再認識

 

チャクラワークは改めてわたしに叡智を与えてくれる。

気づかせてくれる。

私自身に忠実に生きさせてくれる。

出逢えてよかったなぁ。

 

先月チャクラフェスを終え、岡山を出発してからずーっと抱えていたチャクラワークの教科書をパラパラとめくっていた。

そして再会したこのコトバ。

 

どうしても、ヨーガを教えていたり、ボディワーク、ヒーリングをしていると「わたしがこの人を癒すのだ、癒したい」という気持ちが強く出てくる。しかしこれはエゴとも言える。私たちの出来る事は、ただ、やり方を教えて(手技を教行い)、ただガイダンスをして、その人たちに寄り添って、愛を持って見守る事しか出来ない。その人が必要な経験をご自身で起こして、自分で気づいて、癒されていくのだ。私たちが彼らを癒しているのではない、ということを覚えておいて欲しい。

 

うんうんうん。ごもっともでご納得。

ヨーガレッスンの際、生徒さんからさらに深い事実を求めているような面持ちで、精神面の質問を受ける時がある。(占い師に質問している様な感じ)

「今の私はどんな風に見えますか?」
「何か感じる事はありますか?」

そんな時相手をどんな風に感じたとしても、それは私自身が感じてるんだよ、と伝えてあげることがベストだね。

きっと相手は、自分自身が感じてる事をさらに明確に自分に納得させたいのだ。

ジャッジせず(相手じゃなくわたしが感じてることだけだから)

コントロールしない(必要な経験は必然とやってくるもの)

 

 

「愛情を持って見守る」

ほんまこれに尽きるな〜と思う。

レッスンでの在り方は、ある意味フラットでいることが重要なのかも。

きっと世界中にはいろんなインストラクターがいるから、

熱が入ったり指導の仕方は人それぞれで、それも個性でOK

わたしは、呼吸がさらに深まれるような安心感を持てるそんなガイダンスができていればいいなと思う。

それだけでいいな。

 

今日は初めてヨガをする方がレッスンを受けに来てくれた。

私がジプシー生活みたいだから、ヨガ初体験の方と接することが本当に多い。

次の予約も入れてくれた。うれしい。

生徒さんと笑顔を交わす瞬間はいつでも幸せ満天だ。

やっぱり、わたしは人が好きで、そのツールがチャクラワークやヨガであることがとびきり幸せに感じてる。

 

関東、地元でのご縁に大感謝の1日でした。

RAINBOW VILLAGE ∞ チャクラフェス開催決定

 

10/14(土)15(日)の2日間、滋賀県琵琶湖マイアミ浜オートキャンプ場にて、RAINBOW VILLAGE ∞ チャクラフェスが開催されます!

詳細を見たら、すんごく贅沢な内容が詰まっていて、もう開催前からワクワクがとまらない!

まず、「チャクラワークってなぁに?」という人はこちらをどうぞ。

チャクラフェスの詳細は下記へ飛んでください☆

Rainbow Village ∞ チャクラフェス

今年の夏、沖縄にてチャクラワークTTCを受けてから、毎朝取り組んでいるチャクラワーク。

すごく満たされた毎日だったな〜。

今は自分の中だけで大切にあたためているけれど、これまで自分がチャクラワークを通して体験してきた感覚を、ちゃんとアウトプットできるようになりたい。

そう思っています。

愛と至福の楽園へ、ぜひご参加ください☆

追伸:わたしは有り難いことに司会の依頼をいただきました(笑)ので、暴走していきたと思います。

 

火は人を魅了する。

光っているようにも見えるし、とってもエネルギーが高いものに感じる。

色んな方向に激しく揺れたり、可愛いクネクネの動きになってみたり。

見ていて飽きない。

 

今は第3チャクラ(マニプーラチャクラ)ワークの期間。

全てを燃やしていく火の領域。そしてポジティブに行動すること。

そうすることで、自分軸に意識を向けて、純粋なエネルギーのまま進んでいく。

 

 

自分を尊重してあげよう。

ひとりじゃない朝

 

先日友人が遊びにきてくれた。

毎朝チベット体操と太陽礼拝、そしてチャクラワークをしている私は、友人が来ていても一緒にそれらに取り組むことにしている。

朝のプラクティスは、自分の為に行っているものだから、特に人にみせるものではないし、結構地味なものだったりする。

今回誰かと一緒に、この朝時間を共有するのははじめてだったけれど、それがとっても楽しかった。

わたしの誘導で二人で呼吸を合わせながら身体を動かしていく。

私の大好きなチベット体操第6(秘法)にも友人もトライ。

 

 

出来ないことも、挑戦しようと試行している時間って本当に充実感がある。

こうじゃない、ああじゃない、というやりとりも相手がいてこそできるもの。

すごくいい朝時間だった。

一人で黙々と取り組むプラクティスも気持ちがいいけど、誰かと一緒に取り組むのもたのしい。

笑顔が生まれるし、そこにあるエネルギーは満ち満ちている。

 

またいつか誰かとチャクラワークができたらいいな。

キーボー先生

 

チャクラワークTTCに行った時に、解剖学を担当してくれた渡部博樹ことキーボー先生。

キーボー先生は整体師もしていて(もっといえばDJやダンサーだったり肩書きモリモリ)その施術も受けることができた。

外れかけていた肩関節(まさかの事実)の調整と、肋骨の幅の拡張などをしてもらい、ものの15分でスッキリな身体になった。

今まで呼吸をする際に、ノドにつまりを感じていて、息を吸いきるのに違和感があるな〜とどこかで感じていた。

でもキーボー先生の施術で本当に息が通りやすくなって、オマケに肋骨の持ち上がりがスムーズで大きくなったような気がする。

呼吸好きなわたしが、もっと呼吸大好きになった。

きもちいい。身体がよろこんでる。

 

キーボー先生の授業は濃密だ。

身体のメカニズムはもちろん、私たちが外界から受けた刺激によってどうなるか、ヨガのアーサナをする際にどんな働きと影響があるかなど事細かに解説してくれる。肉体の魔法使いみたい。

わたしの伝わりづらい質問も上手く汲み取ってくれて即答してくれる。

プロフェッショナルを目の前に、本当に特別な時間を過ごせた。

先生は京都のトコ会館という健美サロンの院長をしている。

もし今度講座があればぜひ受講したい!と心に誓った。

 

キーボー先生どうもありがとうございました!

チャクラワークその後

 

チャクラワークTTCを終えてから、兵庫に戻って一週間くらい経った。

少しだけ自分のヨガのクラスに変化が起きています。

「全部吐き出して〜」

「フゥ〜〜〜(吐)」

という言葉が増えた。

次のアーサナにとりかかる前にシャバアーサナを入れて生徒さんが身体で感じる時間を入れてみたり。他にも少々。

これらは意図的なわけではなく、自然とこういう傾向になった気がする。

自分自身で「大切なんだ」と体験したからこそ、周りにいる生徒さんにもシェアしたいという気持ちが出てるんだきっと。

しっかりと最後まで息を吐き出すこと。

ちゃーんとリラックスしてそれを味わうこと。

本当に大切なことと思う。

さらに、私自身も、帰宅して何か取りかかる前にシャバアーサナ。

どーんとマットの上に寝転がり、外に向いていた意識を、自分に向けてあげる。

身体がふわ〜っと力が抜けてゆるまる瞬間をただただ感じてある。

大事だよ。って伝える作業。

これもまさにご自愛。

すごくささいなことと思うけど、ささいで微細で幸せ。

まだ自分の身に染み着いたばかりのことをアウトプットするのって、果たしていいことなのか、どうなの?!と思われがちかもしれないけれど

私は少しでも忘れないうちに心地よく感じたことの「今」の瞬間は純度が高くて、伝えることとしても鮮度がいいし伝わりやすいって思ったから、シェアしている。

それでいいと思う。(ことにしている)

今日もまたいい空間で過ごせました。

どうもありがとう。