その名もダウンドッグ

 

ダウンドッグ、本名アドームカシュヴァアーサナ(下向き犬のポーズ)といいます。

全身のストレッチにもなるし、内蔵機能を整える、疲労の緩和にもなる、抜群の素敵アーサナ。

今日のレッスンでは、ダウンドッグで手、腕、足の強化をしていきました〜。

 

    

 

今夜はそんなダウンドッグ祭り。

3人一組で、プロップス(ヨガの補助器具)のベルトを使い、ポーズをどんどん自由に広げていく。

ヒーヒー言いながらも、それぞれのペースでその時の最大限で取り組んでくれる皆さん。

 

力みすぎず、必要だと思ったら自由に休憩をとるし、そんなバランスの取り方は、さすが大人だな〜と毎回感心させてもらいます。

毎週水曜のこの時間が楽しみ!

なぜなら、皆さんがとーっても身体へ忠実に働きかけている姿が見受けられるし、その集中力が、回数を重ねるごとにみるみるうちにポーズを安定に繋がっていく。

本人たちは気づいているのかな。。。?

兎にも角にも、生徒さんの成長とともに、すばらしい夜を過ごさせてもらっています。

ダウンドッグ、めーっちゃおすすめのポーズです。

 

 

今日レッスンで描いたおおまかすぎる私の絵でお別れ。

停まっているようで変化してる

ここ数年、ヨガのポーズを深める練習をしていない。

難易度の高いポーズをしなくなった。

アーサナを正しくとれるようにする為の練習は、心の鍛錬にも繋がる。

けど、

私は、同じポーズを毎日とる。

パスチモッターナアーサナ、ダウンドッグ、ブジャンガアーサナ

なんだかこれらで十分な気がしてる。

アクティブに動くのは好きだし、アーサナを深める作業は楽しくってやりがいがあるけれど、

私の場合、それができるようになると、自分の中だけの財産ではなく、パフォーマンス化してしまうことがある。

だから、なのか、

日々暮らしをしているように、ただルーティンとして取り組んで、

その中に小さな発見や、カラダ、心の変化があって

ただそれを味わう。

それで十分なんだよな〜。

ヨガってなんだろう。伝えるってなんだろう。

わたしがしていることに意味もなく、これからもずっとないんだと思う。

だけど続けていく。大好きなヨガ。

 

それでは、レッスン行ってきます^^

シャバアーサナについて

ヨガのポーズの中で、以上に重要なポーズ「シャバアーサナ」

世のヨガインストラクターたちは、それぞれの表現でわたしたちを最高級のリラックス状態へと導きます。

私も生徒さんへ誘導する際、言葉のひとつひとつに気を払って伝えます。

自分の発する言葉の振動でさえも、その空間を共有するみなさんに影響すると感じているからです。

まずは生理的に身体を安定感をもたらす為に、各部位の身体のマットへのあずけ方等伝えます。

色々な表現をきいてきたけれど、今まで一番分かり易く、体感しやすく「リラッス」となったのは

「眼球はマットへ重たく落ちていきます」

私は似た表現で「瞼、瞳の奥の力を緩めて」「眉間のシワを左右に伸ばして」とよく表現しますが、眼球は・・・・はいくつもの事項を伝えなくても、

自分がやっていてその一言で、頬がゆるみ、顎の関節もゆるまり、舌の力も抜けて、お顔の緊張がいっきにほどけるのです。

わたしのなかで一番しっくりとくる言葉の表現

 

自分自身がし不感覚や微細なものに敏感にかっていればなるほど、体感しやすいし、それを伝えやすいから

思いました。

さて、今日もシャバアーサナでおやすみします。

おやすみなさい