お蕎麦とヨーガでわくわくする日終わり

 

たつの市YOGA FARMで開催した
ヨガとお蕎麦のイベントが終わりました。
初めましての方が何人か来られて、
数年ぶりの再会もできたし、とても良き時間でした。

蕎麦も人も空間も新鮮。
新鮮っていいよね。
感動できる。
身体がピチピチ蘇っていくような。
古き良きって言葉もあるけれど、
今回は新鮮打ち立てのお蕎麦を
おかわり自由で椀子そばのように
贅沢に堪能させてもらいました。

笑顔とご縁がひろがって

  

 

わたしは
ちゃっかり再来週開催されるイベントに
出演させてもらえることになりました。

 

一期一会。
身体の芯から感じたよ。

みなさん、
本当にどうもありがとう。

お礼

 

ヨーガはわたしをわたしに還らせるお手伝いをしてくれました

 

わたしと人を繋ぐお手伝いもしてくれました

 

だからわたしはヨーガに感謝をしています

 

 

 

そして今日も明日もこれからもヨーガをします

学びは永遠

 

サンスクリット語の授業。

毎回超集中力を使ってる。

けれど、前回習ったことを忘れてしまうこともあるし、宿題を忘れてしまうこともある。

一見劣等生なわたし。

でも不思議なのは、大人になってからのこの授業は、中学や高校生の時に宿題を出された時の「やらなきゃ」がない。

なぜなら自分でそれを学ぶことを選択しているから。

大人になるって、自由でたのしい。

この時ばかりは脳みそフル回転させているから、このブログのタイトルのように”脳みそとろけたりしぼんだり”を繰り返してる。

それだからこそ堪能する良い脱力感と幸福感



この授業は、一つもアーサナをとることはないけれど、

カラダがいっぱい喜んでいるよ。

だから、わたしはマントラサンスクリット語の授業が大好きだ。

 


(同じものを好きで繋がった世代も職業もバラバラすぎるわたしたち)

もうRadhika先生は2日後にインドへ旅立つ。

しばらくこの授業はないけれど、また先生が帰国したら、インドのお土産話と、それまでに練習したサンスクリット語を見てもらうのと、ヴェーダンタ哲学のお話をきくのと、アーユルヴェーダの問診結果をきくんだ。(いっぱい過ぎ。笑)

切っても切り離せない、わたしの大好きなヨーガ。

マントラとサンスクリット語

これからの自分の学びとRadhika先生の活躍が楽しみです。

 

おわり。

Re:Birth Learning開催情報

こんばんわ!

今年は京丹後にてRe:Birth Learningが開催されます。

なになにそれ?!という方は、こちらにとっても素敵で分かり易いホームページがありますので、ぜひ見ていただきたいです。

Re:Birth Learningのホームページ

このブログを見ている方達にもRe:Birth Learningに来てもらいたくって、その為に上手く説明をしたいところなんですが、

魅力が溢れすぎてて、出演メンバーが素晴らしすぎて、内容も最高すぎて、なんだかまとめきれない・・・

ということで、全ての真相はこちらを!

私は、このページに出てくる言葉がほぼ全部自分のアンテナに引っかかり、もうワクワクすることしかできません。

ジャンルを飛び越えすぎてて、もはや説明ができない。

だから、ここにはホームページにある言葉を抜粋させていただきます。

 

Re:Birth Learningって?
始まりの地、京丹後

​わたしの始まりの始まりの始まりの一番最初の始まりにあいにいく。

稲作が最初に始められたとされるのが京丹後市です。日本海に面する美しい海と山、そして神社。

世界を構成する五元素、木火土金水の要素をワークショプに組み込み、頭を使うのではなく五感六感で感じとってください。

オーガニックラーニングのワークショップお馴染みの、美味しいお酒と地元の食材、ヨガ、そしてサイレントディスコで楽しむどこまでも自由な音楽空間。

​奇跡のメンバーが織りなす秘密の空間においでませ。

残り5席だそうです!
わ〜ほんまに​楽しみすぎて胸が弾むってこうゆうこと。
わたしは今回五大元素の「月」を担当します。
女性と深く関わりのある月。
天体の影響を受け、私たちはこの肉体をもって地球上で息をしている。
でも、何かごまかしてしまっていることないかな?
自分の本当の声、本当の姿、ありのままでいてOK、私は私。
っていうこと忘れちゃってないかな?
何かの理由をつけて本当にしたいこと見失っていない?
私が私を大切にできる=地球にグラウンディングする意識を持つそうすることで、自然を感じやすい体質になり(思い出していく感じ)、ありのままの姿に戻り、私を私に生まれ変わらせる。
自然にそうなっていく。
そんなワークをできたら、と思っています^^
一緒に幸せな呼吸をしましょうね☆

ゆきより

一番好きなヨーガ

 

今夜もマントラ・サンスクリット語のクラスが終わった。

揖保川町に住んでるRadhika先生のおうちで月2回開催している。

わたしがこのクラスに参加した動機は、キールタンからだった。

キールタンはありのままに心の声でうたっていく。

それがとっても幸せ感を味わえるし、何よりも周りの波動と共鳴して、エネルギーが高まっていく感じが最強だ。

でも、キールタンを楽しんでいる中で、

「わたしが発した言葉たち、この発音で合っているのかな?」
「微妙に言い回しやイントネーションが違っていないのかな?」

キールタンは、すごく素敵な内容をうたっているし、最高に気持ちがいい。

でも発していくなら、発していくひとつひとつの言葉に敬意を込めたいし、ちゃんと意味も理解した上でチャンティングしたい。

という想いが芽生え、キールタンの元になっているサンスクリット語の勉強することになりました。

そこから運良くRadhika先生がマントラとサンスクリット語の授業をスタートするというバッチリな幸運に恵まれ、クラスに通い始めることに。

月に2回のクラス。

風情のある古民家、広いお座敷のお部屋、この時点でバッチリな環境。

緊張感0の状態で、自由に「学ぶ」ができるこのクラスは、わたしにとって最高に魅力的な学び場なのだ。

 


(少し難しい文法にも突入した)

 

正解を求められるわけではないし、できなくちゃいけない、がないってこんなにも気持ちがいいんだ。

ただただ丁寧に気持ちよくマントラを味わいたい人たちが集まった場所だから、自然といい波動で空間が埋め尽くされていく。

マントラやサンスクリット語の文法などはもちろん、それから派生してヨガ哲学のお話など、この場所で本当に色々なことを学びました。

哲学については、心の在り方や宇宙の原理についてなども教わりました。

ひとつの話題についてみんなとディスカッションすると、それぞれの感じ方や思考の違いにカルチャーショックを受けたことも。

参加しているみんなが、違った環境を生きてきて、職も違えば、年齢も違う

だから、日々の生活の中で感じていることや、価値観はバラバラで、意見にも差異がある。

だからこそ視野をひろくもつ事が出来るし、性質はみんな違うのだ、ということが実感できる。

みんながヴェーダ聖典という知恵のある教えを元に、 ちゃんと「ここ」に戻って来れるの。

本当にすばらしい平安の時間。





サンスクリット語は、日本語よりすごい精密なのではないかな。

天秤にかけるわけではないけど、 「こっちの方が美しいから。心地よく響くから」という感性の元に、言葉の節々の言い方を通常と変化させていることもある。

それがまた、本当に言葉が軽くゆるやかに発声しやすくなっているように感じる。

そうやって口をならしたり、発声していくと、自分の体を操っているような感覚にもなってくる。

まさに、知る⇒実践 を体感できる。




自分の体の性質を知る事は、宇宙を知ることになる(元素はみな同じだからね)

粗大なもののなかに見え隠れしている微細な粒子の集まり。

今を生きている私たちがまさにそう。

だから、隣りにいてくれる人や、今までの様々な出会いは、素粒子が共鳴して距離が縮まり出会っているんだよ〜

すごいよね、当たり前のことと思いがちだけれど、このすばらしさは感動ものだよ〜





マントラとサンスクリット語を深めていく旅、心地よい波動につつまれて、 本当にこのクラスに通えてよかった。

あと3回、大切に過ごそうと思います。

 

▼クラスの詳細はこちら▼
===============

YOGA FARM〜Peace od mind〜
たつの市揖保川町市場462

勤労会館でリラーックスヨガ教室

 

9/25(月)に出張ヨガ教室を行いますよ〜!!

場所は姫路市勤労市民会館。

申込は私に直接でもOKだそうです。▶Contact からどうぞ^^

この日はおもいっきりリラーーーーーックスクラスをしていきます☆

癒しの空間で充満させますよ〜

お越し下さいませ。

停まっているようで変化してる

ここ数年、ヨガのポーズを深める練習をしていない。

難易度の高いポーズをしなくなった。

アーサナを正しくとれるようにする為の練習は、心の鍛錬にも繋がる。

けど、

私は、同じポーズを毎日とる。

パスチモッターナアーサナ、ダウンドッグ、ブジャンガアーサナ

なんだかこれらで十分な気がしてる。

アクティブに動くのは好きだし、アーサナを深める作業は楽しくってやりがいがあるけれど、

私の場合、それができるようになると、自分の中だけの財産ではなく、パフォーマンス化してしまうことがある。

だから、なのか、

日々暮らしをしているように、ただルーティンとして取り組んで、

その中に小さな発見や、カラダ、心の変化があって

ただそれを味わう。

それで十分なんだよな〜。

ヨガってなんだろう。伝えるってなんだろう。

わたしがしていることに意味もなく、これからもずっとないんだと思う。

だけど続けていく。大好きなヨガ。

 

それでは、レッスン行ってきます^^

 

ヨガのレッスンは、わたしにとってとてもクリエイティブな行為。

そのときに集まった生徒さんのエネルギーとわたしのエネルギーが交互する空間。

さらにボディへの意識が高まり、集中する力とでより世界が広がる。

緊張と弛緩

どちらも大切だから、それはわたしが調整して創り上げる役目。

とにもかくにも、私自身のマインドが大きくその場に影響するから、

いつでも新鮮で、クリアな気持ちでその空間と生徒さんの身体と心と向き合う。

自然体でいられれば、自分が思い知るよりさらにすごい世界があることに気づく。

最近ヨガクラスを行うのがとっても楽しい。

細やかな部分を見渡し、調整していく過程と、あわせて呼吸を存分に満喫していく状態。

やっぱりヨガをするの、大好きだ。

知識、実践、経験、触れたもの、見たもの、すべてが私の肉体となって、言葉となって表れる。

 

 

たくさん身体をクリエイトしていこう。

 

最近のヨガクラス

 

あー最高!!!みんな最高!!!この時間最高!!

ヨガレッスン後は最近ほぼこう感じる。

ヨガクラス最中も、とっても楽しい。

ヨガを教えるという状況が楽しいのかな?と考えて見たら、それとは違うことに気づいた。

どうやら生徒さんとコミュニケートすることが楽しいみたい。

「ヨガを伝える」ということは唯一私ができるツールであって、もしかしたら、今くらいのモチベーションでできるものだったら、その他ボディワークでも、絵画教室とか、なんでもいいのかも。

本当に今わたしと関わっている生徒さんは、ピカイチに素敵な方々ばかりです。

笑顔がない日なんてないくらい、たのしくレッスンしています。

人の細やかな表情の変化などに敏感になってしまうわたしは、時にしまうこともありました。

が、ヨガをはじめてちょうど5年くらいだったけど、やっぱり好きやな〜。

やっぱり朝のプラクティス、瞑想が好きだけど

伝えること、その時間をクリエイトすること、もやっぱり楽しいのかも。

そう思えた最近でした。

 

ママヨガ教室が終了しました

本日を持ちまして、ママヨガ教室をおしまいに致しました。

いつもと変わらない穏やかな時間。
いつもと同じく子どもたちの可愛らしさにいちいちノックアウト。

毎回同じようで、常に子どもたちも、お母さんたちも変化している。そしてわたしも。

今日は最後のレッスンだけど、ずっと受けたいと言っていた生徒さんが受けにきてくれた。
史上最年少の2ヶ月の赤ちゃんを連れて。

レッスンの前半は、ずっとオギャーーと泣いていたけれど、鼻をすする音とか、荒い息は、とっても素敵なBGMだった。

後半は、だっこさせてもらいながら誘導をすると、目を閉じてスヤスヤぐっすり。
心地よいシャバアーサナの時間。

有限の中に、無限がある。
赤ちゃんは、たくさんの可能性を持って、もうそのままでOK、ありのままでいいんだよ。って教えてくれる。
一番エネルギーに満ちあふれていたこの子には、どんな未来が待っているんだろう。

わたしは赤ちゃんが大好きだ。
だから、ママヨガ教室の時間は本当に幸せがたっぷりでした。
今までご参加いただいたみなさんに、心から御礼申し上げます。

どうもありがとうございました!