★YOGAは心をのぞくこと

 

毎朝のプラクティス時間は
贅沢に1時間〜2時間とってる。

 

目が覚めて
歯を磨き
手櫛で寝癖を直して
今日どれくらい髪の毛伸びたかな
って伸びてるはずのない襟足チェック

 

そこから
自然に身体はマットの上に移動してて
ダウンドッグをはじめる

 

寝ている間に縮まっていた
脚裏全体に意識を向け

 

グーっとかかとをマットに降ろして
じんわりと押し込んでいく

 

同時に腰が落ちないように
上に、上に、引き上げる

 

うーーんと上半身も心地よい伸びを感じる

 

手のひらも
関節のシワを伸ばしきるように
マットをグゥーーーっと押し込む

 

 

 

呼吸を入れる
できるだけ深いものを
できるだけスムーズに

 

お腹や肺に
ゆったりと息が入り込んでいく感覚を味わう

 

それらを続けていくと
深い空気で満たされていくのは
お腹や肺だけでないことを知る

 

 

 

全身に行き渡る
呼吸と言う名のエネルギー

 

指の先まで流れていく

 

細胞ひとつひとつに

 

心地よい刺激を与えていく

 

 

全身を巡る
この力強いプラーナは
私が今生きていることを実感させてくれる。

 

 

 

 

至福で満たされている
こころとカラダ

 

それを感じてるということは
世界が幸せで満たされているということだと
気づきを与えてくれる

 

全ては
肉体に潜む
偉大な美しい世界

 

この探究は
世界全体の構築を見ているようで
死んでも飽きなく続いていく

 

 

 

生きるのは

 

 

 

 

たった今だよ

 

タイのパンガン島で最高に素晴らしいヨギーと出会い
彼のクラスを通して体感した身体感覚
心の動きなどをブログを三本建てにしました。
よかったらどうぞご覧下さい☆

▼パンガン島でのヨガ記録▼
★パンガン島で最高の出会い【Jonnyのヨガ①】
★お尻を開けば心も開く【Jonnyのヨガ②】
★行動から見える心や人格【Jonnyのヨガ③】

★お尻を開けば心も開く【Jonnyのヨガ②】

 

今日も受けに行った
Jonnyの朝のヨガクラス。

 

今日の内容はヒップオープナーで
いつも通りJonnyはめちゃ丁寧に
アーサナの解説をしてくれた。

 

よく
「胸を開くと心が晴れやかになる」
というけれど

 

ヒップを開いても十分に心がひらく!!!
↑これ自分の中でかなり良い発見

 

 

ヒップオープナーのアサナを行う前にした
股関節へのアプローチの数々も効果的で
アーサナの完成度を高めてくれた。

 

どのアサナもそうだけど
最終ポーズに繋がる前段階のカラダへの意識って
とても重要。

 

Jonnyのレッスンを受けて改めて実感できました。

 

 

実は毎回Jonnyが伝えてくれる言葉
私はほぼ分かっていない。

 

Possibility Benefit
くらいしか聞き取れなくて(大丈夫か私の英語力!!!)

 

だから初めは
誘導の言葉を「理解しよう」
と頭の中を忙しくさせていた

 

けれど途中でもう一人の私が
「考えなくていいよ。感じるだけ。」
と指令が出てきて

 

そこから私は
ほぼ聞き取れないJonnyからの言葉に
感じることを徹底してみた。

 

もちろんレッスン中は
少し周りをうかがいながらにはなったけれど
それでいいのだと思った。

 

感じることに重きをおいて受けた
朝のJonnyアライメントクラスは

ほのかにすがすがしく
私に良き心を与えてくれたように思う。

 

 

私たちって
感じること
どれくらい出来てるかな?

カラダの声を
どれくらい聞けているかな?

脳の動きを完全停止させることは
無理に等しいけれど

でも本当に”感じる”をできたら
“感じる”に目を向けられたら

本当の自分の気持ちに出会うことができたり
より純粋な状態の自分に還れて

少し手放す物も多くて
怖いが出てくる人もいるかもしれないけれど

 

それはそれは
ウキウキで
本当の自分にとって
最高のプレゼントで
最高の行為だと思ったよ

 

言葉を理解できたら
尚よいものだけど

わたしは当分ここで
「感じる」
をたっぷりとしながら
ヨガレッスンを受けたいと思います。

 

とにもかくにも
今日ヒップオープナーで解放された
股関節や子宮周りの快適さがたまらない☆

 

 

素晴らしい朝の時間を
どうもありがとう☆

タイのパンガン島で最高に素晴らしいヨギーと出会い
彼のクラスを通して体感した身体感覚
心の動きなどをブログを三本建てにしました。
どうぞご覧下さい☆

▼パンガン島でのヨガ記録▼
★YOGAは心をのぞくこと【Jonnyのヨガ序章】
★パンガン島で最高の出会い【Jonnyのヨガ①】
★行動から見える心や人格【Jonnyのヨガ③】

その名もダウンドッグ

 

ダウンドッグ、本名アドームカシュヴァアーサナ(下向き犬のポーズ)といいます。

全身のストレッチにもなるし、内蔵機能を整える、疲労の緩和にもなる、抜群の素敵アーサナ。

今日のレッスンでは、ダウンドッグで手、腕、足の強化をしていきました〜。

 

    

 

今夜はそんなダウンドッグ祭り。

3人一組で、プロップス(ヨガの補助器具)のベルトを使い、ポーズをどんどん自由に広げていく。

ヒーヒー言いながらも、それぞれのペースでその時の最大限で取り組んでくれる皆さん。

 

力みすぎず、必要だと思ったら自由に休憩をとるし、そんなバランスの取り方は、さすが大人だな〜と毎回感心させてもらいます。

毎週水曜のこの時間が楽しみ!

なぜなら、皆さんがとーっても身体へ忠実に働きかけている姿が見受けられるし、その集中力が、回数を重ねるごとにみるみるうちにポーズを安定に繋がっていく。

本人たちは気づいているのかな。。。?

兎にも角にも、生徒さんの成長とともに、すばらしい夜を過ごさせてもらっています。

ダウンドッグ、めーっちゃおすすめのポーズです。

 

 

今日レッスンで描いたおおまかすぎる私の絵でお別れ。

停まっているようで変化してる

ここ数年、ヨガのポーズを深める練習をしていない。

難易度の高いポーズをしなくなった。

アーサナを正しくとれるようにする為の練習は、心の鍛錬にも繋がる。

けど、

私は、同じポーズを毎日とる。

パスチモッターナアーサナ、ダウンドッグ、ブジャンガアーサナ

なんだかこれらで十分な気がしてる。

アクティブに動くのは好きだし、アーサナを深める作業は楽しくってやりがいがあるけれど、

私の場合、それができるようになると、自分の中だけの財産ではなく、パフォーマンス化してしまうことがある。

だから、なのか、

日々暮らしをしているように、ただルーティンとして取り組んで、

その中に小さな発見や、カラダ、心の変化があって

ただそれを味わう。

それで十分なんだよな〜。

ヨガってなんだろう。伝えるってなんだろう。

わたしがしていることに意味もなく、これからもずっとないんだと思う。

だけど続けていく。大好きなヨガ。

 

それでは、レッスン行ってきます^^

シャバアーサナについて

ヨガのポーズの中で、以上に重要なポーズ「シャバアーサナ」

世のヨガインストラクターたちは、それぞれの表現でわたしたちを最高級のリラックス状態へと導きます。

私も生徒さんへ誘導する際、言葉のひとつひとつに気を払って伝えます。

自分の発する言葉の振動でさえも、その空間を共有するみなさんに影響すると感じているからです。

まずは生理的に身体を安定感をもたらす為に、各部位の身体のマットへのあずけ方等伝えます。

色々な表現をきいてきたけれど、今まで一番分かり易く、体感しやすく「リラッス」となったのは

「眼球はマットへ重たく落ちていきます」

私は似た表現で「瞼、瞳の奥の力を緩めて」「眉間のシワを左右に伸ばして」とよく表現しますが、眼球は・・・・はいくつもの事項を伝えなくても、

自分がやっていてその一言で、頬がゆるみ、顎の関節もゆるまり、舌の力も抜けて、お顔の緊張がいっきにほどけるのです。

わたしのなかで一番しっくりとくる言葉の表現

 

自分自身がし不感覚や微細なものに敏感にかっていればなるほど、体感しやすいし、それを伝えやすいから

思いました。

さて、今日もシャバアーサナでおやすみします。

おやすみなさい