そこではそれぞれの信頼関係が成り立っている。
それが成果に結びついたり、
身体の変化を感じられると心もポジティブになっていくよね。
(実際にどんな風に行っているのかはっきりと知らないのだけれど)

人のカラダをじっくりと見て指示をする。
相手は自分に頼る。信じる。

頼る。信じる。
これらをされるって、ものすごい責任があると思いませんか?

責任感は私自身を育て、
ヨガを実践していたおかげで、中庸を保ちながら
レッスンメニューを考え、(これめっちゃワクワクする作業♡)
レッスン時間を過ごせました。

すごく前向きにすがすがしい想いで、
わたしは今回レッスンを受けてくれた彼女たちと向き合えたような気がします。

出来るなら、今後も定期的に彼女たちのカラダを見ていきたい。
し、彼女たちも同じ気持ちだと毎回お告げが・・・(嬉しくって鼻血がでそうだった)
意地悪なことに私の関東生活は今月まで。
まさか関東でこんな展開になるとは思わずで、恩恵を受けすぎてる〜😢
としみじみと感じたのでした。

でもまた戻ってくるから、
その時にもしまた私のレッスンを必要としてくれていたら
そのとき精一杯の状態で、
それぞれの身体とスピリットと向き合っていきたいと思います。

 

* * * * * * *

わたしたちは

オリジナルのカラダを授かったということに気づこう。

唯一無二のこのカラダ。

個性があって当たり前の。

わたしにしかないこのカラダ、この感覚。

他の誰とも比べる必要がなく、

自分の肉体はこの世でたったひとつでオリジナルなんだということに気づこう。

すると、今まで肉体にフォーカスしていた意識が

いずれカラダは無限だということに気づいて

様々な葛藤や心のコリも自然とほぐれていくから。

そうしたら、

誰がサポーターとか、ヨガインストラクターという枠組みも必要なくなるのかもしれないね。

でも、その最高快適ボディ状態に気づかせるお手伝いをするのが

わたしたちヨガを伝える者なのかもしれない。

生きた心地を伝えられたら

それはプロだな。

 

深入りはしないけれど

初めて継続ができてることなんだ。

わたしはいつまでも向き合って

内側の世界を自由に、外側でも自由に、

オリジナルの愛を伝えて

それに共鳴してくれる人たちと生きていきたいです。

再認識

 

チャクラワークは改めてわたしに叡智を与えてくれる。

気づかせてくれる。

私自身に忠実に生きさせてくれる。

出逢えてよかったなぁ。

 

先月チャクラフェスを終え、岡山を出発してからずーっと抱えていたチャクラワークの教科書をパラパラとめくっていた。

そして再会したこのコトバ。

 

どうしても、ヨーガを教えていたり、ボディワーク、ヒーリングをしていると「わたしがこの人を癒すのだ、癒したい」という気持ちが強く出てくる。しかしこれはエゴとも言える。私たちの出来る事は、ただ、やり方を教えて(手技を教行い)、ただガイダンスをして、その人たちに寄り添って、愛を持って見守る事しか出来ない。その人が必要な経験をご自身で起こして、自分で気づいて、癒されていくのだ。私たちが彼らを癒しているのではない、ということを覚えておいて欲しい。

 

うんうんうん。ごもっともでご納得。

ヨーガレッスンの際、生徒さんからさらに深い事実を求めているような面持ちで、精神面の質問を受ける時がある。(占い師に質問している様な感じ)

「今の私はどんな風に見えますか?」
「何か感じる事はありますか?」

そんな時相手をどんな風に感じたとしても、それは私自身が感じてるんだよ、と伝えてあげることがベストだね。

きっと相手は、自分自身が感じてる事をさらに明確に自分に納得させたいのだ。

ジャッジせず(相手じゃなくわたしが感じてることだけだから)

コントロールしない(必要な経験は必然とやってくるもの)

 

 

「愛情を持って見守る」

ほんまこれに尽きるな〜と思う。

レッスンでの在り方は、ある意味フラットでいることが重要なのかも。

きっと世界中にはいろんなインストラクターがいるから、

熱が入ったり指導の仕方は人それぞれで、それも個性でOK

わたしは、呼吸がさらに深まれるような安心感を持てるそんなガイダンスができていればいいなと思う。

それだけでいいな。

 

今日は初めてヨガをする方がレッスンを受けに来てくれた。

私がジプシー生活みたいだから、ヨガ初体験の方と接することが本当に多い。

次の予約も入れてくれた。うれしい。

生徒さんと笑顔を交わす瞬間はいつでも幸せ満天だ。

やっぱり、わたしは人が好きで、そのツールがチャクラワークやヨガであることがとびきり幸せに感じてる。

 

関東、地元でのご縁に大感謝の1日でした。

チャクラフェス🌈RAINBOW VILLAGE🌈

 

滋賀県のマイアミオートキャンプ場にて開催したチャクラフェス〜RAINBOW VILLAGE〜が無事終幕。

 

台風警報真っ直中の中、企画してくれたチャクラフェス実行委員会とスタッフのみなみなさま、本当にお疲れさまでした!

イベントを進行するのには難航な状況だったかもしれない。
けれど、悪天候とよぶのは何かが違う!
雨や嵐によって、来場者やスタッフ出演者、そこにいたみんなの距離がグッと縮まったような気がする。
だから今回はなるべくしてこういう状況となり
それぞれに課題、回想、新たな想い、達成感の味わいをより大きく抱かせてくれたのだと思う。

悪天候じゃなく良天候!

https://www.facebook.com/media/set/…
主催者のすぅちゃんが当日の様子をアルバムにしてくれました。
確実に味わった至福の感動体験は写真にもよく表れてる!
でも全ては体感でしかない。
わたしも今年もチャクラフェスに関わる事ができてとってもよかった!
わたしにも大きなはなまるをあげたい!
もうコトバはいらないね!
最高の楽園Rainbow Villageで体験した気づきや誕生は
みんなのこれからにさらに光を灯して、あたたかい気持ちとなり寄り添ってくれるのだろうな。

 

9/29.30愛と平和の波に居心地よく溺れさせてもらいました。
過ごした空間・人・音すべてにありがとう∞

発芽時期

 

今年に入って今まで以上に自分の本心と向き合い、

畑に自然のタイミングで種がまかれていきました。

その瞬間はどれも煌めいていて

大地にも太陽にも恵まれていたように思います。

抜群のタイミングです。

 

そこから必要なタイミングで発芽がはじまり、

花を満天に咲かす為の

さらに本心の核にせまる作業に移っているように感じています。

 

酷暑や極寒に耐える辛い状態もありましたし
そこから抜け出し
創作意欲が沸き上がるのを強く感じる場面もありました。

 

そんな日々過ごす中で
様々な感情に忠実に寄り添いながら
今も瞬間を生きている次第です。

そこに意識を集中してしまう為
報告?告知?のような後処理的なことができていなくて
発信したまんま

だから、これから数日間のブログでは
関わり、声をかけてくれた人たちと想像してきたものの
その報告を少しずつしていきたいと思います。

早すぎるかもしれないけれど

2018年なんじゃこりゃ〜っていう流れで
いろんなことがわきあこっていたよな〜〜
発芽がいろんな場所でおこなわれていて
そのエネルギーをわたしも存分に感じていたせいか
反応が強かったり弱かったりいろいろで(当たり前のことなんだけど)
間引きが必要な時期にしてあげられなくって窮屈を感じてたり

 

でも、それでも

ぜーんぶわたしなんです。

必要なことは必要なタイミングで

 

自分にとって必要なことが、
日々生活の中で目の前に現象として表れる。

たったひとつの些細なことでさえ、きっとそう。

その現象を創り出しているのは、
何者でもない自分自身。

 

岡山に越してから半年が経ち、
岡山での滞在時間以上にわたしは全国各地を放浪している。

ただ会いたいと思った人に会いに行って、
会いたい景色に会いに行く。

さらに素敵なことに、
行った先々ではわたしのできるヨーガを伝える場を作ってくれたり、
ゲストとしてすごく親切な待遇をしてくれたり、
本当に出会う人によくしてもらっている。

行く先で仕事ができるのは本当に有難いこと。

 

でも、岡山に住んでから、

どこかへいってしまう。旅立つ。

っていうスタンスが今までの人生を経て
自分の中で確立されてしまっていたが故に、
わたしは岡山での仕事を積極的につくっていかなかった。

ただ、ご縁というものもあるから
声をかけてくれたものに関しては、
誠意をもって仕事を引き受けさせてもらってた状態。

どこかで
継続、定期的
という言葉を避けていたみたい。

それはそのうちタンポポの綿毛のように
ふわ〜っとどこかに行ってしまうであろう
未来の自分を想像してたから。

 

それでも今年はじめ
「短期でもいいの。嬉しいよ。ぜひクラスをして欲しい!」
と言ってくれる人と出会い、

わたしは先月から、
ヨガスタジオのインストラクターを任されることになりました。

そこのオーナーさんやスタッフさんは、
ヨガスタジオオープンにあたって必要な準備物を伝えると、
その全てを用意してくれた!
(ヨガスタジオオープンとなったら色々と最低限でも必要な物が結構あるんです)

その他の告知や宣伝も隅々に至るまでしてくれた!

わたしの意見もしっかりときいて動いてくれてる。

なんてここちよよいのだろう。
この流れのいい感じ。

 

ヨガインストラクターとして岡山で活動を始めるのには
渋っていたり時間がかかっていたけれど

きっとこれが
わたしのスタートに相応しい最高のタイミング
だったのだと思う。

 

 

 

「待つこと」

 

投げかけたら、
願ったら、
ちゃんと現実に答えは顔を出してくれる。

ただ物質過多世界のこの世では、
問いや希望を投げかけても
それが現実になるまでに少し時間がかかるし
人によってその差はさまざま。

頭の中が情報や思考だらけになってしまうと
想いがシンプルに宇宙に届きづらいから
なるべくスッキリとした自分でいたいもの。

 

すぐに答えが出なくても、焦らないこと。

焦って、罪悪感とか不安感をだし
現実でない現実をつくり出さないこと。

 

「待つこと」

 

これが意外と大切なことだと思い出させてくれた。

それができたら
望んだものが後だしプレゼントでわたしたちの前に表れて
世界をhappyにクリエイトできるんだ!

お蕎麦とヨーガでわくわくする日終わり

 

たつの市YOGA FARMで開催した
ヨガとお蕎麦のイベントが終わりました。
初めましての方が何人か来られて、
数年ぶりの再会もできたし、とても良き時間でした。

蕎麦も人も空間も新鮮。
新鮮っていいよね。
感動できる。
身体がピチピチ蘇っていくような。
古き良きって言葉もあるけれど、
今回は新鮮打ち立てのお蕎麦を
おかわり自由で椀子そばのように
贅沢に堪能させてもらいました。

笑顔とご縁がひろがって

  

 

わたしは
ちゃっかり再来週開催されるイベントに
出演させてもらえることになりました。

 

一期一会。
身体の芯から感じたよ。

みなさん、
本当にどうもありがとう。

お礼

 

ヨーガはわたしをわたしに還らせるお手伝いをしてくれました

 

わたしと人を繋ぐお手伝いもしてくれました

 

だからわたしはヨーガに感謝をしています

 

 

 

そして今日も明日もこれからもヨーガをします

【姫路でヨガ】アウトドアYOGAウィーク始まります

こんにちは。

先月から始めたアウトドアYOGA ウィーク。

5月は本当に素敵なヨガの時間を参加者のみなさんと共有できました。

来てくれたみんな、本当にどうもありがとう。

知っている顔ぶれが集まるかな〜と思いきや、はじめましての人や、数年ぶりにお会いする方など、性別年齢国籍問わず参加してくれました。

笑顔溢れるあふれるウレシイ時間。

人生の中でこのような時間を過ごせることは私にとって本当に大事なたからもの。

来てくれた人たちとお天道様のおかげで、わたしは常にハッピーだったし、

やっぱりヨーガや自然や人が大好きやな、と感じました。

6月は梅雨の時期となりますが、引き続き今月もアウトドアYOGAウィークをします!

6/19(火)パークヨガ@姫路東御屋敷跡公園
20(水)パークヨガ@姫路東御屋敷跡公園
21(木)自然ありのまま農村ヨーガ@生パスタ工房&農家イタリアンPastaSorriso

パークヨガは雨天決行。農村ヨーガは雨天中止となります。
それぞれイベントページに詳細が載っていますのでご確認ください。

パークヨガ▼
https://www.facebook.com/events/385439045305094/
農村ヨーガ▼
https://www.facebook.com/events/198631880761253/

 

今月も身と心の整頓をして、笑顔でみなさんと会える日を楽しみにしています☆