♩ フォーリン

土のなか ねむる音色 かぎつけた
しめった手のひらで抱き寄せる
スキマからもれていく水みたいなの
染み込んでなくなった

ほろほろ 落ち葉 ぼくの 言の葉
どれも同じくらい とおとい いのち

ああ どれだけを感じはじめてる
受け身なのか求めたいのか 微粒の振動 つつまれる
その手につかんだら やさしいおはなししよう

擬態になりがち 取ってつけてる
508歩あるいた先にあった 豊かなせかい 色いっぱい世界
君にはみせない 本当の胸のここらへん
し あ わ せ  そのホコロビだけ拾っとく

どうにもうまくいかないことばかり
イマドキ ありがと 感情左右されよう
おやすみ おやすみ
今からはじまってく

ほろほろ 落ち葉 ぼくの 言の葉
どれも同じくらい とおとい いのち

キスをしたら のめり込んで
ぐいっと一回転 まるごと飲み込む
吐き出せば生まれるし 生まれれば雨が降る
とことん奥の そのまた奥の おくまで

♩ エバー

ぬるく ながく とんでゆく
まるく いちずに 透き通る

どんなにこの手を広げても
あの雲に 青の空には 届かないよ

あわく はかない この地球で
ひとつ つづく 素直のみち

夜になったら会いに来て
こわくて こわくて つぶれそう

偽善者はキライ あなたはイイ子
ずるい きもち ずっと なめあう

ゆるく まぶしい ひかり
ささる せん 少し 熱い
みなよ 美しい 世界を

願いは 届きそう すぐそこまで
今日の あなたは ここで 明日をみつめてる
未来を こんな近くで 感じてる
その吐息 粒子のかけらに わたしの息がともる

さあ まえに進んでくよ
カタ コト ひとつ ふたつ

なんでもない世界を 彩る あなたとわたしの力
強くない たくましくない 頼りがいの無い
ただあたたかい ひかり
みちびかれ もう少し先へ
聴こえた ここに描かれた世界を
見つめてる 黄色の風の音を

あいして すこしだけ
もうすこし つよく
あいを うたうよ

どんなにこの手を広げても
あの雲に 青の空には 届かないよ

♩ N I N A

ねえ ニーナ

弾けるスカート 空の色 反射して写る
僕の目にみえるのは 少しだけ寂しそうなその笑顔
お気に入りのドットとシャツが 今日はくたくただったかな

ねえ ニーナ

そうだよ 出逢えた運命に 感謝しよう
たったひとつだけでいいから ずっと上をみていてほしい
可愛いたんぽぽを見つけたいけれど
同時に雨がふってしまいそうなんだ

ねえ ニーナ

あのブランコ 止まってしまったのは 訳があるのでしょう?
少しだけ 僅かな音で聴こえたよ

” まだ ここに居たいのに ”
・・・・・幻って なんだっけ

街の光が 僕をよんでいる
走っていく気も 前に進む気もないけれど
君のことだけ 小さな声でうたっているよ

ねえ ニーナ

愛がいっぱい

 

「キールタンのイベントをしよう!ゆきちゃんならできると思うよ♡」

 

福岡のヨギーニAkiちゃんがかけてくれたこの言葉から、愛の渦が流れ始めていました。

Akiちゃんは、わたしの歌声を聴いたことがあるわけでもなく、ヨガクラスを受けた訳でもない。

さらには実際に会うのは、片手で数える程度の私たち。

でも彼女の直感は大当たり!!!

“ゆるーりゆるゆるヨガとキールタン”

すんごく、すんごーーーーく濃すぎるくらい幸せ溢れる時間となりました。

言葉では言い表せないので写真でどうぞお受け取り下さいこの気持ち。

 

   
      

 

Akiちゃんとキールタンは、わたしに幸せとこれから続いていくであろう永遠のご縁を運んでくれました。

またこんな幸せなイベントをしてみたいものです。

大好きが増えていく。

ありがとう。

いっぱい、ありがとう♡

生きていく術

 

手仕事のぬくもりと信念

いっぱいに感じた

貫こうとする気持ち

ウソなく実践し続ける姿がとっても魅力的

 

 

ここは岡山県和気町

素敵な出会いをしました。

Hello!

 

はじめましての景色が鮮やかでまぶしい

コントラストが強くみえる

長い散歩道も一歩一歩が鮮明でたのしい

 

「美しいは人の心でつくられてる」

そう言ってたのを、思い出した

 

 

 

Yinyangブログに☆

 

先月行われた全国規模のヨガフェスティバルYOGAMUDRA姫路(ヨガムドラ)のレポートを、インヤンブログに掲載していただきました!

▼記事はこちら▼
http://blog.yin-yang.jp/?day=20160726
本当に着心地がよくって、ストレスフリーなおが身体でもその周りの空気感でも感じることができました☆

yinyangさん、衣装ご提供いただき、どうもありがとうございました!

素材や環境を大切に発信するyinyangのサイトはこちらをみてね。

 

ユートピア・キャンペーン

 

人生の中で一番頭と足の位置が逆になった

届きそうと思っても届かないものとか、

決定したほうがいいかもしれない事実

懸命に縁取ろうと線を辿っても、残るのは残像のような空虚感

 

 

身体中のながーい旅が、一度おわりを迎えました。