お蕎麦とヨーガでわくわくする日終わり

 

たつの市YOGA FARMで開催した
ヨガとお蕎麦のイベントが終わりました。
初めましての方が何人か来られて、
数年ぶりの再会もできたし、とても良き時間でした。

蕎麦も人も空間も新鮮。
新鮮っていいよね。
感動できる。
身体がピチピチ蘇っていくような。
古き良きって言葉もあるけれど、
今回は新鮮打ち立てのお蕎麦を
おかわり自由で椀子そばのように
贅沢に堪能させてもらいました。

笑顔とご縁がひろがって

  

 

わたしは
ちゃっかり再来週開催されるイベントに
出演させてもらえることになりました。

 

一期一会。
身体の芯から感じたよ。

みなさん、
本当にどうもありがとう。

【姫路でヨガ】アウトドアYOGAウィーク始まります

こんにちは。

先月から始めたアウトドアYOGA ウィーク。

5月は本当に素敵なヨガの時間を参加者のみなさんと共有できました。

来てくれたみんな、本当にどうもありがとう。

知っている顔ぶれが集まるかな〜と思いきや、はじめましての人や、数年ぶりにお会いする方など、性別年齢国籍問わず参加してくれました。

笑顔溢れるあふれるウレシイ時間。

人生の中でこのような時間を過ごせることは私にとって本当に大事なたからもの。

来てくれた人たちとお天道様のおかげで、わたしは常にハッピーだったし、

やっぱりヨーガや自然や人が大好きやな、と感じました。

6月は梅雨の時期となりますが、引き続き今月もアウトドアYOGAウィークをします!

6/19(火)パークヨガ@姫路東御屋敷跡公園
20(水)パークヨガ@姫路東御屋敷跡公園
21(木)自然ありのまま農村ヨーガ@生パスタ工房&農家イタリアンPastaSorriso

パークヨガは雨天決行。農村ヨーガは雨天中止となります。
それぞれイベントページに詳細が載っていますのでご確認ください。

パークヨガ▼
https://www.facebook.com/events/385439045305094/
農村ヨーガ▼
https://www.facebook.com/events/198631880761253/

 

今月も身と心の整頓をして、笑顔でみなさんと会える日を楽しみにしています☆

 

Re:Birth Learning開催情報

こんばんわ!

今年は京丹後にてRe:Birth Learningが開催されます。

なになにそれ?!という方は、こちらにとっても素敵で分かり易いホームページがありますので、ぜひ見ていただきたいです。

Re:Birth Learningのホームページ

このブログを見ている方達にもRe:Birth Learningに来てもらいたくって、その為に上手く説明をしたいところなんですが、

魅力が溢れすぎてて、出演メンバーが素晴らしすぎて、内容も最高すぎて、なんだかまとめきれない・・・

ということで、全ての真相はこちらを!

私は、このページに出てくる言葉がほぼ全部自分のアンテナに引っかかり、もうワクワクすることしかできません。

ジャンルを飛び越えすぎてて、もはや説明ができない。

だから、ここにはホームページにある言葉を抜粋させていただきます。

 

Re:Birth Learningって?
始まりの地、京丹後

​わたしの始まりの始まりの始まりの一番最初の始まりにあいにいく。

稲作が最初に始められたとされるのが京丹後市です。日本海に面する美しい海と山、そして神社。

世界を構成する五元素、木火土金水の要素をワークショプに組み込み、頭を使うのではなく五感六感で感じとってください。

オーガニックラーニングのワークショップお馴染みの、美味しいお酒と地元の食材、ヨガ、そしてサイレントディスコで楽しむどこまでも自由な音楽空間。

​奇跡のメンバーが織りなす秘密の空間においでませ。

残り5席だそうです!
わ〜ほんまに​楽しみすぎて胸が弾むってこうゆうこと。
わたしは今回五大元素の「月」を担当します。
女性と深く関わりのある月。
天体の影響を受け、私たちはこの肉体をもって地球上で息をしている。
でも、何かごまかしてしまっていることないかな?
自分の本当の声、本当の姿、ありのままでいてOK、私は私。
っていうこと忘れちゃってないかな?
何かの理由をつけて本当にしたいこと見失っていない?
私が私を大切にできる=地球にグラウンディングする意識を持つそうすることで、自然を感じやすい体質になり(思い出していく感じ)、ありのままの姿に戻り、私を私に生まれ変わらせる。
自然にそうなっていく。
そんなワークをできたら、と思っています^^
一緒に幸せな呼吸をしましょうね☆

ゆきより

ヨガ×シンギングボウル

 

9/25の出張ヨガ教室が終了致しました。

参加者のみなさま、どうもありがとうございました。

予想していた3倍くらいの人たちが来てくださり、とてもいい時間をみなさんと共有できました。

約半分くらいの方がヨガを初めてされたとのこと!





数日前からどうやったら参加者さんが心の底からリラックスできるかな〜と考えたヨガシークエンス。

体を弛緩させ緊張をほどく、

体を伸張させ心地よさを味わう、

やっぱりこの2つはとっても大事。

そんなことを考えて毎日瞑想していたら

「ピピピピピピピポポポポピ」

と着信があり、いつもなら瞑想中はとらないけれどその日は気になって電話にでました。

そうしたらチャクラ調整を行っているみちえさんからヨガ教室に参加希望の連絡が。

なんだかんだ話していたら、シンギングボウルを演奏してくださることになりました。

超超強力助っ人参上。

うーん、もうなんて贅沢なクラスになってしまうんだろうとワクワクで、ウキウキで開催した今回のクラスでした。

畳からみなさんの体へ響き渡る、シンギングボウルの波動。

わたしの声の波動もその響きに調和して、ふわ〜と弛緩たっぷりの世界観。

きもちよかった〜、の一言です。





みちえさんとは、次回またコラボしましょう〜と約束を交わしてさようならした。

きっと11月ごろに実現すると思います☆

 

ありがとう。

勤労会館でリラーックスヨガ教室

 

9/25(月)に出張ヨガ教室を行いますよ〜!!

場所は姫路市勤労市民会館。

申込は私に直接でもOKだそうです。▶Contact からどうぞ^^

この日はおもいっきりリラーーーーーックスクラスをしていきます☆

癒しの空間で充満させますよ〜

お越し下さいませ。

最近のヨガクラス

 

あー最高!!!みんな最高!!!この時間最高!!

ヨガレッスン後は最近ほぼこう感じる。

ヨガクラス最中も、とっても楽しい。

ヨガを教えるという状況が楽しいのかな?と考えて見たら、それとは違うことに気づいた。

どうやら生徒さんとコミュニケートすることが楽しいみたい。

「ヨガを伝える」ということは唯一私ができるツールであって、もしかしたら、今くらいのモチベーションでできるものだったら、その他ボディワークでも、絵画教室とか、なんでもいいのかも。

本当に今わたしと関わっている生徒さんは、ピカイチに素敵な方々ばかりです。

笑顔がない日なんてないくらい、たのしくレッスンしています。

人の細やかな表情の変化などに敏感になってしまうわたしは、時にしまうこともありました。

が、ヨガをはじめてちょうど5年くらいだったけど、やっぱり好きやな〜。

やっぱり朝のプラクティス、瞑想が好きだけど

伝えること、その時間をクリエイトすること、もやっぱり楽しいのかも。

そう思えた最近でした。

 

ママヨガ教室が終了しました

本日を持ちまして、ママヨガ教室をおしまいに致しました。

いつもと変わらない穏やかな時間。
いつもと同じく子どもたちの可愛らしさにいちいちノックアウト。

毎回同じようで、常に子どもたちも、お母さんたちも変化している。そしてわたしも。

今日は最後のレッスンだけど、ずっと受けたいと言っていた生徒さんが受けにきてくれた。
史上最年少の2ヶ月の赤ちゃんを連れて。

レッスンの前半は、ずっとオギャーーと泣いていたけれど、鼻をすする音とか、荒い息は、とっても素敵なBGMだった。

後半は、だっこさせてもらいながら誘導をすると、目を閉じてスヤスヤぐっすり。
心地よいシャバアーサナの時間。

有限の中に、無限がある。
赤ちゃんは、たくさんの可能性を持って、もうそのままでOK、ありのままでいいんだよ。って教えてくれる。
一番エネルギーに満ちあふれていたこの子には、どんな未来が待っているんだろう。

わたしは赤ちゃんが大好きだ。
だから、ママヨガ教室の時間は本当に幸せがたっぷりでした。
今までご参加いただいたみなさんに、心から御礼申し上げます。

どうもありがとうございました!

4/29 meditation

5:45~6:00
背骨を丸めてみたり、頭の重さを感じてみたり、そんな動きをしていた。
なぜなら、「真っすぐでなければいい感覚が味わえない」という概念が自然と入り込んでいるように感じたからだ。すると、脳みそも身体も緊張感が走ってしまうような気がして、今日はゆるめて、「動いてもいい」と身体に伝え自然な状態で行った。
眼球も途中で動かし、バランスを整えようとする行為をいくつかしていた。
呼吸は違和感なくスムーズ。そしてここでも「深く細く」などの意識はなくして行った。あくまで自然に。
今日して思ったのは、「ありのまま」「しぜん」という状態を忘れがちになっていたこと。バランスを調整するのはとても良いことだと思うが、良いという状態に相応しくない時、そうしようとする過程に付随する思考に「これがベスト」と理想型をはめ込んでいるような気がしたから。
「そうならなくても、そのままでもいいんだよ」という自然体でいられたら、もしかしたらそれが今の私の「いい状態」なのかな、と。
そんなこんなで、身体感覚ではまだ7分くらいかなで目を開けたが、そうしようとしていた6:00に目を開けた。今の自分に合っている瞑想時間だと思う。
微細になりすぎて、今の状態を「受け入れる」ことをしていなかったように思う最近の瞑想だったが(「整えよう」に比重がのっていた)
また発見の繰り返しで、太陽の日差しも有り難く
こうして静けさとともにあれる心に感謝した。

4/28 meditation

7:13〜7:30
ちょっとだけ肌寒い。首巻きをして瞑想開始。
太陽に向いていた体勢を反対側へと変えた。背中に光をあてた。
自然と右側の前頭葉くらいからジワジワ〜っとエネルギーが降りてきたので、そのまま身体の方へと向かう感覚を確かめながらの瞑想だった。いつも右の頭からエネルギーが降りてくる。
右の額から、ゆっくりと水(エネルギー)がじんわり紙(身体)に滲んでいくような感覚で下の方へと降りていった。右瞼をつたい頬の上の方に達したところらへんで、左の目の上らへんからもエネルギーが降りてきた。本当にささやかな感覚なので「もっとエネルギーの圧を強くさせて左側を強く感じたい」という意識が少し働いてしまったようにも思う。それぞれ輪郭を辿り、顎までいったら首の方へ降りてくるかとおもったけれど、そこは通過せずに右肩へと映っていった。ここはゆっくりじんわりと肩、腕、肘、腕、手の方へと移動していった。やはり左腕は感じずらく自主的に移動させているような感じになった。
胸の方に移動させたかったが、久しぶりのエネルギーの移動だったからか、今日は自然とココまでになった。上半身前側よりも、背中の方が意識がおりやすいような感覚を味わった。(単純に面積が広いからなのか?!)
本日は瞑想中盤で瞼の中で映像を見ていた。これは身体感覚ではだいたい1/3時間。色は白い光と紫色。家から外側へと光を放つような映像で、その2色がずっと動いていた。少しサイケデリックな映像ではあったが、ずっと観察することができた。瞼の裏って面白い。いつか絵に描いてみようと思う。
今日は背骨や骨盤周りの違和感は一切なし。身体は「通常」だった。肩まわりが細胞がひしめき合っている詰まっている感はあるが、それがこりや違和感にあたることなく、自然な感じ。
目を開ける時は、呼吸に合わせて丁寧に、ゆつくり、同じ軌跡を通りながら開けようとしていた。よりそこに漂う空気と馴染んで、自分の呼吸と呼応するように。上まぶたの際の線が優しく上下にゆっくりと動く感覚は、新しい線が生まれるようで美しい瞬間を味わっていると感じた。

memo:お腹周りが緩まっている状態が必須。今日はタイツ(しかも断熱素材の化学繊維。涙)で行ったため、多分意識的ではないがどこか気になっていたと思う。身体が喜ぶような、安心できるような素材での呼吸がベスト。
ヴィパサナ瞑想思い出した。

4/27 meditation

9:38〜9:43
かなり遅く短い時間での瞑想になった。(どうしても時間の終わりがありこんなんになってしまった)一見不適切な状態のように思えるが時間よりも質、そして継続が大事だと思っているので全ての現象にOKを出した。学びはあった。
骨盤に少し力みがあることに気づいた。座骨がマットに均等に接している感覚を得たいが為に、「骨盤をおこす、背骨をする」という動作を当たり前のように行っていたが、気づくと骨盤周りが硬く緊張していることに気づいた。そのときふーっと息をそこに吹き込む様に呼吸をしたら、いっきに緩まった。この感覚は非常に気持よい。
今日はこの短時間で瞑想しながら人のことを考えてた。ですが、自然と思考は消えて集中できた。目を開ける時の感覚はやはり心地よいもので小さく優しい何かが見守っていてくれるようなふんわりとしたものだった。

memo:でもやはり最低10分の瞑想は行いたいものだ。